カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 不安・恐怖 >
  4. 小学校低学年に多い不登校の原因は「分離不安」!?子どもを登校拒否症にさせない親の正しい対応とは?

メンタル

小学校低学年に多い不登校の原因は「分離不安」!?子どもを登校拒否症にさせない親の正しい対応とは?

小学校の低学年では、あまり不登校の問題というのはありません。ですが、低学年でも不登校の問題があるのは事実で、その原因は高学年や中学生などの不登校の原因とは少し違います。

 

低学年に多い不登校の原因「分離不安」

分離不安というのは、母親と離れることに強い不安を感じることです。子どもの性格にもよりますが、基本的に小さい子は母親と一緒にいるときが一番安心で、離れると多少の不安を感じます。それが成長と共にだんだんと母親以外の場所にも慣れてきて、外の世界も安心だと知っていき、自立していくのです。

 

小学校に入る頃には、多くの子どもは親から離れて人間関係を築いていけるのですが、中には分離不安が強くて、不登校になる子どももいます。

 

どんな対応が必要?

分離不安が原因の不登校になったら、どんな対応をしてあげることができるでしょうか。

 

・できるだけ1対1の時間をとってあげる

分離不安による不登校の前兆として、今まで一人でできていたことが出来なくなったり、学校での不安を訴えて登校を渋るようになったり、情緒不安定になってきたりします。

 

これらは不安な気持ちの表れですから、できるだけお子さんと1対1の、母親的な関わりの時間を増やしてあげましょう。特にスキンシップを多くしてあげると、精神的な安定につながります。

 

・学校とのかかわりを途絶えさせない

完全に不登校になってしまうと、学校とのつながりが薄くなっていってしまいます。そうなると分離不安で学校に行けないという理由から、学校に居場所がないから学校に行けないという理由に変わってしまうことがあります。

 

そのため、担任の先生などに協力してもらって、学校の先生や友達との関係を途絶えさせないようにしてあげましょう。

 

・周囲の人が気をつけて!お母さんの精神状態

見逃されがちな部分ですが、おもにお母さん以外の周りの方は、お母さんの精神的な疲れを理解してあげましょう。

 

子どもが不登校で、自分にべったりとくっついている状況は、お母さんによっては子育ての自信を失い、常に子どもといる状況に疲れてしまうこともあります。そのため、お母さんが「お母さんの役割をはなれられる時間」をつくってあげてください。

 

一進一退しながら離れられる時間をつくっていく

不安をひとつひとつ解消していけば、だんだんと学校に行けるようになっていきます。ただ、必ずしも順調にいくわけではなく、状況は一進一退しながら進んでいきます。親御さんはそれに振り回される形になってしまい、それでストレスを感じることもあります。

 

そのため、そうした変化も大きな気持ちで受け止められるような心持ちが必要かもしれません。

 

登校拒否症の原因にもなる!"母子分離不安"への対処法とは

登校拒否症の原因のひとつが、母子分離不安です。母子分離不安には2つのとらえ方があるので、それぞれのとらえ方と登校拒否症の実際的な解決法を紹介します。

 

●2種類の母子分離不安

母子分離不安は母と子が離れるのが不安、離れた時になんらかの精神的・身体的問題を引き起こす状態です。

ですがその原因については2種類のとらえ方があります。

 

1. 母子の距離感がずっと近すぎたため、集団生活において母子分離不安が起きる

2. 生まれてからしばらくの間に母親に絶対依存できなかったため、離れた時に不安になる

 

人間は生まれたての状態では歩くことも、自分の感情を言葉にすることも出来ません。

生きていくために絶対的に必要な母親への依存が足りなかったとするのが2の説です。

不登校の問題を扱う時には、1よりも2の説が母子分離不安の正体ではないかと言われることが多いです。

 

●登校拒否児の親子登校

登校拒否症の原因が母子分離不安にあるのではないか、と考えられるときに有効な手立ての一つが親子登校です。

子どもにとっては、『絶対的に信頼できる人』のいない場所にいることが恐怖で学校に行けないと思われますので、学校が安全な場所だと感じさせるために親子で登校します。

親以外にも相談室の先生などに信頼感が置けるようになったら、相談室の先生が一緒に学校内でのほとんどすべての時間を過ごすこともあります。

最初のうちはとにかく学校に行くこと、学校内で過ごすことを目標にして登校拒否症にアプローチしましょう。

 

母子分離不安で登校拒否症になってしまった子の場合は、普段から家でも母親とのかかわりを増やす必要があります。

時間があれば出来るだけ一緒に過ごし、身体的なふれあい(抱っこや手をつなぐなど)をたくさんしましょう。

 

親の登校拒否への恐怖が、子どもの症状を悪化させる!親の正しい対応とは?

子どもが登校時刻の少し前になって「お腹が痛い」と言い出したら、どう思うでしょうか。子どもの嘘というのはたいていの場合、大人は見ただけで何となくわかるものです。

このときの大人の正しい対応とは何なのでしょう。

 

登校拒否の前兆の症状

上記のような状態で真っ先に思い浮かぶのは「登校拒否」という言葉かもしれません。実際に登校拒否の始まりは、こうした登校時刻前になって不調を訴えるケースが多く見られます。

その後、学校を休ませてみたら時間の経過と共にどんどん体調がよくなっていき、夜には治ってしまいます。この症状は登校拒否の前兆とも言えます。

 

病院に行っても何もなかったら?

中には本当に病気なのではないかと疑って病院で検査をしてもらう場合もあるでしょう。しかし、検査の結果何の異常も見つかりません。

その結果を受けて親御さんはどう判断するでしょうか?

おそらく「気のせいだから学校に行ってらっしゃい」として無理に子どもを学校へ行かせるのではないでしょうか。

しかし、この対応は子どもの態度をより強固なものに変える可能性があります。全身で登校を拒否し、抵抗し、本格的に登校拒否になっていく可能性があるのです。

 

「うちの子が登校拒否になったら大変」という間違い

子どもが学校に行くのを渋るようになり、それが病気でもないとしたら、子どものわがままと思うかもしれません。

そのため、無理やりにでも学校に連れて行こうとする親御さんもいます。

それは「自分の子どもが登校拒否になる」ということに対する恐怖心があるからです。子どもはそれがただのわがままに見えても、何か奥の方に拒否する理由があります。

しかしそれを自分でうまく言葉にできないのです。それなのに親御さんが無理やり学校にかせようとすると子どもの心に大きな傷がつきます。

そうなってしまうと本格的に登校拒否がはじまった後に、親子の関係が悪く、症状の改善に時間がかかる、そして改善にかなりの努力を要することになります。

 

親御さんはどうしても子どもの態度や小言葉をそのまま受け取ってしまいます。

しかし子どもはそんなに正確に自分のことを伝えられませんし、どう伝わっているかもあまり分かっていません。親御さんが先導して、子どもが抱えるものに向き合ってあげましょう。 

 

登校拒否症にしないための親のパターン改善 その1

ダブルバインドという心理用語があります。同時に矛盾した二つのメッセージを受け取り続けることで、不安が強くなり、心で思った通り体が動けなくなっていく作用です。日本では「お前はダメだ」と言いながら、かいがいしく手取り足取り世話をするといったメッセージ矛盾が、子供の不安を強くし、自立の遅れを作っている要因とも言われています。

 

ダブルバインドを受け続け、不安の強い子供は傷つきやすく、ストレスを発散しにくいようです。ここには、そういった不登校になりやすい子供を作ってしまう親の典型的なパターンと改善案をまとめました。

 

▼不安の強い子供をつくる親の行動

・学校やどこかへ行くための支度をほとんど親がする。

(着替えの準備、ハンカチ・ティッシュをいれる。行動を見張り、食事や歯磨きまで全部指示する。)

 

・子どもが帰ってくるのを待ち構え、ランドセルの片付けや着替えまで、事細かに世話を焼く。

 

・宿題が何かわからないというと、親が誰かに連絡し、きいてきてやらせる。

 

・宿題忘れや忘れ物がないか、念入りにチェックして、子供にミスさせない。

 

・長期休みの宿題の管理を完璧に親がする。

 

以上のように、親が子どもへの管理行動をとり続けていると、子供は自己判断の経験を積み上げることもなく、ミスの経験も少ないです。すると、自分で何かを任されると経験不足のため、学校など一人の場面では緊張しやすい子になります。また、ミスすることに耐性がうすく、すぐに傷つきます。または自分はミスしない人間だと、プライドが高くなります。失敗する子の気持ちがわからず、思いやりに欠けるなどが見られます。

 

▼子供の自立を促す親の行動

・朝や放課後の過ごし方のルールを決めたら、極力自主性にまかせ、先回りはしない。

(一年生のうちは補助が必要ですし、二年生ではできたりできなかったりムラがありますが、4年生ぐらいには言われなくても、完全に自分だけで、できるようにします。)

 

・自分で洗濯物は片付けるようにし、取り出しやすい洋服の収納をしつける。

 

・洋服選びで自信をもてるように、組合せの仕方を教えておく。

 

・帰ってきたら最低限やること(コートをかける、ランドセルの片付けや連絡袋を机の上に出す、水筒を台所へ出すなど)を決めて、自主的にできるように習慣化する。

 

・宿題のルールを決め(何時までに済ませる、済ませないと晩御飯は食べれないなど)、自発的にやれるように促す。

 

・連絡帳は毎日欠かさず書いてくるように徹底し、連絡帳通りに前日の夜には次の日の準備を完了させることを促す。

 

・抜き打ちチェックは良いが、親が主体となって準備はしない。

 

・連絡帳を書いてこなかった日は子供自身が誰かに確認する。

 

・子供よりも先回りして、やるべきことを言わない。

(今やるべきことを考える癖がつかず、自発的にできない子になる)

×「宿題やる時間よ。」「何々準備した?」

〇「八時までにやることは何?」

 

・寝る前に、自分がだしたものを全て片付ける習慣をもたせる。

 

以上のことぐらい当たり前というおうちも多いかもしれませんが、過保護なケースでは、着替えまで親が手伝っていることもあるようです。

 

これらは何気ないことのようで、子供達が人生を生きていく上で、自分に自信をもつ大きな基礎となり、不登校のきっかけを減らします。

 

(Photo by:pixabay

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

不安・恐怖に関する記事

アダルトチルドレンの改善には自己肯定感アップが不可欠!

子どものころストレスやトラウマが、大人の自分の行動や感情に関わっている状態が...

病気でないのに病気を疑う…疾病恐怖症って何?治療が困難?疑いが止まらない…生活するうえでどんな問題が?

  閉所や暗所、先端や対人など、恐怖症と言われるものの対象は実に様々あります。...


不登校に多い原因「無気力」とは?子ども達が無気力になる原因と効果的な対応

  不登校のきっかけで、上位に入るのが「無気力」という原因です。ただ、無気...

アダルトチルドレンを作りやすい家庭ってどんな家庭?

アダルトチルドレンは子供時代を子供らしく過ごせなかった人達です   アダ...

カラダノートひろば

不安・恐怖の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る