カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. うつ病 >
  4. 治療方法 >
  5. 病院 >
  6. >
  7. 第5世代の抗うつ薬?!従来薬と真逆の機序で高い治療効果『アゴメラチン』とは

メンタル

第5世代の抗うつ薬?!従来薬と真逆の機序で高い治療効果『アゴメラチン』とは

うつ病発症のメカニズムと言えば、一般的には『モノアミン仮説(脳内セロトニンが不足することでうつ病が生じる)』に基いて考えられますが、近年この常識を覆す新たな作用機序による抗うつ剤が登場しました。フランスの製薬会社セルヴィエ社が開発した『スタブロン』と『アゴメラチン』は、それぞれSSRE(選択的セロトニン再取込み促進剤)・NDDI(ノルアドレナリン・ドパミン脱抑制薬)と呼ばれる抗うつ剤で、その機序は従来のSSRIとは真逆で、セロトニンの再取り込みを促進し、シナプス間隙のセロトニンを低下させるというものや、抑制的なセロトニン受容体を阻害し、伝達を強めるという機序によるものです。しかし、その効果はSSRIよりも優れ、副作用が無いことが報告されており、今後の結果次第では第一選択薬にもなる可能性を秘めているとも言われています。以下では、アゴメラチンの詳細について見て行きたいと思います。

 

アゴメラチンとは?

アゴメラチン(商品名:バルトキサンなど)は、2009年にヨーロッパで認可され発売された、NDDI(ノルアドレナリン・ドーパミン脱抑制薬)という、新しいメカニズムによる抗うつ剤です。神経抑制性を持つ、一部のセロトニン受容体の機能を阻害することで、脳の神経系の機能を正常化するというコンセプトの薬で、SSRI薬のような副作用や離脱症状も生じず、効果も高いとされています。また2つ目の作用としてメラトニン受容体を刺激し、睡眠障害を改善する働きがあります。現在、米国では安全性・効果について審査中ですが、日本においては発売の予定はなく、導入する際には個人輸入で入手することになります。

 

<作用機序>

1)メラトニンの受容体であるM1とM2を刺激する作用。

2)セロトニンの受容体であるHT2Bと2Cに拮抗する作用(脳の前頭葉に分布する抑制系の神経を阻害することによって、間接的に前頭葉における脳内伝達を強める)。

 

⇒セロトニン濃度を高めず、脳内伝達を強めるので、副作用が少ない。

 

臨床試験について

以下の臨床試験結果が報告されています。

 

◆アゴラメチンの臨床試験データの解析・安全性の検証(British Medical Journal誌)

 

【効果について】偽薬と比較すると、蓄積は従来の抗うつ剤に匹敵、効果はSSRIを含む抗うつ剤同等のものと判断された。

 

【安全性について】SSRIに多い吐き気や不眠などの副作用は少なく、体重増加や離脱症状も少なかった。

 

◆アゴメラチンとSSRI・SNRIの比較試験(第23回欧州神経精神薬理学学会(ECNP)会議:4つの国際的マルチセンターによる)

 

【試験内容】大うつ病性障害の患者を対象に、6~8週間643人にアゴメラチンを投与し、657人にSSRI(ジェイゾロフト50-100mg・レクサプロ10-20mg)/SNRI(エフェクサー75-150mg)を投与し比較する。

 

【結果】HAM-D17(ハミルトンうつ病評価尺度)による評価では、アゴメラチン投与で1.37ポイントの有意な改善、50%以上のスコア低下改善を示した患者数もSSRI/SNRIより多かった。72%の患者に反応性が見られた。

 

⇒SSRI/SNRIでは65%の患者に反応性が見られた。

 

(※HAM-D17:ハミルトンうつ病評価尺度・・・各項目3~5段階のうつ病評価尺度)

 

最後に

アゴメラチンの使い方について、英研究者の見解は「まだ長期使用の成績がないことから安全性が確率されているとは言えず、また薬価の高さからも、第一選択薬ではなく、SSRIが効かない場合の代用としての使用が最も望ましい」とされています。今後日本でも早期に安全性が確立し、導入されることが望まれています。

 

(参考ウェブページ:六号通り診療所所長のブログ、品川心療内科-Sonalion)

 

(photoby:pixabay

著者: あせちるこりんさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

薬に関する記事

薬を飲んでいるのにイライラしたり焦ったりしてしまう…抗うつ薬で攻撃的になるってホント?

うつ病の薬物治療中にちょっとイライラしたり焦ったりすることはありませんか? ...

SNRI薬『サインバルタ』は三環系アナフラニールに匹敵する効果を持つ?~抗うつ薬について

第四世代の抗うつ剤(SNRI薬)のひとつにサインバルタという薬があります。SN...


自分が飲む薬について知っていますか?薬物治療 SNRIについて

  SNRI(セロトニン、ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)はSSRIの次の世...

SSRI「レクサプロ」と三環系抗うつ剤「アンプリット」、QT延長による心血管への影響は?

心電図において、心室の電気的興奮を表している波形が、通常よりも長く延長してし...

カラダノートひろば

薬の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る