カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 高血圧 >
  4. 薬物療法 >
  5. 基礎知識 >
  6. Ca拮抗薬や利尿薬…高血圧の薬物治療にみられる副作用とは

生活習慣病

Ca拮抗薬や利尿薬…高血圧の薬物治療にみられる副作用とは

 

血圧を下げる主要な作用以外にも副作用が表れることがあります。

 


Ca拮抗薬
血管拡張作用による頭痛めまい立ちくらみほてり歯肉肥厚便秘などがみられます。


アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬(ARB)
めまいふらつき冷や汗などの低血糖症状高K血症など


アンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬
乾いた咳(空咳)血管神経性浮腫高K血症など。

アクリロニトリルメタリルスルホン酸膜を用いた血液透析施行中ではアナフィラキシー様症状が発現するため使用してはいけません。


利尿薬
チアジド系またはループ利尿薬では低Na血症低k血症高尿酸血症食欲不振などが見られます。しかし、これらの副作用は少量投与にすることで降圧効果を損なわずに減少することができます。
カリウム保持性利尿薬では食欲不振、悪心嘔吐高K血症など・β受容体遮断薬心不全除脈、気管支喘息低血糖症状などが見られます。特に心機能が低下傾向にある高齢者糖尿病、耐糖異常などを合併している患者さんには注意が必要です。

 


様々な副作用がありますが、これらの症状が必ず表れるわけではなく、ここに書いていない副作用が表れることもありますので何か気になる症状が表れましたら医師や薬剤師にご相談ください。

 

 

(Photo by //www.ashinari.com/2011/10/09-351260.php)

著者: りりぃさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

高血圧の治療薬で尿を出す薬がだされた!尿を出したら血圧が下がる!?

高血圧の治療薬で尿を出す薬がだされることがあります。どうして尿を出すと血圧が...

降圧剤と併せて!高血圧に用いる漢方

  高血圧の薬物治療では、一般的に降圧剤が使用されます。今使用されている降圧剤は...


高血圧は一つの病気ではない?高血圧の種類とその特徴とは

高血圧と聞くと、血管に対する圧力が高くなるということは多くの人が知っていること...

降圧薬の服用のコツ

  高血圧を改善するために降圧薬を服用することになるとしても、ただむやみや...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る