カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. うつ病 >
  4. パキシルの離脱症状を軽くする『パキシルCR/ジェイゾロフト置換』とは?~うつ病治療~

メンタル

パキシルの離脱症状を軽くする『パキシルCR/ジェイゾロフト置換』とは?~うつ病治療~

うつ病治療に使用される、SSRI薬(セロトニンを増加させる)パキシルは数ある抗うつ剤の中でも特に減薬・断薬に注意が必要です。効果が強く・半減期が短い抗うつ剤の場合、『離脱症状』が生じる可能性が高く、また服用期間が長くなればより減薬・断薬が困難となります。

しかしながら、いくらかその離脱症状を緩和させる方法はあり、減薬の計画を立ててそれを守りながら実施することで、パキシルを中止できたという症例も多く聞きます。

以下では、その詳細について見て行きたいと思います。

 

離脱症状が出現する原因と症状について 

 

前述のように、離脱症状が出現するのは、『効果が強く・半減期が短い』抗うつ剤を服用した場合です。パキシルの場合、急に減薬すると血中のセロトニン濃度が急激に下がり、渇望症状が生じます。

多くの場合減薬後1~2後から徐々に、『シャンビリ』と呼ばれる、耳鳴りがシャンシャンと鳴り、手足がビリビリ痺れるという症状が現われます。

 

具体的な離脱症状

 

・耳鳴り

・しびれ(電気が走るような感じ)

・めまい

・発汗

・吐き気

・震え

・倦怠感

・不安感

 

離脱症状を軽減するためのポイントは?

 

急激にパキシルを減薬すれば、脳のセロトニン濃度が一気に下がり、倦怠感や不安感が出現するため耐え切れず、減薬を断念してしまったという体験談も良く聞きます。減薬には、必ず主治医と相談の上綿密な減薬スケジュールを決め、それに従って実行していく必要があります。

 

減薬開始の時期を急ぎすぎない

 

一般的に抗うつ剤の減薬は、病気の症状が治まって半年~1年ほど維持した後に行われます。うつ病や不安障害などの症状が治りきっていない状態で(セロトニンを出す力が治りきっていない状態で)無理に実施すれば病気再発のリスクも高くなり、推奨されていません。

 

減薬ペースはゆっくりと

 

離脱症状の抑制には、セロトニン濃度を急激に低下させなければ良いため、もし現状のペースで離脱症状が生じたなら、よりゆっくり細かく減薬していきます。一般的には2、3ヶ月~1、2年程度かけて実施するなど、期間としてはかなり個人差があるようです。

 

<減薬の例>

□量の調整

20mg⇒10mgに減薬した際に離脱症状が出た。

15mgで一旦慣らしてから10mgにする。(より細かい量調整には、2.5mg刻みや1.25mg刻みという方法もあります。)

 

□間隔の調整

2週間間隔での減薬ペースで離脱症状が出た。

3~4週間間隔の減薬にする。

 

<量が5mg以下になったら慎重に>

減量が進み、服用量が5mg以下まで減ってくると、離脱症状がより出やすくなると言います。症状が治癒していない場合、1.25~2.5mg程度づつ慎重に減らしていきます。

 

パキシルCRに置換してから減らす

 

パキシルCRとは「改良型パキシル」のことで、徐放剤=血中濃度の変動を緩やかにしたものです。セロトニン濃度の低下もゆるやかとなり、身体が対応しやすいため副作用が少なくなります。

 

<具体的な切り替え方>

効果は8~9割程度パキシルと同等という回答があることから多くの場合問題ありませんが、中には合わない方もいるため(例:強迫性障害などは適応がない)一定期間(効果発現まで:2週間~1ヶ月、安定化のため:6~12ヶ月継続)試してみる必要があります。容量は、パキシル10mg=パキシルCR12.5mgになります。

 

ジェイゾロフトに置換してから減らす

 

同様に、ジェイゾロフトなども離脱症状が比較的少ないSSRIですので、ジェイゾロフトに切り替えてから減薬に入るという方法もあります。この場合、現在の処方されているパキシルに上乗せする形でジェイゾロフトを服用し(パキシル10mg=ジェイゾロフト25mgに相当)、一定期間が経過すれば(効果発現まで:2週間程度)、パキシル減量を行っていきます。

 

パキシルを長期間服用されている場合に注意したいことは、『減量後、様子を見て状態が悪化している場合は、速やかに容量を戻す』と言うことです。精神科医の先生によれば、安定していない状態で減薬し一定期間経過してしまうと、脳のレセプターが変化してしまい、元に戻しても上手くいかないことがある、ということです。

状態を悪化させないためには、元の量に戻す期間も主治医と相談の上しっかり把握しておく必要があります。

 

自分が飲む薬についてもっと知ろう!薬物治療について0β遮断薬0

どんな薬?

発汗や動悸、体のふるえなどの交感神経の高ぶりによって起こる諸症状を抑えます。

これは交感神経を刺激するノルアドレナリンの働きをβ遮断薬で妨げることによって、交感神経の興奮自体を起きにくくさせることによります。

 

β遮断薬はこの他にも自律神経失調症の治療にも使われます。

また、血圧を下げる効果があるので高血圧の治療薬として用いられることもあります。

ただし、これゆえに低血圧によるふらつきがあったり、気管支が広がりにくくなる作用のためにぜんそくの人は使用できないなどの注意点があります。

 

定期的に服用するのではなく、症状が表れる場面がわかっている場合に服用します。

これといった原因や理由がはっきりしない全般性の社会不安障害の場合には使うことが出来ません。

 

社会不安障害を治療するものではなく、あくまで症状を抑えるものであるという認識も必要です。

必要な時に必要なだけ服用することで、症状の改善や不安の解消に努めるための薬であると言えるでしょう。

 

三環系抗うつ薬による副作用対策

口渇:

うがい、気道粘液溶解薬であるチスタニンの追加投与、選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)やセロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)への変更

 

便秘:

運動、水分摂取、緩下剤の追加投与

 

尿閉:

コリン作動薬であるジスチグミンの追加投与、SSRIやノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ薬(NaSSA)への変更

 

起立性低血圧:

薬の減量、カテコールアミン系の昇圧剤の追加投与、SSRI・SNRI・NaSSAへの変更

 

催眠・鎮静: 薬の減量、1日1回投与への変更

 

体重増加: SSRIへの変更

 

QT延長: 薬の減量、SSRI・NaSSAへの変更

 

・SSRIによる副作用対策

 

悪心・嘔吐:

消化管運動改善薬であるガスモチンの追加投与、NaSSAへの変更

 

性機能障害: NaSSA・レスリン・デジレルへの変更

 

・SNRIによる副作用対策

 

頭痛:

ベンゾジアゼピン系抗不安薬の追加投与、SSRIへの変更

 

血圧上昇・頻脈: SSRIへの変更

 

基本的には対症療法として他の薬が追加されるかその症状を起こしにくい薬への変更が行われます。

これらの対策は一例ですので他の対処法がとられることもあります。

 

最近では治療の初期から副作用の少ないSSRIやSNRI、NaSSAが使われる様になってきていますので、三環系抗うつ薬の副作用に悩まされる患者さんは減ってきています。

 

(参考ウェブページ:せせらぎメンタルクリニック、kyupinの日記)

(photoby:pixabay

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-03-13掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

うつ病に関する記事

うつ病の家族や友人との関わり方~身近なひとだからつらいうつ病~

100%ではないですが、自傷行為を行う人の家族には、何らかの問題があると言わ...

いま話題のGABAがもつ驚きの効果!脳の興奮を抑えるってほんと?うつ病治療のサプリメントの効果や注意点

GABAは脳を興奮させるような神経物質の働きを抑え、気分を落ち着かせてくれま...


うつ病を悪化させる原因となる生活習慣や食生活

  気分屋、パニック症状、怒り行動、そんな特徴をもつ新型うつ病。脳の血流量の悪...

真面目な性格の人は注意! うつ病の罪悪感~知っておきたいうつ病の症状~

    従来のうつ病になりやすい方の中に、几帳面で仕事好きな傾向があると言われ...

カラダノートひろば

うつ病の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る