カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 更年期 >
  4. PMSで出勤できない人のための生理休暇、その実態とは?性欲との関係?10代でもPMS症状が出る訳とは

女性のカラダの悩み

PMSで出勤できない人のための生理休暇、その実態とは?性欲との関係?10代でもPMS症状が出る訳とは

生理休暇というものがあるのをご存知でしょうか?

 

労働基準法で定められている、きちんとした休暇で「生理によって著しく勤務が困難な場合は、就労させてはならない」とされています。

 

生理休暇の適用

休むことができる、というニュアンスではなく「就労させてはいけない」という規定になっています。

 

生理休暇は基本的に無給ですので、生理が辛いときに有給を使うということとも違います。ただし会社によっては、生理休暇を有給を消費して処理しているところもあります。

 

これは生理に限らず、PMS症状でも適用できます。・・・というより、会社側が生理中か生理前かということを調べることはできません。

 

休暇取得の現状

ただし、これを使うか使わないかというのは個人的な問題です。まだまだ浸透していない法律なので、会社側の人間も「生理休暇」の正しい知識がないことも多いでしょう。

 

毎月休暇をとられては困る、信用をなくすというような声も多いのが実際のところ。まだまだ一般的に受け入れられる日は遠いように思います。

 

また、これは多くの治療法を試しても一向に良くならない場合に認められる休暇だと思って欲しいところです。ただ単に生理だから、PMSでちょっと頭が痛いから、気分が落ち着かないから、という理由で休むのは常識はずれですよね。

 

しかし本当に症状の重い人は、仕事をするのもままならないことがあります。

このような休暇制度が一般的に浸透すれば、PMSや生理痛の重い女性の負担も減りますよね。

 

生理休暇をとる場合は、職場の環境や理解度、自分の症状を総合的に見て判断する必要があるのではないでしょうか。

 

 

恋人間の重要問題!PMSと性欲の関係

PMSの症状の出る時期は、女性の性欲が著しく低下します。恋人同士での問題になりますが、女性の性欲低下に伴って関係性が崩れることもあるので要注意。

 

PMS時の精神状態

まず、性欲がないわけですからセックスに対して消極的になります。男性は女性の体と心を尊重し、気分が乗らないときに強要することは絶対にしないで下さい。

 

PMSの時期はそれでなくても気分が優れず、情緒不安定になっています。そんなとき、パートナーの希望に応えられない罪悪感やプレッシャーを感じる女性は多いのです。

 

また、無理をして男性の求めに応じた場合、その嫌悪感からトラウマになってしまうケースもあります。体調や気分が良くないときは、セックス以外の方法でコミュニケーションやスキンシップを図ることが大事です。

 

異性への関心の変化も

性欲とはセックスに対することだけではありません。男性を異性として見ること、好きだという感情を実感することも「性欲」の一部です。

 

PMSの症状が出ているときは、あまり異性に興味を示さなくなることも。このときに男性側から理解を得られていないと感じるような出来事があると、感情も冷めてしまいやすいです。

 

このように、恋人間においては注意するべきことが増えます。男性の理解ももちろん大事ですが、そのためには女性も冷静に状況を話すなどの努力をしていきましょう。

 

 

アルコール依存症の第一歩…PMSで飲酒に逃げないで!

PMSの症状改善には、飲酒を控えることが大事です。

しかしなぜ、お酒を飲んではいけないのでしょうか?

 

飲酒は、少量であればリラックス効果があって、血行も良くなります。

少し飲む程度なら、飲まないよりも体に良いという見方もありますよね。

実際にお酒はPMSに対しても、絶対に悪影響というわけではありません。

 

ところがお酒には強い依存性があります。

晩酌癖のついている人は、特に飲みたいと思わなくても習慣だから飲んでいるという人も多いもの。

飲まないとなんとなく落ち着かない、リラックスした気分にならない、と感じる人もいるでしょう。

 

注意したいポイントは、PMS症状から逃げる為にお酒を飲むと、依存性が高まってしまうところです。

飲まなくてはいられない、飲んでいないと気分が落ち込んでしまう、これはアルコール依存症への第一歩。

PMSの症状を和らげたいだけなのに、アルコールなしではいられない心身になってしまっては本末転倒ですよね。

 

私も実際に、PMSの時期はお酒が欠かせなくなったこともありました。

PMSの期間中は気分が上がって良いのですが、症状が落ち着いてもお酒を飲む癖だけが残り、毎日毎日晩酌。

お酒代も馬鹿にはなりませんし、あまり良い方法ではなかったと反省するばかりです。

 

気分を持ち上げる方法は、他にもたくさんあります。

もちろん、お酒は悪いものではありませんが、それだけがリラックス方法ではないということを覚えておいて欲しいです。

 

 

近年増加中!10代でもPMS症状が出る訳とは

10代の女性は、PMS人口の全体から見るややPMS症状が出にくいと言えます。

しかし近年では10代のPMSも増加傾向にあるのだそうです。

 

その原因は、はっきりと解明されてはいませんが「初潮の低年齢化」が挙げられています。

1950年代の初潮の平均年齢は14~15歳。

 

最近の平均年齢では12.4歳と、かなり早まってきているのです。

月経開始年齢が早いために、性経験も早まりつつあり社会問題になっていますよね。

卵巣や子宮の成熟スピードが昔の人より早いため、20代以降で起こりやすいPMS症状も10代で出てくる可能性は十分あるというわけ。

 

また、最近ではPMSというものが世間一般的に浸透してきています。

若者向けの雑誌などでもPMSについて紹介されているのを何度か見たことがあります。

そのため、10代の女性も自分の症状を自覚しやすくなってPMSを訴えるようになった、ということも言えるでしょう。

 

10代のうちからPMS症状が出てくると、長年付き合うことなるためかなり辛いものがあります。

まだまだ体の知識も乏しいことも多いですし、適切な対処ができないことも少なくありません。

 

周囲の大人と自分の体のことについて話し合う機会が持てると、負担も和らいでいくのではないでしょうか。

(Photo by:http://pixabay.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

更年期に関する記事

更年期高血圧症の予防方法5つ!ホルモン療法ってどんなもの?早発閉経でも妊娠が可能に・・・!?

過去の妊娠期の『高血圧症』の有無が、更年期の『腎障害』に繋がるといわれていま...

運動療法・足ツボマッサージで更年期障害を効果的に緩和しよう!更年期障害に良い食事とは

更年期障害に見られる精神不安定の解消、 肥満防止や、食欲不振の改善には、 ...


更年期に化粧品の癒し効果!『メイクセラピー』とは?更年期の糖尿病はどうしたらいい?

 「メイクセラピー」という言葉をご存知ですか? 化粧品は見られたい自分になる...

気になるシミの原因は「更年期」以外にあった!?更年期に起こる自律神経失調症状の対処法

年齢を重ねていくにつれてシミが目立つようになるのは、誰にでも起こりうることで...

カラダノートひろば

更年期の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る