カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. うつ病 >
  4. 症状 >
  5. 精神面 >
  6. 向精神薬とは何か。本当に必要なの?

メンタル

向精神薬とは何か。本当に必要なの?

  

あなたは、大事な我が子に向精神薬が必要と診断されたらどうしますか。

どう思いますか?そもそも、向精神薬とは?本当に必要なのでしょうか。

 

■向精神薬とは

向精神薬とは、脳など、中枢神経に作用して精神の活動に効果をもたらす薬物のことです。精神疾患の治療で大半を占める薬物療法は、もっとも有効性が高いとされています。

 

■発達障害と向精神薬

幼児期から向精神薬を飲み始めるケースも増えています。発達障害を直してくれるのが、向精神薬ではありません。あくまでも緩和してくれる・・・一時的に症状を抑えてくれるかもしれない・・・というだけです。

 

薬を飲み始めたら、簡単にはやめられなくなってしまいます。薬に頼るのではなく、お子さんのありのままの姿を受け入れ、お子さんの症状と向き合うことが大切なのではないでしょうか。

 

■発達障害と精神疾患

今は、強い個性が病名をつけられ、治療の対象となっています。落ち着きがないなどの症状を緩和させるために、向精神薬を処方され、子どもの頃から飲み続けます。その子が大きくなったらどうでしょうか。

 

現代のうつ病は、薬による副作用が症状を悪化させ、薬から離れられなくなってしまっているケースが多いと言われています。簡単に処方されるようになった向精神薬がうつ病を増やし、子どもたちの心身の健康を脅かしているとも言えます。

 

精神疾患は、人によって症状も違うため、『向精神薬は不要だ』と、素人からは言い切れません。ただ、処方してもらった薬は、症状のどのような部分に、どんな風に効くのかをよく知ることが大切です。

 

できれば使わずに、食事療法などで症状が改善できれば良いと思います。やむを得ず、使う場合は主治医とよく話し合い、説明を聞き、納得した上で使いましょう。

 

思わぬ副作用に苦しむ人、現状に悩み続ける人が、少しでも楽になれるよう影ながら祈っています。

 

 

 

(Photo by )

著者: luna39さん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

精神面に関する記事

真面目な性格の人は注意! うつ病の罪悪感

    従来のうつ病になりやすい方の中に、几帳面で仕事好きな傾向があると言われ...

うつ病の症状の度合…朝の心理的な重たさって?

    うつ病の方は、その症状の度合いが一日の時間帯によって違うという特徴があ...


ココロ、疲れていませんか?~うつ病を発症するまで~

        一般的にうつ病を発症するのは男性よりも女性のほうが2倍ほ...

完璧主義はうつ病になりやすい?

  そもそも、うつ病になる以前には、職場でストレスを感じる出来事があったり...

カラダノートひろば

精神面の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る