カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 花粉症 >
  4. 対策法 >
  5. 全般 >
  6. 春の外出。花粉症に気をつけて!

アレルギー

春の外出。花粉症に気をつけて!

春の訪れは、花粉症のくしゃみと共に感じます・・・なんて方は多いのではないでしょうか。実は、筆者もその一人です。

 

花粉症に悩んでいる人はとても多いですよね。そして、お子さんの中にも花粉症になる子が増えています。ただ、インフルエンザが流行している時期と発症の時期が重なるため、症状の判断がつきにくい場合もあるようです。

 

ここでは、日頃からできる対策、少しでも緩和できる方法をお伝えしたいと思います。

 

■子どもの花粉症の症状

・熱はないのに、くしゃみや鼻ずまりがある。

・熱はなく、鼻水が透明。室内にいるときより、外出時に症状がひどくなる

・目の充血や、目のかゆみ

 

子どもの花粉症の症状は、大人とほぼ同じですが、幼児の場合はもともと口呼吸をすることが多く、鼻がつまりやすいそうです。そのため、くしゃみや鼻水よりも、目の充血やかゆみによって、花粉症に気付くことが多いようです。

 

また、冬生まれの赤ちゃんの場合、生まれてすぐに花粉の刺激を受けることが多いため、他の季節に生まれた赤ちゃんよりも低年齢で花粉症を発症する傾向のようです。

 

■花粉症かな、と思ったら

お子さんの症状を見て、花粉症の疑いがあれば、すぐに病院へ行きましょう。

花粉症の鼻づまりでよく眠れずに睡眠不足になり、日々の集中力が低下してしまいます。

 

また、小児の花粉症は、気管支喘息、アトピー性皮膚炎など、ほかのアレルギー疾患との関わりもある場合があります。早い段階でお医者さんに見てもらうことをオススメします。

 

■花粉症対策をしよう

子どもの頃に花粉症になった場合、治らない・・・と考えた方が良いです。非常に治りが悪く、小児の花粉症は合併症が多く、副鼻腔炎や浸出性中耳炎になりやすいと聞きます。重症化しないように、対策をしましょう。

 

室内での対策

・窓を開けっ放しにしないこと。

・布団や洗濯物を戸外へ干さないようにする。

・フローリングはモップや雑巾がけで掃除をする。

・花粉は重いので下の方にたまりやすいもの。花粉を溜めないようにこまめに掃除をすると良い。

 

外出時の対策

・花粉が付きにくいように、表面がツルツルした素材の服を着る。

・花粉の飛散情報を常に確認し、花粉が多い日は長時間の外出を避けるように心がける。

・帰宅後は、玄関先で花粉をよく払い落とす。そして、その場で上着を脱ぐようにし、手や顔を拭いたり、洗って花粉を流す。

☆できれば、マスクの着用が望ましいのですが、乳幼児はマスクを嫌がったりすぐに外してしまうため、できるだけ花粉と接触しないように親が配慮しましょう。

 

■家族みんなで

お子さんが花粉症になった場合、家族みんなの協力が大切です。花粉症はとても辛く、ストレスを感じるものです。

 

花粉症の辛さを理解し、家に花粉症を持ち込まないことや、花粉にできるだけ触れないような環境作りを心がけ、少しでもお子さんにとって良い環境を作ってあげると良いでしょう。

 

 

 

(Photo by:pixabay

著者: luna39さん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

全般に関する記事

「鼻うがい」はやり方をまちがえると、中耳炎や脳炎の可能性がある?!

花粉症や蓄膿症による鼻づまりは不快感の元になると同時に、細菌が含まれているた...

鼻うがいの正しいやり方をマスター!

  花粉症で辛い鼻水、鼻づまり。 鼻の中を丸ごと洗ってしまいたい! そんな気...


実は逆効果!?意外に多い花粉症の勘違い

  花粉症対策に関するさまざまな情報や知識。実は勘違いされていることも多くあり...

室内に入ってしまった花粉はどうする?

  室内への花粉の侵入経路は   ・服や髪についた花粉が帰宅した人と一...

カラダノートひろば

全般の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る