カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. うつ病 >
  4. 種類 >
  5. 一般的なうつ病 >
  6. うつ病は心の風邪じゃない!?「脳の病気」 うつ病が怖い本当の理由※専門医コメント有

メンタル

うつ病は心の風邪じゃない!?「脳の病気」 うつ病が怖い本当の理由※専門医コメント有

多くのメディアでうつ病は「心の風邪」と多用されています。ですが、この「風邪」という言葉は、うつ病に対する誤解をもたらしかねません。

 

うつがなぜ心の風邪と言われるようになったのか、改めて、うつとはどんな病気なのかみていきましょう。また、精神科医の仮屋暢聡先生からは、神経疾患についての現状についてコメントを頂きました。

 

 

「心の風邪」といわれる理由

うつ病が「心の風邪」といわれるのは、誰もが発症する可能性があるためです。たしかに最大で4人に1人、少なくとも20人に1人程度は、生涯のうちうつ病にかかる可能性があります。

そのため、多くの人に関係のある病気という意味では確かに風邪と似ています。

 

「風邪」のようにすぐ治るわけではない

うつ病は精神疾患ではありますが、身体面にも症状が現れる病気です。

風邪の場合は熱が出ても3~4日で治りますが、うつ病の場合は、身体のだるさが何週、何ヶ月も続きます。重症のうつ病は、「異様にだるい状態」がずっと続く病気だとイメージしてください。

 

ですが、「うつ病は心の風邪」といわれることで、うつ病を風邪と同じように軽く考え、「放っておいてもしばらくしたら治るのでは」と誤解してしまう人もいます。

たしかに風邪の場合は何もしなくとも自然に治ることがありますが、うつ病はそうはいきません。

 

うつ病は単なる「落ち込み」とは異なる、「医学的な疾患」なのです。

 

「心の病気」から「脳の病気」へ

原因はまだ分かっていませんが、うつ病は「心の病気」ではなく「脳の病気」です。

現在では精神医学の流れが大きく変わり、多くの精神科医が「脳」に注目するようになったため、「精神疾患は脳の病気」という考え方が主流となっています。

 

脳へのダメージを防ぐには?

うつ病によって、脳がダメージを受けることにより、様々な症状が発症すると考えられています。そのため、脳がダメージを受ける期間をできるだけ短くすることで、ダメージを少なくできると言われています。

「脳のダメージを防ぐ」ためには、できるだけ低セロトニン状態にならないようにすることが重要とされています。

 

これまでは脳の神経伝達物質の不足からうつ病が起こっていると考えられていました。

しかし最近の研究によって、神経伝達物質の不足状態が続くと、脳の神経に影響を与えるためうつ病が起きている可能性があると指摘されるようになりました。

 

ただし、あくまで仮説の段階であり、うつ病発症のメカニズムのために今も研究が続けられています。

 

これからのうつ病

心の"風邪"と表現されたことで、「風邪の割になかなか治らない…」と、しなくてもいい不安や心配を生んでしまっていることは否定できません。

 

「心の病気」ではなく「脳の病気」であることがわかってきたことで、自分を責めがちだった患者さんも、職場や周囲に対する"後ろめたさ"から解放されて治療に前向きになれる方もいるのではないでしょうか。

 

脳科学の研究が進めば、現在よりも正確な診断が可能になるかもしれません。

 


<仮屋先生のコメント・見解>

神経疾患の原因については、まだほとんど解明されていないといってよいでしょう。神経細胞内には数百から数千にも及ぶ特殊化された脳内化学物質があると推察されています。

 

現在主に取りあげられている神経伝達物質はたったの6つ(セロトニン、ノルアドレナリン、ドーパミン、GABAアセチルコリン、グルタミン酸)だけとなっています。その他の脳内物質は知られていない物質が多く、脳の中はいまだ深い闇のような状態です。

 

従って、うつ病の原因となる神経伝達物質も多数あり、その複雑な作用によって病気がおこり、また治癒もしていくのでしょう。

 

新宿メンタルクリニック
-磁気刺激治療によるうつ病治療-

 

(Photo by:いらすとや)

著者: カラダノートさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

一般的なうつ病に関する記事

脳と関係の深いうつ~

うつは脳の病気であることがわかっていますが、脳の病気がきっかけでおこることもあ...

手を抜けないことが引き金になるうつ病

      うつ病にかかる人のほとんどは、責任感があり、几帳面で仕事も...


近親者の死から起こる心因性のうつ

    家族や友人、身近な方の死を経験すると、人は誰しも「深い哀しみ」に陥ります...

ひとりでにおこるうつ~内因性の憂鬱~

       うつ症状には3つあり、1つめが脳に原因があって起こるうつ、2つめ...

カラダノートひろば

一般的なうつ病の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る