カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 感染症 >
  4. 鳥インフルエンザ >
  5. パンデミックが起こったときどうすれば良い?強毒性の新型インフルエンザ『H5N1型』

気になる病気・症状

パンデミックが起こったときどうすれば良い?強毒性の新型インフルエンザ『H5N1型』

新型インフルエンザとは、これまでヒトが感染したことのないタイプのインフルエンザウイルスが、変異し、ヒトへの感染性を持つようになったもののことを言います。現在、感染拡大が懸念されているインフルエンザウイルスに『H5N1』『H7N9』型の2種類がありますが、現時点では、WHOの発表によると、拡大レベルはフェーズ3(ヒトからヒトへの感染性を持つまでに至っていない)と言われており、ヒト感染ウイルスのワクチンも作ることができないため、その影響が不安視されています。しかし、現在国により行われている対策としては『プレパンデミックワクチン』の2,000万人分の国家備蓄や、また個人で出来る対策には基礎疾患の治療を行、免疫維持など、基本的な予防法の重要性が説かれています。以下では、その詳細について見て行きたいと思います。

 

H5N1型ウイルスの特徴と、感染の現状について 

H5N1型インフルエンザウイルスは、正式には『H5N1亜型高病原性鳥インフルエンザ』と呼ばれ、トリ型の遺伝子をもつA型インフルエンザウイルスが原因で発症し、主なものとして『H5N1亜型』、『H7N7亜型』、『H7N9亜型』、『H9N2亜型』が挙げられます。鳥など動物間での感染が主であり、本来ヒトには感染しませんが、繰り返されるヒトとの接触によって、マイナーチェンジが生じ、ヒトへ感染する型に変異するという性質があります。鳥インフルエンザの中でも、特にH5N1は『強毒性』を持つことも知られており、過去に発生した季節・豚由来の新型インフルエンザと比較しても極めて死亡率が高いことが分かります。

 

◆過去発生の新型インフルエンザ

⇒弱毒性(呼吸器や腸管などの局所感染)

 

例)スペイン風邪(約8千万人死亡)、アジア風邪(約200万人死亡)、香港風邪(約100万人死亡)、2009年発生のブタ由来の新型インフルエンザ

 

◆H5N1型

⇒強毒性(呼吸不全や多臓器不全などの全身感染)

 

東南アジアを中心に鳥など動物間での感染が拡大している。鳥からヒトへの感染例は、2010年に東南アジア、2013年に中国での報告があるが、日本では未だ報告されていない。致死率は約60%と報告されている。

 

<被害予想は?>

 

日本国内の被害予想は、厚生労働省の試算で64万人、オーストラリア・ロウイー研究所の試算によると死亡者数は210万人と想定されています。

 

<感染拡大の現状は?>

 

現在、H5N1型は鳥からヒトへの感染は確認されていますが、ヒトからヒトへの連続的な感染伝播はみられない状況であると報告されています。WHOのフェーズでは、発生前のフェーズ3(鳥インフルエンザH5N1の状況)の段階です(新型インフルエンザウイルスの確認をフェーズ4、世界的大流行をフェーズ6とする)。しかし、フェーズ4に極めて近い状態であり、新型インフルエンザの発生が近づいていると指摘する専門家も多くいます。 

 

『プレパンデミックワクチン』は効果がある?

新型インフルエンザそのものがまだ出現していないため、ワクチンをつくることができませんが、パンデミック発生時には、人に感染した鳥インフルエンザウイルスをもとにしてつくった『プレパンデミックワクチン(鳥からヒト感染に対するワクチン:ヒトからヒト感染対象ではない)』投与が行われます。基礎的な免疫を与えることで、新型に対する反応性高め、重症化をを防ぐことが出来ると言われています。抗体が持つ『交差反応』という現象で、ある程度型が近いものに対しては、体内にできた抗体が働く場合があるとされています。

 

最後に

免疫力が低下した人では、ワクチン投与が感染予防に有効(約20%程度)になる場合もありますが、基本はやはり【1)手洗い・うがいを行う、2)基礎疾患の治療に努める、3)免疫を落とさないように心がける】などの方法であると言われています。生活習慣に気をつけ、通常のインフルエンザに対してもワクチン接種などにより予防することが必要です。

 

(photoby:pixabay

著者: あせちるこりんさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

鳥インフルエンザに関する記事

なかには死亡率が60%のものも?鳥インフルエンザの死亡率

  鳥インフルエンザというと怖い病気という印象を持つ方も多いはずです。その理由...

鳥インフルエンザ予防のための5つの鉄則とは!?

  現在流行している鳥インフルエンザはH5N1型、そして2013年に新しく流行...


良く聞く「鳥インフルエンザ」とは?

 数年前からニュースなどで良く聞く鳥インフルエンザ。今一つピンとこない方も多い...

中国産の鶏肉・卵は安全?鳥インフルエンザ『H7N9型』感染を防ぐために必要なことは?

近年、鳥由来の新型インフルエンザ『H5N1』『H7N9』型の発生と拡大(鳥から...

カラダノートひろば

鳥インフルエンザの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る