カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. ヘアケア >
  4. 頭皮 >
  5. 頭皮ケアしてますか?

美容・ダイエット

頭皮ケアしてますか?

pack03_ph016.jpg


■頭皮をケア?


頭皮ケアといってもあまりピンとこない方が多いかと思います。
毛先などの痛みを気にし、毛先ケアを行う人は多くいますよね?

しかし、頭皮ケアは毛先ケアよりも重要なのです。
育毛や発毛だけでなく、枝毛や切れ毛などのヘアケアを考える時に、頭皮はたいへん大切な部位です。

髪の毛の健康と頭皮の健康には、深いつながりがあるからです。より効果の高いヘアケアを目指すなら、頭皮の状態を常に健康に保つことが大切なのです。

■頭皮と皮脂


頭皮と皮脂の関係が、髪の毛の健康には大きく影響します。皮脂とは頭皮に残った脂分の事で、皮脂をそのままにしておくと、ふけになるのです。

どんな人の頭皮にも皮脂はありますが、以下のような原因により皮脂が多い人がいます。頭皮の皮脂を増やす原因がわかれば、その対策も練りやすくなりますよね。

・皮脂が増える原因1 【生活習慣】
皮脂は夜更かしなどのみだれた生活習慣が続くと、通常より多く分泌されます。また、あまりにも食事の量や回数が増えたり、栄養分の偏った食生活を続けると、皮脂の量が多くなります。

・皮脂が増える原因2 【ストレス】
皮脂の量は、ストレスの影響を大きく受けます。ストレスの原因は人によってさまざまですが、ストレスを長い間体にためこむと自律神経がおかしくなり、頭皮の皮質は大幅に増えます。

・皮脂が増える原因3 【男性ホルモン】
男性の場合の皮脂が増える原因には、男性ホルモンの増加があげられます。男性ホルモンが活発に分泌されると、頭皮の皮脂量も増加するのです。
なお、男性ホルモンは激しい運動や興奮状態において、活発に分泌されることがわかっています。

■頭皮の健康状態


頭皮の健康状態は、頭皮の色や硬さでわかります。頭皮が健康だと、頭皮は柔らかく白い色をしています。

またその逆に、頭皮の健康状態が良くないと、頭皮は硬く、赤もしくは赤茶色っぽくなります。このような頭皮の健康状態と硬さや色の関係は、頭皮の血行によって左右されています。
頭皮の血行が滞るとその影響で頭皮は硬くなり、赤系の色になるのです。また頭皮の健康状態が良くないと、ふけの原因にもなります。

頭皮にふけが出ると、頭皮のかゆみを感じたり、頭皮に湿疹や臭いが出るようになります。そうならないためにも、頭皮ケアに気を配る必要があります。

■頭皮ケア


頭皮ケアとは、髪の毛の健康を守ることを前提として、頭皮の健康状態をケアすることです。
ヘアケアを前提とした頭皮ケアには、以下のような方法があります。いずれの頭皮ケアの方法も、毎日の生活の中で簡単に実践できるものばかりです。

・頭皮ケア1 【シャンプー】
効果的な頭皮ケアのためには、自分の肌質に合ったシャンプーを使わなくてはなりません。
薄毛や抜け毛に悩む男性には頭皮シャンプーのような、頭皮の健康状態を保つシャンプーがオススメです。
また、ふけに悩む人ならオイリーヘア用のシャンプーを、逆に頭皮の脂分が少ない人には、ドライヘア用のシャンプーを使う事をオススメします。
いずれのシャンプーも、すすぎが不十分だとかえって頭皮ケアには良くないので気をつけましょう。

・頭皮ケア2 【ドライアー】
女性の頭皮ケアで最も気をつけなければならないのが、ドライアーの使い方です。
女性はシャンプーの後にドライアーを長時間する傾向がありますが、そうすると頭皮を熱で傷付けたり髪の保湿を低下させるなど、頭皮ケアにはわるい影響を及ぼします。
ですからドライアーをかけるにしても、ドライアーの口を頭皮からじゅうぶん離して使い、髪の毛全体に満遍なく熱を流す意識を持つことを、心がけなければなりません。
また最近話題のマイナスイオンを放出するドライアーには、髪の保湿性を高める効果があります。
またマイナスイオンドライアーを使うと、寝ぐせが付きにくくなるなど、ヘアケアにも大きな効果を発揮するので、是非皆さんにも使っていただきたいドライアーです。

・頭皮ケア3 【頭皮マッサージ】
男性・女性限らず頭皮の血行を良くすると、ヘアケアや頭皮ケアには高い効果を発揮します。
頭皮マッサージにより、頭を柔らかい状態にできるためです。頭皮マッサージは指の腹を使って頭皮の側面からてっぺんに向かって、押し上げるイメージで行いましょう。


■頭皮の健康状態を保ちましょう!


頭皮の健康状態を常に良好に保つと、髪の毛にツヤやハリが出てきます。それだけでなく、枝毛や切れ毛も少なくすることができるのです。

頭皮ケアを怠ると頭皮の臭いがきつくなるだけでなく、頭皮湿疹やかさぶたができる可能性もあるので注意が必要です。
頭皮ケアの意識が薄いばかりにこのような事態を招き、皮膚科のお世話になるようなことは避けたいですよね。

ですから生活習慣の改善や頭皮シャンプーの使用、頭皮マッサージなどできるだけ頭皮ケアを心がけた生活を送りましょう。

(photo by //www.oshimatsubaki.co.jp/ost/lesson/pack03.html )

著者: 王騎さん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

頭皮に関する記事

頭皮に繰り返しできるおでき…頭のニキビを作らないための注意点とは

頭皮は、顔や背中とともに皮脂を分泌する皮脂腺が多い場所です。頭皮におできができる...

頭皮に湿疹が出たら…脂漏性皮膚炎の治療方法とは

  頭がかゆい、大きなかたまりになったフケが出るという症状から発覚する脂漏...


頭皮にきびのあれこれ

  ■頭皮にきびとは?   頭皮のにきびは、特に皮脂分泌の多い前頭部や頭頂部に...

ビタミンBでフケを改善!~頭皮の状態を改善するために~

  乾燥からくるフケは、シャンプーのしすぎだと思っているかもしれませんが、...

カラダノートひろば

頭皮の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る