カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 保育園・施設 >
  4. 保育園・幼稚園 >
  5. いつから活動するのがベスト?保育園入所までのスケジュールと選び方について

育児・子供の病気

いつから活動するのがベスト?保育園入所までのスケジュールと選び方について

子供をいつから保育園に預けるべきか?という問題について、専門家の意見では『3歳から』がベストという回答が多く見られました。

 

その理由は、子供の脳の発育は3歳までに約80%完成されると言われており、日本のことわざ『3つ子の魂百まで』に表されるように、3歳までに形成された脳の構造は終生変わることがないため、その時期に親元でたっぷり愛情と時間をかけて育てることが後の発育に好影響をもたらす、という理由によるものだそうです。

 

しかし、現実的には産休を取れる期間は子供が1歳になるまでの場合が多く、gooベビーによる統計データでは、約半数の家庭が1歳未満の年齢で子供を保育園に預けるという結果が発表されました。

 

では、そのような早期においても、子供を安心して預けられる『良い保育園』はどのような基準で選べば良いのでしょうか?

 

以下では、その詳細について見て行きたいと思います。

 

認可保育園と認可外保育園、それぞれのメリット・デメリットは?

保育園には、国による基準を満たしている『認可保育園』と未認可の『認可外保育園』の2種類があります。

それぞれのメリット・デメリットは以下となります。

 

◆認可保育園

国の基準を満たし、認定を受けている保育園。

原則として保護者が仕事などの理由で保育できない家庭が入園対象となる。

競争率が高く、0歳時の4月入園を目指した方が入りやすいと言われる。

 

<メリット>

敷地が広く、大きな遊び場や豊富な遊具がある。

入園の人数に対する保育士の最低数が決まっている。

公による監査が設けられており、安全性が高い。

 

<デメリット>

入園審査があり、ひとり親家庭やママがフルタイムで働いている家庭が優先され、所得により保育料が決定する。

地域によっては競争率が高く、申し込みをしても入園できない場合がある。

 

◆認可外保育園

小規模な施設が多い。

一般的には費用は認可保育園より割高だが、認可外保育園でも公的な助成金を受けている保育園はあり、所得に関係なく保育料は一律となっている。

 

<メリット>

夜間保育や土日預かりなど、受入れ時間の融通が効く。

 

<デメリット>

かかる費用は認可保育園より割高。

認可より施設や人員の基準が低い。

よく見学して決定することが重要。

 

希望の保育園はいくつ当てはまる?保育園選びのチェックポイント

多くの場合、保育園選びには数件の候補を持つことになりますが、その中で「これだけは譲れない」という優先項目(受け入れ時間、家からの距離、預け先の雰囲気など)が満たされているかどうかを基準として入園申し込みを出すことになります。

 

希望が満たされるかの判断には、やはり実際に見学に行くことが重要です。

具体的な基準が思いつかない場合、厚生労働省が選び方のポイントとして示している項目を参考にするのも良い手段です。

 

<厚生労働省による、良い保育園選びのチェックポイント>

1)働き方に合っているか

【受け入れ年齢に入っているか?/預かり時間延長はあるか?/保育長期休暇(夏・冬休み)の有無】

 

2)子どもたちの様子は

【子どもの表情は良いか?/先生だけでなく子どもの声が聞こえるか?/赤ちゃんが静かに眠れる場所があるか?】

 

3)先生たちの様子は

【先生の人数は十分か?/子どもと目線を合わせているか?/保育士資格を持っている人の人数は?/先生の年齢層の偏りはどうか?】

 

4)施設の方針

【教育方針は納得できるものか?/外遊びの回数は?/給食の献立の栄養バランスはどうか?/家庭への連絡(連絡帳など)は十分か?/災害の避難経路が確保されているか?】

 

5)周辺環境

【園内に遊び場が無い場合、近くに公園があるか?/周辺の交通量はどうか?】

 

いつから入園活動はじめるべき?スケジュールについて

認可保育園への入所を目指す場合、4月入所が最も入りやすく、その活動開始時期としては夏~秋頃にはすでに情報収集や見学などを行っておく必要があります。

以下は、おおまかなスケジュールになります。

 

<4月入園のスケジュール>

【7月・情報収集/自治体の窓口、HP、見学など】

【11月・申込書の配布/自治体の窓口や各保育園で配布】

【12月・入園申込書の提出/申込書や就労証明証などの提出】

【1月・税金関係の書類提出/源泉徴収票や確定申告書類などの提出】

【2月・審査・入園内定/審査、選考会議のあと、郵送や電話で内定の連絡がくる】

【3月・面接・健康診断/準備品の用意】

【4月・入園/慣らし保育の開始】

 

認可保育園であれば、多くの場合しっかりとしたサポート体制が整っていることがほとんどですが、地域によっては待機児童が多いことから、認可外保育園を選ばざるを得ないケースがあります。

 

その場合、良い保育園であるかの見極めには数回の見学や施設職員さんとの話し合い、他の園との比較なども必要であり、出来る限り早めに活動を始めることが望ましいようです。

 

(参考ウェブページ:はたらこねっと/子供の預け先・再就職パーフェクトガイド)

 

「保育園の入園準備!いつから考えた?預けた時期は?」に関する体験談

うちの子は1月予定日だったので、保育園探しは妊娠中の8月9月にしました。全国的に見ても待機児童ありで共働き世帯の多い地域に住んでいます。ちなみに働き方は短時間パート(保育園入所要件を満たす程度)でした。

カラダノート体験談-投稿者たつたろうさん~0歳から保育園に入れたい!~私の保育園探し~-

 


そこで気になるのは、・まだ赤ちゃんなのに保育園に入れるのか。・小さいうちから親と離れて、かわいそうじゃないか。こちらだと思います。わたしは、現在6歳と5歳の子どもがいます。二人は、2歳と0歳から保育園にお願いしています。

カラダノート体験談-投稿者acosickさん~小さい子供を抱えての社会復帰。まだ赤ちゃんなのに保育園に預けるのって早すぎる?-

 


保育園の入園を考えたのは1才過ぎたあたりからでした。もともと1才を過ぎて4月からとは考えていたのですが、きっかけはやはり金銭面です。旦那さんのお給料だけでは少しきつくなってきたのでなんとかなんとかしないとと焦り始めたからでした。笑4月まで待てず、10月からの途中入園を希望しました。

カラダノート体験談-投稿者erichiさん~保育園の選びかた-

 


基本的には認可保育園は出生後じゃないと申請はできないですが相談はできます、そして、その時とにかくアピールしました。車もないから遠方は厳しい、復職はすでに決まってしまっている、両親遠方で頼れないと区役所の方に何を言われても入りたいアピールをしてました。

カラダノート体験談-投稿者ryukaimamさん~産休明けで保育園入所するためにやっておくこと-

 


余談ですが都会でフルタイムで働いている友人は、子どもたちを別々の保育園に入れざるを得ず、送り迎えが大変だったそうですが、下の子が2歳になる頃空きが出てようやく同じ保育園になったそうです。

カラダノート体験談-投稿者mikanman09さん~保育園選びの体験談-

 

(photo by://pixabay.com/ja/

著者: あせちるこりんさん

本記事は、2016-08-11掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

保育園・幼稚園に関する記事

子供を預ける年齢は個人差を考慮して焦らせない!

子供を何歳から預けるのがベストか、という疑問をお持ちの方も多いと思います。私は...

「お金に余裕がない」という人におすすめする保育園の選び方&保育園生活での節約術!

子どもの保育園・幼稚園選びは家庭の経済状況や就労状況をふまえておこなっていくこ...

保育園・幼稚園の体験談

想像より数万倍は大変!!甘く見ちゃいけない保活

9月生まれのわが子。保育園は1歳半になる再来年の4月でもいいかな~?やっぱり1歳までは自分でみたいよ...

産休明けで保育園入所するためにやっておくこと

出産前から情報収集と区役所へのアピール長男妊娠時は正社員だったので出産後にはすぐ復職が決まってました...

カラダノートひろば

保育園・幼稚園の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る