カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 自閉症 >
  4. 治療方法 >
  5. 自閉症の根本治療の可能性となりえる?!古くなった脳細胞を除去する『ラパマイシン』

メンタル

自閉症の根本治療の可能性となりえる?!古くなった脳細胞を除去する『ラパマイシン』

近年、米脳神経科学誌・ニューロンに自閉症に関する新たな治療法開発の可能性(『日本未承認薬・ラパマイシンが有効の可能性』)が掲載されました。自閉症患者の脳には古い神経細胞が過剰に蓄積した状態で『刈り込み』と呼ばれる廃棄システムの働きが弱くなっているため、自閉症症状が出現するという機構が以前より報告されており、ラパマイシンは、この刈り込みシステムを正常に作動させる可能性があるということです。以下では、その詳細について見て行きたいと思います。

 

『ラパマイシン』投与で、自閉症の原因となる『不要シナプス』除去作用が促進 

自閉症は、社会性の障害や他者とのコミュニケーション能力に障害・困難が生じたり、こだわりが強くなる精神障害の一種で、知的障害を伴う場合と、知的障害を伴わない高機能自閉症に分類されます。治療薬としては、向精神薬などの対処療法が中心で、根本的な治療薬が存在していない状況です。しかし、今回米コロンビア大学の研究で、自閉症症状を根本的に改善できる可能性がマウスによる実験で示唆されています。

 

<実験の詳細について>

以下の実験では、マウスへの『ラパマイシン』投与によって、脳内の不要なシナプスの刈り込み能力(オートファジー)に改善が見られたという報告が行われました。

 

◆自閉症モデルマウスへのラパマイシン投与実験(米コロンビア大学:Loss of mTOR-Dependent Macroautophagy Causes Autistic-like Synaptic Pruning Deficits)

【実験内容】遺伝子組み換えにより自閉症症状が再現されたマウスにラパマイシンを投与し、シナプス刈り込み(オートファジー)能力への変化を検証する。

【結果】ラパマイシン投与マウスでは、オートファジーを阻害する蛋白質『mTOR』を抑制し、他のマウスとの接触を避けるなどの典型的な自閉症的行動の減少がみられた。

 

<オートファジーとは?>

オートファジーとは、『自食作用』とも呼ばれるように、古くなった細胞などの不要物質を小胞体由来の脂質二重膜構造物(オートファゴソーム)が包み込み、分解酵素を含んだリソソームと融合することで、不要物質を分解する機構のことをいいます。この機構が加齢などにより弱まることで、発症する病気に『アルツハイマー病(アミロイドβ蛋白の沈着)』『パーキンソン病(変性ミトコンドリアの蓄積)』『がん(異常な核の出現)』などが挙げられます。また、絶食状態では、オートファジーは活性化されることが知られていますが、これは本来オートファジーが新たな栄養素の供給(飢餓への対応)システムによるものであるためと言われています。

 

<自閉症とオートファジーの関係とは?>

同研究において、26名自閉症患者(2~20歳)の検体から採取された大脳皮質を、自閉症でない22名の患者検体と比較したところ、以下の内容が報告されました。

◆19歳自閉症患者では、脳内シナプスがはるかに多く残存していた(約16%しか刈り込みが行われていなかった)。

⇒自閉症でない患者では、約41%の刈り込みが行われていた。

 

◆さらに自閉症患者の脳細胞にはオートファジー機構が極度に欠乏しており、神経細胞も古く傷ついた部分が多く見られた。

 

『ラパマイシン』の自閉症治療薬としての今後について

現在、東京大学大学院医学系研究科の水口雅教授(発達医科学専攻分野)らの研究によれば、国内でも約1年後にラパマイシンによる自閉症患者へのオートファジー促進効果が見られるか、またその安全性の検証についての臨床試験が開始予定であるという報告が行われています。

 

<ラパマイシンの問題点とは?>

ラパマイシンの問題とされている点は、その副作用にあります。米国では、臓器移植の免疫抑制剤として使用されていることもあり、免疫抑制による易感染の可能性が懸念されています。

 

◇主な副作用

【免疫低下・口内炎・高コレステロール血症・肺浸潤・血小板減少・下痢・高血圧など】

 

最後に 

ラパマイシンは上記のように、自閉症症状を根本治癒できる可能性のある画期的な治療薬となる可能性があると言われていますが、免疫低下の副作用があるため、現在では同様の効果を持つ他の薬剤も模索されている状況であるようです。また、個人輸入によってもラパマイシンは入手することはできますが、日本では未承認薬であるため、その安全性も含め使用前に必ず主治医に相談することが重要となります。

 

(photoby:pixabay

著者: あせちるこりんさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

治療方法に関する記事

発達障害の付随疾患、難治性精神疾患の新たな候補薬とは?(グルタミン酸を抑える薬)

近年、発達障害や難治性精神疾患の患者の遺伝子解析を行ったところ、「グルタミン...

自閉症の治療教育法「TEACCH」の4つのポイント

    子どもの自閉症治療の中で最も取り入れられているのがTEACCHという...


アスペルガー症候群の有効な治療とは

   アスペルガー症候群(高機能自閉症)は、周りの子供達との付き合いが難しく、...

子供のADHD治療薬『メチルフェニデート』は有効?安全性に問題は?

注意欠如多動症(ADHD)の特徴である、不注意・多動性・衝動性は、一見したとこ...

カラダノートひろば

治療方法の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る