カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. つわり(悪阻) >
  4. 頭痛・めまい >
  5. 妊娠初期のだるさ・頭痛は、胎盤ができる頃に治まる?!つわりとの関係は?

妊娠・出産

妊娠初期のだるさ・頭痛は、胎盤ができる頃に治まる?!つわりとの関係は?

妊娠初期の6週頃では、『つわり』が重症化(重症妊娠悪阻)する場合があり、それに伴う強烈な『だるさ』や『眠気』を訴える妊婦さんが多いと言います。

つわりの症状が重い場合は、朝起きられない・仕事が手につかない・気分の落ち込みなどが伴う場合もあります。

 

しかし一方で、つわりと胎盤形成には関連があり、胎盤形成によってお腹の赤ちゃんへのアレルギー反応が納まる時期には、ぴったりその症状が消えるという報告もあります。

 

以下では、妊娠中の不調の原因・対処法からつわりのメカニズムについて見て行きたいと思います。

また、つわりに伴う頭痛の解消法もご紹介します。 

 

妊娠中の不調原因はほとんどが『つわり』に起因している?

つわりは全妊婦さんの50~80%に起こる症状と言われており、その期間としては妊娠5週~16週によく見られ、胎児に重要な妊娠初期の器官形成期~母体側に胎盤が完成するまでの間に起こるようです。

 

また妊娠中に見られる『頭痛・悪心・嘔吐』などの不調原因の大半は、妊娠嘔吐(つわり)にあると指摘する医師もいます。

また、中には、軽視できないほどの重症例や他の疾患の疑いがある場合もありますので、症状が強い場合には専門医(産婦人科医や脳神経外科医)に相談する必要があります。

 

<つわりのメカニズムとは?>

つわりの原因は未解明な部分が多いとされていますが、一説には、母体側が胎児を異種蛋白質(自分でない蛋白質)と認識する一種のアレルギー反応が原因なのではないかと考えられています。

このアレルギー反応は、胎盤が完成した後はアレルギー反応が軽減されるため、つわり症状はなくなってきます。

 

<つわりが起こりやすい人とは?>

・甲状腺機能亢進症等の基礎疾患を持っている方

・初めて妊娠した方

・多胎妊娠の方

・不安感、恐怖感、ストレスを感じやすい方

・家族性の因子がある方(重症妊娠悪阻の家族歴がある:姉妹=17倍、母親=5倍)

 

また、頭痛と嘔吐の程度が強いものでは、全身状態の悪化につながり妊娠悪阻(おそ)と呼ばれ点滴加療や入院が必要になる場合もあると言われています。

 

これらの不調の対処法は? 

対処法としては、薬を飲む治療(消炎鎮痛剤)は、『動脈狭窄症』や『羊水減少』などの副作用が出現するため妊婦への投与は禁忌とされていますので、基本的には薬を使わず安静加療が薦められます。

 

その他、栄養不足によるつわり症状の悪化が報告されている例もあることから、ビタミン・タンパク質などの栄養素をしっかり摂り、休養を取ることが薦められています。

 

つわりの頭痛と対処法

つわりの頭痛を解消するには、まずつわりでどんな頭痛が起きるかを知ることが重要です。

つわりで起きる頭痛は、血行不良による頭痛、片頭痛、水分不足による頭痛です。

 

水分不足による頭痛の場合

つわりで頭痛の他にめまいがあり、お腹が痛い、あまり食べられないといった症状に悩まされている場合には、水分不足によって頭痛が起きている可能性が高いです。

 

吐き気がひどい方が多いと思うので一度に大量に飲むのはNGですが口から少しずつ経口補水液を入れていきましょう。

 

体重も減ってきており日常生活を送るのもやっとという場合は病院で治療を受けてください。

 

片頭痛の場合

妊娠前から片頭痛に悩まされていた場合は、つわりでさらにひどい片頭痛に悩まされることもあります。

 

まずは光と音を遮断してください。カーテンを閉めて音楽をかけない状態でヘッドフォンをします。テレビなども消してください。

また、片頭痛の場合は冷やした方がよくなりやすいので、タオルにくるんだ保冷剤を額に当てるのも適切です。

 

血行不良による頭痛の場合

つわりが起きる妊娠中は、血行不良も起きやすいです。

それにプラスして胎児に血液を送るため、妊婦さんに十分な血液が送れないという問題もあります。

 

手足が冷えている場合は、血行不良による頭痛の可能性が高いです。

まずは温かい服装に着替えて、足先や手先を温めてください。

 

つわりで頭痛が起きているときは水分不足、片頭痛、血行不良によるものがほとんどと考えられます。

水分不足なら水分と塩分を含んだ飲料を飲む、片頭痛なら光と音を遮断する、血行不良なら手先や足先を温めるのが解消方法です。

 

最後に

妊娠初期のだるさの原因にはその他にも諸説あり、【卵胞ホルモン・黄体ホルモン・甲状腺ホルモン高値(高ホルモン状態)による体内変化、またそれに伴う高温期の持続、ビタミンB6欠乏による代謝機能の低下、その他精神的要素】など様々な原因が複雑に絡み合うことで生じているという見解もあります。

 

いずれにしても、症状が重症である場合は、無理をせず、ゆっくり休養を取ることが重要です。

(photoby:pixabay

著者: あせちるこりんさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

頭痛・めまいに関する記事

妊娠してから「めまい」が酷い…めまいの対処法が知りたい!

 妊娠中はホルモンバランスの変化から、自律神経の働きが鈍くなるといわれています...

つわり(悪阻)の症状の一つ、頭痛…頭痛対策には○○が効く!

 妊娠中の頭痛は悪阻が元となって引き起こされていると思われがちですが、はたして...

頭痛・めまいの体験談

戌の日の安産祈願!体調と相談して無理せずお参りを!

妊娠5ヶ月に入った最初の戌の日に腹帯を巻いて安産祈願をする風習があります。水天宮で安産祈願私も5ヶ月...

熱っぽく、頭が痛い!風邪だと思って病院に行ったら妊娠してた

3〜4日ずっと熱っぽく、頭が痛く、気持ちが悪いと思い風邪だと思いこんで我慢していたのですが、日曜日の...

カラダノートひろば

頭痛・めまいの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る