カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. うつ病 >
  4. 予防 >
  5. ストレスを消す涙の力

メンタル

ストレスを消す涙の力

 

 

ストレスを受け流す力は、脳の中の前頭前野にあるセロトニン神経を鍛えることで強くすることができます。

 

しかしそれは精神的ストレスに限った話しであり、身体的ストレスには影響がありません


精神的ストレスと身体的ストレスは脳の視床下部から別のルートを通るので、

身体的ストレスにはまた別の対策が必要となるのです。

身体的ストレスを放置するとそれは精神的ストレスと相乗効果を現し、せっかくセロトニン神経を鍛えた効果が台無しになる事にもつながりかねません。


もっと効果的に身体ストレスを解消できる身体機能は、涙を流す機能のことです。

ストレスを感じて誰もが流す涙ですが、

それは水分と同時にストレス物質を体外に流してくれる、非常に効果的なストレス解消機能でもあるのです。

■ストレスに対抗する身体機能


●セロトニン神経
精神的ストレスを受け流す機能を司る脳の機能。身体的ストレスには関わりが無い。


●涙を流す
涙を流し、ストレス物質を体外に排出する機能。あらゆるストレスに有効。


涙を流すというのはあらゆるストレスの解消に有効な、人体のストレスに対する最終兵器とも言える機能です。


しかし、ほとんどの人間が成長と共に涙を流す機能を我慢するようになる傾向があります。


それはこの涙を流す機能が、ストレスを受け流す機能が未発達の子供の頃に必要とされている機能であり、成長と共に本来のストレス対策機能が発達すると共に使われなくなるのです。


だからといってこの涙の恩恵を捨てることは望ましくありません

 

例え大人になっても涙を流す機能を活用すれば、

心強いうつ病改善効果が期待できるでしょう。

 

 

(Photo by [//pro.foto.ne.jp/free/product_dl.php])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

予防に関する記事

セロトニン分泌を促す生活が大切!セロトニン症候群予防はうつ病予防から

  セロトニン症候群を予防するためには、抗うつ薬などの用量と飲み合わせに注...

過眠や過食の症状が出たら注意!冬期うつ病の症状と予防策について

一年の中で10月〜11月の寒くなり始める頃くらいに発症される方が多いため、「冬期...


これってセロトニン不足? 簡単セルフチェック!

  いきなりですが、次の項目のうちあてはまるものはありますか? 性格や体質の...

脳の社会性機能がうつ病予防に

■ストレスに立ち向かうセロトニン神経 脳の社会性を司る機能はセロトニン神経とい...

カラダノートひろば

予防の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る