カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 病気・症状(女性特有) >
  4. 排卵痛の原因!受診が必要な排卵痛とは? 卵巣出血・子宮付属器炎の症状と治療

女性のカラダの悩み

排卵痛の原因!受診が必要な排卵痛とは? 卵巣出血・子宮付属器炎の症状と治療

生理ではないのに下腹部に痛みがある場合、もしかしたら「排卵痛」かもしれません。

 

だいたい月経から2週間ほど経った時に起こるもので、痛みの他、おりものの特徴が変わったり、腰痛が生じるという人もいますし、逆に何も症状が無いというケースもあります。 

 

排卵痛の原因は?

卵巣からの出血

「排卵」というのは、卵巣で卵胞が育ち、それが破裂して卵子が飛び出てくることをいいます。

そのため、排卵が起こると、卵巣は少し傷つくことになるのです。そこからごく少量出血することは珍しいことではありません。

 

しかし、何らかの原因で、卵巣に負担が大きくかかると大量の卵巣出血が起こったり、破裂するときに強い痛みを感じたりこともあります。

 

卵巣の腫れ

排卵の後、卵巣は少し腫れたような状態になります。これがお腹の張りにつながり、痛みに感じることがあります。

 

女性ホルモン

排卵の後、卵巣からは黄体化ホルモンが大量に出始めます。これは、腸の動きを悪くしてしまう働きがあります。

 

このため、お腹が張って痛みに感じることがあります。生理前に便秘をしやすい原因の一つでもあります。

 

排卵痛の症状、つらくありませんか?

月経のときに、腹痛や腰痛が多少あっても「生理だから仕方がない」と思うのと同じように、排卵痛も過度でなければ強く心配する必要はありません。

 

そもそも排卵は卵子が卵巣の壁を破って出てくることですから、多少の痛みや出血が伴ってもおかしくはないのです。

 

しかし人によっては、こんな症状を抱えるケースもあります。

 

・痛くて立ち上がれない

・出血の量が多い

・激痛と共に吐き気がある

 

このように重い症状が出てしまうと、「ただの排卵痛」として処理する問題ではなくなってきます。

 

その場合には産婦人科の受診が必要になってきますが、具体的にどのような症状が見られた場合に受診が必要になるのでしょうか?もう少し詳しく見てみましょう。

 

産婦人科受診の目安

排卵痛がつらいと思ったとき、以下のような目安で産婦人科への受診を考えてみて下さい。

 

排卵日と基礎体温をつける

そもそも排卵痛だと思っているものが、本当に排卵期に来ているのかを確認する必要があります。

 

きちんと排卵期を知るには、基礎体温をつける必要があり、実際産婦人科に相談に行っても、「まずは基礎体温を数か月分つけてきてください」と言われることが多いです。

まずは基礎体温をつけてみて、排卵日と排卵痛の出る日があっているかどうか確かめましょう。

 

排卵痛が、下腹部の軽い鈍痛であったり、1日2日で収まるようであれば受診の必要はありません。

 

痛み止めが必要なほどの痛み

排卵痛だと確認されたら、痛みとして、以下の特徴を目安にしてみましょう。

 

・立ち上がれないくらいの痛み

・痛み止めが必要なくらいの痛み

・1週間以上継続する痛み(通常の排卵痛は1,2日程度)

 

こうした特徴が毎回見られず、ときどきであっても受診をした方が安心です。

 

どんな治療が行われるの?

上記のような症状がある場合は、症状を我慢する必要はありませんので、産婦人科を受診してみて下さい。産婦人科に行くと、症状に合わせた治療が行われます。

 

ただ、排卵痛に対する治療としてはまず、低用量ピルを使用して排卵を止めるという治療がなされるでしょう。

これによって排卵を止めて、排卵痛の症状が改善するかどうかを確認するのです。

症状や検査の結果によっては、入院して検査を進めていくこともあります。

 

排卵痛で生活に支障が出たら、我慢しない

月経痛も、排卵痛も、病気ではなく自然にあるものです。しかし、「病気じゃないから」といって何もできることがないわけではないのです。

 

むしろその背景に病気が隠れているかもしれませんので、上のような症状が見られたらすぐに病院にかかってみてください。

 

 

ちゃんと知らない「卵巣出血」…発症の症状・妊娠との関係は?知っておきたい治療の基本!

「卵巣出血」と聞くと、何が起こっているのかは何となく想像できるのではないでしょうか?

しかし具体的に、卵巣出血が起こったからどんな症状が出るのかなど、詳しいことは分からない方も多いと思います。

 

卵巣出血とは?

卵巣出血という言葉だけをなぞると、「卵巣から出血する」という意味がとれます。

卵巣は卵子を生み出す器官で、その卵子は卵胞という袋の中に入っています。

月経の周期に沿って卵胞は少しずつ大きくなり、十分に大きくなったら卵胞が破れ、卵子が飛び出していく仕組みで排卵が起こっています。

このように、正常の排卵であっても卵巣の表面は破れており、わずかに出血しています。

 

一方で、何らかの原因で卵巣表面の破れた場所から、大量に出血することがあります。

これが卵巣出血で、流出した血液が腹腔内にたまることで自覚症状が出てきます。

 

卵巣出血が起きたらどうなる?症状は?

では、こうした卵巣出血が起こったら、どのような症状が見られるのでしょうか?

 

急激な腹痛

腹腔内に大量の血液が溜まることで、急激な腹痛が起こります。

婦人科において急激な腹痛が起こるのは、主に子宮外妊娠と卵巣出血とされており、中でも卵巣出血は起こる確率が比較的高いようです。

ただし、出血の程度によっては軽い痛みで済んでしまうこともあります。

 

大量出血による症状

大量に出血が起これば腹痛におさまらず、他の症状も見られます。

具体的には、貧血症状・低血圧などが起こり、ショック状態になることもあります。

 

卵巣出血をしたら、妊娠しにくくなるの?

卵巣から出血し、腹腔内に大量の血液が出ると聞くと、これから妊娠しようとしている人は不安を覚えるでしょう。

軽い卵巣出血ならともかく、入院をしなければいけないような卵巣出血を発症した場合には、その不安は一層大きいことでしょう。

 

しかし、卵巣出血をしたからといって、妊娠や出産に影響があるということはないようです。実際に卵巣出血を発症した女性でも、妊娠、出産をしています。

 

病名、症状に踊らされず、正確に病気を知ろう

体の中で出血が起こった、しかも大事な卵巣で起こったとなったら、どうしても妊娠や出産への不安が残ると思います。

実際にその症状も、激痛に襲われたり、出血によってショック状態になったりするわけですから、尚更です。

 

しかし、過度に怖がる必要もありません。

どうしても不安であれば、納得のいくまで医師に説明をしてもらい、病気を正確に理解してあげましょう。

 

 

女性なら知っておきたい、卵巣出血の法則

セックスの後に激しい腹痛が訪れたら、それは「卵巣出血」の症状かもしれません。

卵巣出血というのは、卵巣表面の破れた部分から血液が大量に出てしまうことです。

卵巣表面は元々排卵時に卵子が出るために破けるもので、多少の出血はありますが、これが大量となると卵巣出血となるのです。

 

卵巣出血で知っておきたい「90%」ルール

卵巣出血における90%のルールは、知っておくと卵巣出血の判断に役立つでしょう。

 

卵巣出血の90%が「右側」

卵巣は右と左の両方にあります。

しかし、左側の卵巣付近にはS状結腸があり、それが卵巣のクッションのようになっています。

そのため、出血の原因である黄体の破裂が起こりにくいとされています。

 

卵巣出血の90%が「黄体期」

黄体期とは、分泌期とも言い、排卵期に続く期間、次いで月経が続く期間です。

卵巣から卵子が飛び出した後、黄体という組織になる時期でもあります。

 

卵巣出血の原因では、この黄体の出血が非常に多いので、この時期に起こることが多いのです。

 

卵巣出血の90%が「24~48時間以内にセックス」

上記したように、セックスの刺激によって黄体の破裂が引き起こされやすいです。

そのため、セックスの後に卵巣出血の症状(激しい腹痛など)が起こったということがあります。

 

刺激という点では、激しい運動をした後に起こることもあるそうです。

 

こんな卵巣出血、治療は「安静」!?

卵巣から出血し、その血液が腹腔内に溜まってしまうのが卵巣出血です。

そんな卵巣出血ですが、発症して病院に行ったらどんな治療をされるのでしょうか?

 

基本的な治療は「安静」です。

もちろん放っておくということではなく、出血をしていますので、輸血・造血剤の投与などをします。

その上で安静にし、しばらく経過を見ます。

 

というのも、出血していてもこうすることによって自然に出血が止まるというのだそうです。

同時に腹腔内に出血した血液は、自然に吸収されてしまうので問題ないのだそうです。

 

<場合によっては入院・手術>

出血の量によっては、入院して様子を見る必要が出てきます。

 

また、卵巣での出血が止まらず、腹腔内に血液が増えていき、症状が悪化していくこともあります。

その場合には、状態を改善するために開腹手術や内視鏡手術によって、止血をする必要があります。

 

意外と多い卵巣出血 

卵巣出血は特に若い世代に多いのだそうです。

だからといって、妊娠や出産をすれば起こりにくくなるかというと、そういうことでもありません。

 

まさに女性であれば誰にでも起こりうる病気ですので、よく知っておく必要があるでしょう。

 

 

卵巣と卵管の炎症、子宮付属器炎の症状とは?

卵管や卵巣などの婦人科系の臓器は、病気にかかっていても初期症状がわかりにくいという特徴があります。しかし卵管炎や卵巣炎は、細菌などによって炎症を起こすと腹痛などの症状があらわれます。

 

卵管炎と卵巣炎は同時に起こることが多いので、これらをまとめて子宮付属炎と言います。

 

【症状の経過】

多くの炎症性の疾患と同じように、急性期からはじまり、悪急性期、慢性期へと移行していきます。激しい腹痛や発熱が突然見られる上、膿性のおりものなどが確認できるため、婦人科系の病気ということがわかりやすくもあります。

 

しかしクラミジアなどの細菌が原因菌となる場合は、急性期と悪性気を経ずに慢性期の症状になることも多くあり、自覚症状のないまま炎症が起こっているということもあります。 

 

【治療】

治療は安静にすることと、薬物治療が主なものです。特に急性期の症状は激しいものになりやすく、無理に動いてはいけません。

 

急性期と悪急性期には炎症の拡大を防ぐ目的で抗生物質による治療が行われます。抗生剤の他にも鎮痛剤、解熱剤の投与で症状の安定をはかります。

 

しかし、急性期にいくつかの種類の抗生物質を投与しても症状が軽減せず、腫瘤の縮小が確認できない場合には、手術が必要になります。症状によりますが、手術によって病巣を摘出したり、排膿処置をしたりします。

 

クラミジアの場合は慢性症状になることが多いので、血清の測定値を参考にしながら、抗生物質を投与することになります。

 

子宮付属器炎によって引き起こされる症状

原因となる菌の強さにもよりますが、炎症が強いと卵管口がふさがり、卵管や膣に炎症から出た液体がたまってしまうことがあります。これによって留水症や留膿症、留血症といった症状が引き起こされます。

 

稀に卵管に膿がたまり、卵巣膿瘍ができることもあり、これらのような場合には治療がきわめて難しく、不妊の原因ともなります。

 

またクラミジアの場合、卵管そのものの閉塞より、卵管が周辺と癒着することが多く、これも不妊症の原因になると考えられています。

 

 

卵管炎から卵管が周囲の組織と癒着したり卵管口をふさぐことによって不妊症になることはよくあります。これを解消する手術はあるのですが、再癒着などのケースが多く、大変治りにくくなってしまいます。

 

(Photo by:pixabay

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-05-25掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

病気・症状(女性特有)に関する記事

お腹から胃にかけて痛い!急性胃腸炎と間違えられる女性の病気「子宮内膜炎」

最初は下腹に違和感を感じ、徐々に胃の方まで痛みが…これって急性胃腸炎?盲腸?...

女性の頻尿と生理周期には関係がある!?効果がある市販薬!頻尿・尿失禁の改善方法

生理中や生理前後にトイレが近くなる…!頻尿はなかなか恥ずかしくて人に言えない...


乳腺超音波検査!良性腫瘍と解った場合でもマンモグラフィーで検査を!乳腺症や乳腺炎とは

乳がん検査や定期検査で超音波検診・マンモグラフィーなどをおこなった結果、“乳...

様々な性病の潜伏期間を知って、早期の検査を!

  こんな恐ろしい性病が潜んでいた!   気づいた時にはもう立派な感染者だ...

カラダノートひろば

病気・症状(女性特有)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る