カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 病気・症状(女性特有) >
  4. 卵巣・卵管 >
  5. 「いたた…でもただの排卵痛だから我慢」ではない!○○な痛みの排卵痛は受診しよう

女性のカラダの悩み

「いたた…でもただの排卵痛だから我慢」ではない!○○な痛みの排卵痛は受診しよう

生理ではないのに下腹部に痛みがある場合、もしかしたら「排卵痛」かもしれません。

 

だいたい月経から2週間ほど経った時に起こるもので、痛みの他、おりものの特徴が変わったり、腰痛が生じるという人もいますし、逆に何も症状が無いというケースもあります。

排卵痛の原因は?

卵巣からの出血

「排卵」というのは、卵巣で卵胞が育ち、それが破裂して卵子が飛び出てくることをいいます。

そのため、排卵が起こると、卵巣は少し傷つくことになるのです。そこからごく少量出血することは珍しいことではありません。

 

しかし、何らかの原因で、卵巣に負担が大きくかかると大量の卵巣出血が起こったり、破裂するときに強い痛みを感じたりこともあります。

 

卵巣の腫れ

排卵の後、卵巣は少し腫れたような状態になります。これがお腹の張りにつながり、痛みに感じることがあります。

 

女性ホルモン

排卵の後、卵巣からは黄体化ホルモンが大量に出始めます。これは、腸の動きを悪くしてしまう働きがあります。

 

このため、お腹が張って痛みに感じることがあります。生理前に便秘をしやすい原因の一つでもあります。

 

排卵痛の症状、つらくありませんか?

月経のときに、腹痛や腰痛が多少あっても「生理だから仕方がない」と思うのと同じように、排卵痛も過度でなければ強く心配する必要はありません。

 

そもそも排卵は卵子が卵巣の壁を破って出てくることですから、多少の痛みや出血が伴ってもおかしくはないのです。

 

しかし人によっては、こんな症状を抱えるケースもあります。

・痛くて立ち上がれない

・出血の量が多い

・激痛と共に吐き気がある

 

このように重い症状が出てしまうと、「ただの排卵痛」として処理する問題ではなくなってきます。

 

その場合には産婦人科の受診が必要になってきますが、具体的にどのような症状が見られた場合に受診が必要になるのでしょうか?もう少し詳しく見てみましょう。

産婦人科受診の目安

排卵痛がつらいと思ったとき、以下のような目安で産婦人科への受診を考えてみて下さい。

 

排卵日と基礎体温をつける

そもそも排卵痛だと思っているものが、本当に排卵期に来ているのかを確認する必要があります。

 

きちんと排卵期を知るには、基礎体温をつける必要があり、実際産婦人科に相談に行っても、「まずは基礎体温を数か月分つけてきてください」と言われることが多いです。

まずは基礎体温をつけてみて、排卵日と排卵痛の出る日があっているかどうか確かめましょう。

排卵痛が、下腹部の軽い鈍痛であったり、1日2日で収まるようであれば受診の必要はありません。

 

痛み止めが必要なほどの痛み

排卵痛だと確認されたら、痛みとして、以下の特徴を目安にしてみましょう。

・立ち上がれないくらいの痛み

・痛み止めが必要なくらいの痛み

・1週間以上継続する痛み(通常の排卵痛は1,2日程度)

 

こうした特徴が毎回見られず、ときどきであっても受診をした方が安心です。

どんな治療が行われるの?

上記のような症状がある場合は、症状を我慢する必要はありませんので、産婦人科を受診してみて下さい。産婦人科に行くと、症状に合わせた治療が行われます。

 

ただ、排卵痛に対する治療としてはまず、低用量ピルを使用して排卵を止めるという治療がなされるでしょう。

これによって排卵を止めて、排卵痛の症状が改善するかどうかを確認するのです。

症状や検査の結果によっては、入院して検査を進めていくこともあります。

排卵痛で生活に支障が出たら、我慢しない

月経痛も、排卵痛も、病気ではなく自然にあるものです。しかし、「病気じゃないから」といって何もできることがないわけではないのです。

 

むしろその背景に病気が隠れているかもしれませんので、上のような症状が見られたらすぐに病院にかかってみてください。

(Photo by:pixabay

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

卵巣・卵管に関する記事

女性は気をつけて!腫瘍のできやすい卵巣…卵巣腫瘍の早期発見のために自分でできるチェック方法

卵巣は臓器の中で「最も腫瘍ができやすい臓器」と言われています。またそれだけでは...

年間約4600人が卵巣がんで死亡!卵巣癌の治療と原因

年間約4600人が卵巣がんで死亡卵巣がんは、女性の性器がん全体の約30%を占め、...


要チェック!卵巣の病気の症状

  婦人科系の臓器の病気は、急性の炎症などでない限りほとんど自覚症状がありませ...

気付きにくい初期症状・・増加傾向にある卵巣の病気

  卵巣は子宮の左右に靭帯によってくっついている、親指の頭ほどの大きさの臓器で...

カラダノートひろば

卵巣・卵管の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る