カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. パニック >
  4. もっと愛されたいのに!親の愚痴を聞いて育った子の将来は・・・

メンタル

もっと愛されたいのに!親の愚痴を聞いて育った子の将来は・・・

心が柔軟な子ども時代。子どもは、親の姿を見て成長します。親からどんなことでも吸収していまいます。自分の育った家族の中で学んだ行動や態度、思考、人間関係の築き方は、知らず知らずのうちに、大人になっても自分の基礎として残ります。

 

無意識のうちに日常の行動の一部となり、垣間見られることでしょう。だからこそ、親の責任は重大です。お子さんとの時間は今しかありません。関わり方をもう一度見つめ直し、お子さんがそれぞれの年齢に合った心身の成長を遂げているか考えてみてください。

 

■機能不全家族

・愛が無く、冷たい

・子どもを肯定しない

・親の期待が大きい

・表面だけよく振舞う

・秘密や隠し事をする

・親子の関係が逆転している

 

などの特徴が、機能不全家族と言えます。特に、親子の関係が逆転していると、子どもが、子どもらしく無邪気な子ども時代を過ごすことができず、大人になっても人の世話ばかりする共依存者になってしまいます。

 

■子どもが子どもらしく生活できる家庭に

優しくて、聞き分けがよくて、頑張り屋で・・・いつも頑張っているお子さんでしたら、心配してください。お子さんは、『良い子』なのではなく、『良い子を演じています』

 

なぜ、演じているのか・・・それは、大人のためです。大人が望む『良い子』を感じ取り、大人が求める望ましい姿を自然と演じてるのです。そうすることで、『良い子でいれば自分は親に好かれる。愛される。』という心理が働いています。

 

親である皆さん、知らず知らずのうちに、望ましい姿をお子さんに押し付けてはいませんか?お子さんも、大人の望む姿を無意識に演じる毎日を送っていると、本当の自分がわからなくなってしまうのです。

 

どうか、ありのままのお子さん自身を受け止め、大好きだよ、と伝えてあげてください。

 

■親も、子も、まだ変わるチャンスがある!

今ならまだ間に合います。親子の立場が逆転して、いつも我慢して育った子、虐待を受けて育った子・・・自分がされてとても辛かったはずなのに、我が子にも同じことをしてしまうケースが多いのです。親であるあなた自身が抱えてきた苦しみ、悩みはとてつもなく大きいと思います。

 

でも、大事なお子さんをそのはけ口にしても良いですか?お子さんは、愛されている実感が持てず、いつも緊張した状態で過ごしています。おこさんが、子どもらしく、安心して過ごせるような環境を作ってください。

 

今ならまだ変わるチャンスがあります。今直ぐ、愚痴を言うのはやめて、その分お子さんに『大好きだよ!』『あなたが大切だよ!』と伝えてあげてください。お子さんをどれだけ愛しているか、しっかり抱きしめて伝えてください。

 

 

大切なお子さんを救えるのは、ほかの誰でもなく、親であるあなただけなのです。そして、お子さんが誰よりも大切に思っている相手も、親であるあなたなのです。

 

子どもらしく甘えられる幸せ、親に愛される喜びや安心感を、どの子どもたちも味わって、大きくなれますように・・・。

 

 

 

(Photo by:pixabay

著者: luna39さん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

パニックに関する記事

過換気症候群の正しい治療法とは?

今まで常識的に行なわれていた「ペーパーバッグ法」はリスクの高い治療法だということ...

パニック障害の原因になりうる要素が多い?!芸能人のパニック障害!

インタビューや著書で、自身がパニック障害を患っていることを告白する芸能人・著...


パニック障害発症!外出や人ごみを避ける理由は?~パニック障害の症状~

  パニック障害には、いくつかの特徴的な症状があります。パニック障害を理解...

窒息死を起こす可能性も!間違った過換気症候群の治療法

過換気症候群(過呼吸)の治療法といえば紙袋を使ったペーパーバッグ法が有名ですが、...

カラダノートひろば

パニックの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る