カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. うつ病 >
  4. 種類 >
  5. 季節性うつ >
  6. 太陽を浴びるだけでも効果あり!「冬季うつ症状」を高照度光療法で改善!※専門医コメント有

メンタル

太陽を浴びるだけでも効果あり!「冬季うつ症状」を高照度光療法で改善!※専門医コメント有

 

冬になると、いつも眠いし、食事やおやつを食べ過ぎてしまう…という方は、冬に起きやすい「うつ」になっているかもしれません。冬はいつもこうだからと諦めていた方、これらの症状は改善できるんです!

ここでは最近注目されている高照度光療法についてご紹介します。高照度光療法について精神科医の仮屋暢聡先生からもコメントを頂きました。

 

セロトニン不足により起こる冬季うつ

通常、太陽の光を浴びると、目から脳に信号が伝わりセロトニンという脳内神経物質が分泌されます。セロトニンはメラトニンというホルモンの分泌を抑制します。

このメラトニンの抑制により、睡眠、覚醒などの生体リズムを整える体内時計を毎日リセットします。

 

また、セロトニンは食欲の抑制にも関与しています。セロトニンが足りなくなると視床下部にある満腹中枢が刺激されず、満腹感を得られなくなり過食が起こります。

冬になり日照時間が短くなるとセロトニンが分泌されにくくなり、その結果、様々な体の不調が現れる場合があります。

 

強い光を定期的に浴びることがポイント

冬季うつを治療するためには、セロトニンを増やし体内時計を元に戻すことが重要です!そこで注目されているのがこの高照度光療法です!高照度光療法とは、強い光によって体内時計を整え不調を改善していく治療法です。

 

朝起きてすぐに2,500ルクス以上の光を目から取り入れることで、セロトニンが増え体内時計をきちんとリセットすることができます。

ただし、2,500ルクスの光では2時間以上当たらないといけないため、通常の専用の機器を使用した治療では5,000~10,000ルクス程度の光を30分~1時間程度浴びます。

 

光は午後よりも午前中に光を浴びるほうが効果が出やすいとされています。

(太陽を直視しないように注意しましょう)

 

太陽光が良いと言われるワケ

家庭にある光で多いのが蛍光灯ですが、蛍光灯は400ルクス程度で、治療には到底足りません。

また、専用機器を使うとなると、3万~4万円前後費用がかかるということもあり、抵抗感をもつ方もいらっしゃるかもしれません。

 

外に出るのが苦にならないのであれば、是非太陽光に当たることをおススメします。太陽の光は晴れていれば32,000~100,000ルクス、曇りの日でも10,000ルクス、雨が降っていても5,000ルクスはあると言われています。

 

そのため、特別な機器を使わず、朝起きて、まずベランダに出て朝日を浴びるだけでも十分な効果があると言えます。

 

体内時計をリセットして眠気や食欲をコントロール!

光を浴びて体内時計がリセットされると1日の眠気が丁度よくなるようにコントロールされます。

 

・1日を快適に過ごせる!

光を浴びた後はセロトニンが分泌され、メラトニンの分泌を抑制し眠気を抑えてくれます。そして、その14~16時間後に暗くなると、メラトニンの分泌が促進され眠気がくるようになります。

 

朝、光を浴びることで眠気をコントロールし、1日を快適に過ごせるようになります。

 

・過食を防げる!

また、脳内でセロトニンがきちんと分泌されるようになると、満腹中枢が刺激され満腹感を得られるようになり、結果、過食を防ぐことができます。

 

朝起きたら光を浴び、夜は暗くして寝るということを習慣にするだけでも、体内時計は日々リセットされ毎日を快適に過ごせるようになります。

冬季うつの症状が思い当たる方は、明日から試してみませんか?

 


<仮屋先生のコメント・見解>

冬は四季のなかで日照時間が一番短くなる季節です。そのため体内時計が狂ってしまい、セロトニンやメラトニンといったホルモンの分泌が減少してしまいます。

冬季うつ病は体がだるかったり、やる気が起きないといった通常のうつ病と同じ症状に加え、先述されている「過眠と過食」が典型的な症状となります。

 

夕食後、少し時間が経つとお腹が減って、つい夜間に過食していませんか?

また、うつ病になると睡眠障害を合併することは少なくありません。

 

それを防ぐためにも、朝カーテンを開けて太陽の光を浴びることはとても大切です。

出来れば、窓を開けて外気を大きく吸い込み、深呼吸をしましょう。もちろん、朝ちゃんと起きるために目覚ましをセットすることも忘れずに。

 

新宿メンタルクリニック
-磁気刺激治療によるうつ病治療-

(Photo by:いらすとや)

著者: カラダノートさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

季節性うつに関する記事

冬季うつ病を食事で改善!まぐろと豆腐が大活躍するヒミツ

冬季うつ病は光が主な原因となって起きる、10-3月くらいまでに見られるうつ病で...

食べ過ぎ、寝過ぎはうつ病かもしれない!?冬季うつ病とうつ病の2つの違い

うつ病とは、憂鬱で元気がなくなる症状が出る病気で、日本人の5人に1人がかかる...


秋といえば食欲の秋!だけど、食べ過ぎて憂鬱になっているあなたは、うつの可能性が…!?

日照時間が減りがちな秋から冬にかけては、冬季うつ病になる方も出てきます。 冬季...

冬季うつ病~特徴と診断と原因対策~

  冬季うつ病はどのような特徴があり、どんな症状があれば診断されるのでしょ...

カラダノートひろば

季節性うつの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る