カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 生理・月経 >
  4. 症状・トラブル >
  5. 症状 >
  6. 腹痛 >
  7. 生理中の不調(吐き気・腹痛)を改善する?!西洋ハーブ『チェストツリー』とは

女性のカラダの悩み

生理中の不調(吐き気・腹痛)を改善する?!西洋ハーブ『チェストツリー』とは

生理期間中には、生理痛と呼ばれる様々な症状(腹痛や頭痛、吐き気など)が現われますが、中にはこの症状が日常生活に支障をきたすほど強いという場合があり、その際には『月経困難症』という診断名がつきます。病院を受診すると、その治療薬としては『鎮痛剤やピル』が処方されますが、いずれも長期服用はあまり好ましくないとされていることから、代替薬が望まれていました。近年通販サイトなどで話題となっているサプリメントに『チェストツリー』というものがあります。以下では、その詳細について見て行きたいと思います。

 

チェストツリーとは?

チェストツリーとは、南ヨーロッパやアジア西部原産の香気を持つ落葉低木で、その果実をチェストベリーといいます。精油やフラボノイドなどの有効成分を含んでいることから、古くから月経困難症や月経前症候群・更年期障害に関わる症状の緩和に使われてきたという歴史があります。安全性に関しても食用に使用する量の範囲内であれば安全であることは確認されており、代替薬としては非常に有用とされています。

 

<有効成分について>

精油 (α-ピネン、β-ピネン、シネロール、リモネン) 、フラボノイド類、、配糖体、苦味質、アルカロイドを含む。

 

<作用機序>

脳下垂体から分泌される黄体形成ホルモンの生産を増やすことで、プロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌を促しホルモンバランスを正常化させます。

 

<摂取量と摂取期間の目安>

摂取量は、一般に30~40mg/dayの乾燥果実に相当する量

 

摂取期間:

・月経前症候群(PMS) :4-12週間

・月経困難症 :少なくとも8週間 

・女性の不妊症 :3-7カ月

・ニキビ :通常6カ月以上

 

<注意点>

ホルモン分泌調整作用をもつと考えられるため、ホルモン感受性のがん(乳がん、子宮がん、卵巣がん)あるいは疾患(子宮筋腫、子宮内膜症)の女性は使用を避ける。

 

臨床試験について

臨床試験の結果については以下が報告されています。

 

◆月経前症候群への効果

【試験内容】月経前症候群の女性128名 (試験群62名、平均30.77±4.37歳、イラン) を対象に、チェストツリー抽出物を40滴/日、月経6日前から月経までの間、6月経周期摂取。

【結果】4~12週間で、頭痛、落ち込み、胸部の張りなどの症状の自己評価 (VAS) が軽減したという報告がある。

 

◆月経前不快気分障害への効果

【試験内容】チェストツリー20~40 mg/日を8週間摂取した。

【結果】同用量のフルオキセチンと同等の効果があった。

 

◆不妊への効果

【試験内容】プロゲステロンが比較的少ないために妊娠しにくい女性が対象。

【結果】3~7ヶ月果実の摂取によって妊娠の確率が増加したという報告がある。

 

◆無月経への効果

【試験内容】無月経の人20人に果実抽出物を40粒/日与えて6ヶ月間追跡調査した。

【結果】研究を完了した15人中10人で月経周期が回復したという報告がある 。

 

最後に

ただし、生理痛が非常に強いという場合、子宮内膜症の可能性があり、この症状が疑われる場合には、市販薬で抑えるのではなくまずは受診を行うことが必要になります。

 

(photoby:pixabay

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

腹痛に関する記事

生理痛のお腹の痛みをアロマで軽減!

  生理痛には、胸のハリや痛み、頭痛やムカつき、そしてお腹の痛みなどがあり...

生理以上の症状のことも!腹痛や出血…排卵日に起こる色々な症状まとめ

生理前の時期に色々な症状に悩まされることは、女性ならば経験したことがあるかも...


出血が多い日が一番お腹が痛い理由

    生理がはじまって、初日、2日目、3日目…とどこで一番出血が多くなるか...

生理痛の腹痛 その原因とは?

  生理痛の代表である、腹痛。女性の多くはこの腹痛に悩まされていることでし...

カラダノートひろば

腹痛の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る