カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 不安・恐怖 >
  4. 登校拒否 >
  5. 良い子だったのに不登校に…良い子の"息切れ"ってなに?親は子どもをどう受け入れればいい?

メンタル

良い子だったのに不登校に…良い子の"息切れ"ってなに?親は子どもをどう受け入れればいい?

 

「すごく良い子」が不登校になってしまうというケースがあります。周りから見れば「なんであの子が?」と思われるようなケースです。

この場合、同時に親も「何でうちの子が?」と疑問に思ってしまうことが多いです。

 

良い子だったのになぜ不登校に?

一般的に良い子というと「親のいうことを聞き、先生のいうことを聞き、人への接し方も良好で、勉学や部活においても努力ができる」…といった子どもでしょうか?

良い子というのは、もっと踏み込んで言えば「大人から見て手のかからない子」とも言えると思います。

 

こうした子どもが不登校になるのは多くの場合で子どもが「息切れ」してしまうためです。

 

子どもの場合、まだまだ自分の欲を抑えられないのが普通です。だからずるいこともしますし、嘘もつきます。

しかし、そういった欲を押し殺して良い子でいるということは、「頑張っていい子でいる」ということであり、それは長くは続かないのです。

 

こんなタイプにはどう対応すればいい?

良い子が息切れしてしまった場合、まずは親御さんがその状況を理解しましょう。

ときに親御さんはそれまでの子どもの姿を「本当の姿」と考えてしまって、息切れした子どもを受け入れられないことがあります。

 

その上で、子どもに以下のような声をかけてあげましょう。

 

「しばらく休んでもいいよ」

親御さんの気持ちとしては難しいかもしれませんが、休み始めたときには子どもが息切れしているというサインです。

その時に「頑張って学校に行こう」と言えば子どもを追い詰めてしまいますから、お子さんのそれまでの頑張りを認めつつ、本人の挫折感を認めてあげて、安心感を与えてあげましょう。

その上で、お子さんの心のエネルギーを回復させる期間を設けてあげましょう。

 

「いつでも話して」

ときに、ストレスが強くなって攻撃的になったり、部屋にとじこもったりすることがあります。このときには学校や親からの働きかけを控え、それでもこちらからは「見守っているよ」「そばにいるよ」というメッセージを送りましょう。

特にこの時期は命令的な言葉や否定的な言葉は控えましょう。

 

「いろいろな選択肢があるよ」

子どもの状態が変化して、だいぶ落ち着いてくる時期があります。人とのかかわりを持つようになり、自分から学校や勉強のことを気にしはじめます。

そのときには本人が再登校を望むなら、学校からも積極的に連絡をとってもらってもよいでしょう。

 

その中でも親御さんは「以前の子どもに戻った!」と思うのではなく、「あなたの気持ちが大事」「あなたらしい生き方を探そう」といった話をしてあげましょう。

 

いつも見ている子どもの姿は本当の姿ではないかも…

多くの親の願望として、子どもには「良い子になってもらいたい」ですよね。だからこそ、良い子のわが子の姿の方が「本当の子どもの姿」と考えたくなってしまいがちです。

 

まずは親御さんができる第一歩としては、本当の子どもの姿を受け入れるということが大事なのです。

 

(Photo by:pixabay

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

登校拒否に関する記事

親の登校拒否への恐怖が、子どもの症状を悪化させる!親の正しい対応とは?

  子どもが登校時刻の少し前になって「お腹が痛い」と言い出したら、どう思うでし...

登校拒否症対応に親が疲れてしまった…そんなときに利用できる施設

  登校拒否症の対応をするのは大変、と感じる親御さんも少なくはありません。 学校...


登校拒否症の原因にもなる!"母子分離不安"への対処法とは

  登校拒否症の原因のひとつが、母子分離不安です。母子分離不安には2つのとらえ...

学校はどこまでしてくれる?不登校児に対する学校の「きめ細かい対応」「柔軟な対応」

学校では、「教師対大勢」という構図が出来上がりがちです。 ですが、不登校の子ど...

カラダノートひろば

登校拒否の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る