カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. 人間ドック >
  5. 腸内の善玉・悪玉菌の比率が見える!腸内フローラ検査とは

健康診断・健康管理

腸内の善玉・悪玉菌の比率が見える!腸内フローラ検査とは

腸内には体の免疫細胞の約7割が存在していると言われるように、免疫機能の強化と腸内環境は切り離せない関係であることが明らかになっています。

腸の状態をみることができる「腸内フローラ」検査を知っていますか??

 

正常な腸の腸内細菌

腸内細菌の正常な比率と言うのは、

善玉菌:悪玉菌:日和見菌=2:1:7

であるといわれますが、食生活やストレス、薬剤などの影響で悪玉菌優勢の環境となり、様々な病態(肥満・便秘・疲労・がん・アレルギー等)を示す例もあります。

 

最近では、自分の腸内細菌叢のバランスをDNA解析によりデータ化して知ることの出来る『腸内フローラ検査』という検査が登場しました。

以下では、その詳細について見て行きたいと思います。

 

フローラ検査の詳細について

人の腸内には、約100種類・100兆個にも及ぶ腸内細菌がいるとされており、正常な状態では『善玉菌:悪玉菌:日和見菌=2:1:7』の比率で存在しています。

 

従来のフローラ検査では、選択培地と嫌気培養により菌数を測定する方法で菌が検査されていました。

 

最新の検査では『T-RFLP法』という腸内細菌のDNAを特定の塩基配列部位を制限酵素で切断し解析する手法が用いられることで、より細かな分類が可能になったといわれています。

 

主に調べられる菌種は以下の5種類になります。

 

・【ビフィズス菌】

腸内環境を防御する善玉菌の代表選手で、免疫機能を増強し悪玉菌を殺し、腸内環境を整えます。

 

・【乳酸菌】

腸を整える善玉菌で、コレステロールを下げたり、高血圧を抑制するなどの働きがあるとされています。

 

・【バクテロイデス(バクテロイド)】

善玉菌・悪玉菌の優勢な方に加担するいわゆる日和見菌です。

 

・【プレボテラ】

日和見菌の一種で口腔内に存在している常在菌です。

 

・【クロストリジウム】

悪玉菌でボツリヌス菌や破傷風菌、ウェルシュ菌といった、もともと病原性を持っていることが多い菌群です。通常は発病しませんが、増殖しすぎると病気になりやすいとされています。

 

・【その他】

5つ以外で、フローラチェックでは特定できない菌群は、その他として結果表示されます。 

 

<検査の手順・費用など>

◆検査の手順

1)採便キットを用い、採便し、問診票とともにクリニックに提出する。

2)2~3週間後に結果が郵送される。

 

◆費用

保険適用外の検査ですので、約3万円程度の検査費用が必要になります。

 

腸内環境が悪化する生活習慣の例として『野菜不足・発酵食品を摂らない・飲酒・喫煙・肉の過剰摂取・運動不足』などが挙げられます。

 

また、正しい生活習慣を行っていても遺伝・体質的に腸内環境が悪玉菌優勢となりやすい場合もあり、日常的な不調症状の原因となっている場合もあるようです。

 

費用は高額ではありますが、一度検査を受けて自分の状態を把握しておくことも必要かもしれません。 

(photoby:pixabay

著者: あせちるこりんさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

人間ドックに関する記事

CT検査によるヨード暴露!どのくらい体に影響があるの?

CT検査によるヨードの投与は、バセドウ病の状態を悪化させるため、該当者は検査を...

聞きたくても聞きにくい...人間ドックにかかる費用はどれくらい?

  自分の身体のため、さて人間ドックを受けよう!となったとき。 提示され...


アルファベットと数字の羅列…代表的な腫瘍マーカーについて知る!

  腫瘍マーカーは癌の早期発見には有用とされていない   腫瘍マーカー...

医療にまつわるおもしろ雑学「人間ドックはいつから始まった?」

  学校や職場などでの毎年の健康診断や、クリニックで受ける人間ドック。 いつご...

カラダノートひろば

人間ドックの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る