カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. うつ病 >
  4. 予防 >
  5. 涙をこらえることはストレスを溜め込むこと

メンタル

涙をこらえることはストレスを溜め込むこと

 

 

■人は涙を流すことでストレスを解消することができます。

うつ病対策としてこの情動の涙の機能は非常に重要な要素です。


うつ病になると情動の涙が流せなくなり、

情動の涙がうまく流せなくなるとうつ病になる確率が上がります

そして人は涙をこらえることもできるので、無理に情動の涙をこらえ過ぎるとそれだけでうつ病に近づいてしまうのです。


情動の涙がストレス解消効果を発揮するには中途半端な涙の量では意味がありません。

それこそ号泣するように思いっきりに泣いてこそストレス解消効果が生まれるのです。

情動の涙を流すまではストレスの積み重ねが必要です。情動の涙をこらえると言うことは、それまで積み重ねてきたストレスを解消せずそのまま蓄えることに繋がることになります。

■涙をこらえることはストレスを溜める


●情動の涙はストレスの積み重ねによって発生する
●情動の涙をこらえることは、ストレス解消効果を放棄すること
●積み重ねられたストレスはそのまま蓄えられることに
●涙をこらえることが新たなストレスにも繋がる


■ストレスを受け流す機能が未発達な子供が健全に生活できるのは、泣きたいときに思いっきり泣くことができるからです。


大人になるとそうはいかず、泣きたいときに泣けないことの方が多いでしょう。
成人のうつ病対策としては、

定期的に思いっきり涙を流すことができる時間を作り出すことが必要となります。


感動できる映画などで、情動の涙を定期的に流せるように工夫すると、うつ病予防としては非常に効果的です。

 

 

(Photo by [//pro.foto.ne.jp/free/product_dl.php])

著者: ハヤテさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

予防に関する記事

うつと不安によく効く!トリプトファンを含む食べ物を見てみよう

うつ病は性格の問題やストレスだけではなく、脳内伝達物質がかかわっている、という...

セロトニン分泌を促す生活が大切!セロトニン症候群予防はうつ病予防から

  セロトニン症候群を予防するためには、抗うつ薬などの用量と飲み合わせに注...


脳の社会性機能がうつ病予防に

■ストレスに立ち向かうセロトニン神経 脳の社会性を司る機能はセロトニン神経とい...

感動して流す涙がうつ病を予防

    ■人は何かに感動することで涙を流すことができる動物です。 これ...

カラダノートひろば

予防の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る