カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 不安・恐怖 >
  4. 登校拒否 >
  5. 小学校低学年に多い不登校の原因は「分離不安」!?親ができる!不登校対策

メンタル

小学校低学年に多い不登校の原因は「分離不安」!?親ができる!不登校対策

小学校の低学年では、あまり不登校の問題というのはありません。ですが、低学年でも不登校の問題があるのは事実で、その原因は高学年や中学生などの不登校の原因とは少し違います。

 

低学年に多い不登校の原因「分離不安」

分離不安というのは、母親と離れることに強い不安を感じることです。子どもの性格にもよりますが、基本的に小さい子は母親と一緒にいるときが一番安心で、離れると多少の不安を感じます。それが成長と共にだんだんと母親以外の場所にも慣れてきて、外の世界も安心だと知っていき、自立していくのです。

 

小学校に入る頃には、多くの子どもは親から離れて人間関係を築いていけるのですが、中には分離不安が強くて、不登校になる子どももいます。

 

どんな対応が必要?

分離不安が原因の不登校になったら、どんな対応をしてあげることができるでしょうか。

 

・できるだけ11の時間をとってあげる

分離不安による不登校の前兆として、今まで一人でできていたことが出来なくなったり、学校での不安を訴えて登校を渋るようになったり、情緒不安定になってきたりします。

 

これらは不安な気持ちの表れですから、できるだけお子さんと11の、母親的な関わりの時間を増やしてあげましょう。特にスキンシップを多くしてあげると、精神的な安定につながります。

 

・学校とのかかわりを途絶えさせない

完全に不登校になってしまうと、学校とのつながりが薄くなっていってしまいます。そうなると分離不安で学校に行けないという理由から、学校に居場所がないから学校に行けないという理由に変わってしまうことがあります。

 

そのため、担任の先生などに協力してもらって、学校の先生や友達との関係を途絶えさせないようにしてあげましょう。

 

・周囲の人が気をつけて!お母さんの精神状態

見逃されがちな部分ですが、おもにお母さん以外の周りの方は、お母さんの精神的な疲れを理解してあげましょう。

 

子どもが不登校で、自分にべったりとくっついている状況は、お母さんによっては子育ての自信を失い、常に子どもといる状況に疲れてしまうこともあります。そのため、お母さんが「お母さんの役割をはなれられる時間」をつくってあげてください。

 

一進一退しながら離れられる時間をつくっていく

不安をひとつひとつ解消していけば、だんだんと学校に行けるようになっていきます。ただ、必ずしも順調にいくわけではなく、状況は一進一退しながら進んでいきます。親御さんはそれに振り回される形になってしまい、それでストレスを感じることもあります。

 

そのため、そうした変化も大きな気持ちで受け止められるような心持ちが必要かもしれません。

(Photo by:pixabay

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

登校拒否に関する記事

親の登校拒否への恐怖が、子どもの症状を悪化させる!親の正しい対応とは?

  子どもが登校時刻の少し前になって「お腹が痛い」と言い出したら、どう思うでし...

登校拒否症対応に親が疲れてしまった…そんなときに利用できる施設

  登校拒否症の対応をするのは大変、と感じる親御さんも少なくはありません。 学校...


登校拒否症の原因にもなる!"母子分離不安"への対処法とは

  登校拒否症の原因のひとつが、母子分離不安です。母子分離不安には2つのとらえ...

学校はどこまでしてくれる?不登校児に対する学校の「きめ細かい対応」「柔軟な対応」

学校では、「教師対大勢」という構図が出来上がりがちです。 ですが、不登校の子ど...

カラダノートひろば

登校拒否の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る