カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. ストレス >
  4. 基礎知識 >
  5. なぜ中二病になるの!?我が子との関わり方

メンタル

なぜ中二病になるの!?我が子との関わり方

可愛かった我が子も思春期真っ只中・・・となると、気になるのが「中二病」ですよね。もうすでにうちの子そうかもしれない・・・「中二病」って何かしら?そんな悩めるお母さん、必見です!

 

■中二病 とは

中二病の意味は、ウィキペディアによると、「中学二年生頃の思春期に見られる、背伸びしがちな言動を自虐する語。『病』という表現を含むが、実際に治療の必要とされる医学的な意味での病気、または精神疾患とは無関係である。」とのことです。

 

言葉自体は、あまり聞き慣れないという方もいるかもしれませんが、誰しもが通った道でしょう。もしかしたら、『その当時のことには触れないでーーー!』と痛々しい思い出をお持ちの方もいるかもしれません。しかし、我が子がその時期になると、ちょっと戸惑ってしまうものですよね。

 

■中二病 あるある!!

・『○○はダサい』など、様々なものに対して批判を始める

・突然、ブラックコーヒー、香辛料などの刺激物を食べ始める

・急に母親に冷たい振りをする。『おかん』と呼び始めるなど、呼び方が変わる

・メディアやインターネットで得た知識を自分の考えであるかのように語る

 

上記意外にも挙げればきりがありませんが、とにかく、自分をよく見せようとする、『自己顕示欲』『自己陶酔』がほとんどです。我が子を思い浮かべてみてください。当てはまる人も多いのではないでしょうか。

 

■接し方のコツ・・・温かく見守りましょう

過干渉は絶対にやめて!

物騒な世の中です。お子さんの行動が心配でつい、干渉しすぎてしまうこともあると思います。でも、思春期のお子さんには特に逆効果です。心配だとは思いますが、お子さんを信じてあげてくださいね。

 

忍耐です!!

一言一言に反論してくるお子さんの態度にイライラしたりストレスを感じることもあるでしょう。そんな時は自分の思春期を振り返ってみてください。きっと似たような行動をしていたはずです。 同じ土俵にのってはいけません。

 

一時のことですから、カチンと来ることがあっても、聞き流しましょう。こちらの方が何十年も長く生きてますから。忍耐です。

 

■まとめ

『中二病』とはいうものの、中学二年生だけではありません。思春期のお子さん皆に該当します。早い子は小学校高学年から始まります。早く大人になりたくて、ちょっぴり背伸びしてみたくなる時期の、我が子の成長と思い、温かい目で見守りましょう。

 

 

 

(Photo by:pixabay

著者: luna39さん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

基礎知識に関する記事

気になる精神疾患!性格によっても変わります、ストレス性格、あなたはどのタイプ?

  同じ状況に置かれていても精神疾患になる人とならない人がわかれるように、人の性...

チェック!こんな症状ありませんか?夏バテかと思いきや、これに当てはまる人は夏ストレスかも…

  「頑張ること」や「活動的なこと」はいいことですが、過度になればそれがストレ...


睡眠時随伴症とは?お子さんはぐっすり眠れていますか

 「睡眠時随伴症」という症状を聞いたことはありますか?睡眠時に発生していまう...

夏休みの計画、詰め込みすぎじゃありませんか?夏ストレスの対処法

夏のトラブルは夏バテ以外にも、夏特有の原因にある夏ストレスがあります。 夏は様...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る