カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 病気・症状(女性特有) >
  4. 卵巣・卵管 >
  5. 良性でも卵巣切除の可能性がある!?女性なら知っておきたい、卵巣のう腫

女性のカラダの悩み

良性でも卵巣切除の可能性がある!?女性なら知っておきたい、卵巣のう腫

 

卵巣は言わずとも、これから子どもを産む女性にとって、非常に大切な器官です。そんな卵巣に腫瘍ができたら?想像するだけで少し怖いような気がします。

しかし腫瘍ができたからといって、全てが悪いものというわけでもありません。ここではほぼ良性の卵巣腫瘍、「卵巣のう腫」について書いていきます。

 

ほぼ良性の卵巣のう腫

卵巣のう腫というのは、卵巣の中に何らかの物質がたまってしまって、腫瘍を形成することを言います。

何らかの物質というのは、脂肪や液体状の組織で、腫瘍の中身が変わると腫瘍の名称も変わります。

これらが溜まって大きくなっていくことで、本来親指くらいの大きさの卵巣が、こぶし大くらいまで肥大することも珍しくありません。

 

腫瘍というと悪性と良性があり、悪性の場合は「がん」と言われます。しかし卵巣のう腫はほとんどが良性で、がんで考えられる転移などの心配はいりません。

しかし大きくなった腫瘍はそれだけで問題を引き起こしますから、放っておくこともできません。

 

「卵巣のう腫と診断された!」どんなふうに治療が進んでいく?

検査を受けた結果、卵巣のう腫であると判断された場合はどのように治療を進めていくでしょうか?

 

・「様子見」という選択肢

大きさがまだ小さい場合や、成長のスピードが遅いと認められた場合、そして自覚症状が無いという場合は、定期検査を勧められることが多いようです。もちろん症状が進行していけば、治療の内容は変わっていきます。

 

ただ、卵巣のう腫の中のひとつ「チョコレートのう腫」の場合は、少し違います。チョコレートのう腫の場合、症状の進行を防ぐために、ピルや黄体ホルモン剤の投与で、治療をしていく必要が出てきます。

※チョコレートのう腫は子宮内膜症が卵巣内に発生したもので、月経がくるたびに腫瘍の中に血液が溜まっていきます。

 

・「手術」という選択肢

のう腫の大きさが5cmを超える場合や、成長のスピードが速いと確認された場合は、治療を検討に入ります。

治療と言っても、基本的にはのう腫の切除が必要になりますので、手術を選択することになります。手術を選択した場合、のう腫だけを切除するか、卵巣全体を切除するかといった点の選択も必要です。

 

ただ、チョコレートのう腫の場合は、薬物療法で小さくなることもあります。

 

卵巣をとったら妊娠できなくなる?

「卵巣を切除してしまう」と言われると、これからの妊娠を考える女性は怖い気持ちがしますよね。

 

実際に手術を選択した場合、卵巣ごととってしまうか、そうでないかは人によって違います。

もちろん、のう腫の大きさ、悪性の可能性によっても、その判断は大きく変わります。

 

そして同時に、

・これから妊娠する年齢

・閉経が近い年齢

・患者さんの希望

も考慮されます。

 

基本的にこれから妊娠する可能性がある場合は、多少再発のリスクや、悪性の可能性があっても、卵巣を残すことが優先されます。

 

一方で閉経が近い年齢の場合は、再発のリスクを完全に消すという意味で、卵巣ごと切除してしまうことが多いようです。

 

よくお医者さんと相談を

様子見という選択肢をした場合でも、手術という選択をした場合でも、いずれにしても医師との密なコミュニケーションが必要です。

手術をするという場合、最近では開腹手術の他に、傷が小さくてすむ腹腔鏡手術も選べるようになってきました。そういった点も含め、担当医としっかり相談してみてください。

 

(Photo by:pixabay

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

卵巣・卵管に関する記事

要チェック!卵巣の病気の症状

  婦人科系の臓器の病気は、急性の炎症などでない限りほとんど自覚症状がありませ...

細菌感染に注意!子宮付属器炎とは?

  骨盤の中にある臓器の中で、最も炎症を起こしやすいのは卵管です。卵管炎は、す...


初期症状に気づきにくい卵巣腫瘍!腫瘍は良性?悪性?悪性の場合は卵巣がんに…「卵巣腫瘍」の検査と治療

「卵巣に腫瘍がありますね」と言われたらドキッとしますよね。卵巣は人の体の中で腫...

女性であれば知っておきたい、卵巣出血の法則!正しく知っておきたい治療の基本!

セックスの後に激しい腹痛が訪れたら、それは「卵巣出血」の症状かもしれません。卵...

カラダノートひろば

卵巣・卵管の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る