カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 病気・症状(女性特有) >
  4. 子宮 >
  5. 子宮頸がん >
  6. 性交渉などで感染!発病率が高い「子宮頸がん」について

女性のカラダの悩み

性交渉などで感染!発病率が高い「子宮頸がん」について

 

 

 

 「がん」だけど「性感染症」

 

女性特有の「がん」であり、乳がんに次いで発病率が高いのが【子宮頸がん】です。

 

特に若い世代の女性(20~30代)の方が多く、発病すると10人に1人が亡くなるという結果になっています。

 


 

 

【子宮頸がん】とは?

 

子宮の入り口部分「頸部」にできるがんなので、「子宮頸がん」といいます。

 

その原因となるのがヒトパピローマウイルスという、発がん性のウイルスです。

 

このウイルスは、皮膚と皮膚の接触によって、例えば性交渉などで感染します。

 

すべての女性の約8割の人が、一生のうち一度は感染していると言われるほどごくありふれたウイルスなので、誰もが「子宮頸がん」になる可能性があると言えるのです。

 

 

 【子宮頸がんの症状】

 

病気がある程度進行するまでは、ほとんど症状が出ません。

 

現れる症状は以下の通りです

 

◆ 不正出血

 

◆ 茶色のおりものが出る

 

◆ おりもののニオイが臭くなる

 

◆ 下腹部や腰が痛む

 

◆ 性交渉の時に痛みを伴う、または出血する

 

 

などです。

 

 

 【治療】

 

手術療法、放射線療法、化学療法と病気の進行に応じた治療をしていきます。

 

発見が遅れたり、治療を早く始められなかった場合は、残念ながら子宮を摘出することもあります。

 

 

 


 

若いと「がん」の進行も早いので早期発見がやはり、一番望ましいでしょう。

 

 

(Photo by //www.ashinari.com/2011/12/20-354987.php?category=215)

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

子宮頸がんに関する記事

女性のからだの悩み~子宮頸がんになるとどんな症状がでる?

  性行為感染症のひとつに数えられる病気、「子宮頸がん」について詳しく見ていき...

子宮頸がんや子宮外妊娠?セックス時の出血で心配される病気とは?

  セックスの時に出血し、止まらない、あるいは出血量が増えていく、といった...


女性が気になる子宮頸がん 予防にはワクチン?それとも検診?

  日本国内では毎年約15,000人の人が子宮頸がんと診断されています。 ...

妊娠・出産の可能性まで奪うことがある!子宮頸がん検診を受けよう!検診の流れについて

  子宮頸がんは、性交との関連が強いとされ、性交回数が多い人、妊娠・出産回...

カラダノートひろば

子宮頸がんの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る