カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 不安・恐怖 >
  4. 登校拒否 >
  5. 子どもが不登校…義務教育が終わったらどうする?どんな選択肢がある?いつからの準備が必要?

メンタル

子どもが不登校…義務教育が終わったらどうする?どんな選択肢がある?いつからの準備が必要?

中学生にあがると、不登校の生徒が多くなります。ただ小学校・中学校の義務教育課程は、進級や卒業においてそこまで厳しく決められていません。

そのため、あまり学校に行かなくても進級はできます。

ですが、その義務教育が終わったら…不登校の子どもはどうなってしまうのでしょうか?

 

中学3年生からの進学

義務教育の間は進級にさして苦労しないことも多いですが、問題となるのは中学校3年生からの進学、つまり義務教育が終わるときです。

卒業をして、進学をするのか就職をするのかを考える必要があるのです。

 

早期から先を見据えた対策を

中学生で不登校になった場合、そしてその不登校が長期化する可能性のある場合、今の学校で再び学校に行くか、再登校ではなく、高校から進学先で不登校を解消するかを考えておいた方が良いです。

 

そして進学先での不登校解消を目指す場合、自分で勉強をしておく必要があります。

その場合には学校の勉強に遅れないためというだけではなく、次の進路を見据えた勉強というレベルでの勉強が必要でしょう。

 

進学を考えるなら、フリースクールなどの選択肢も

中学校で学校に行っておらず、高校に進学して学校に行きはじめるとなると勉強だけが問題ではなくなります。

どんな理由で不登校になっているのであれ、中学校の期間、大勢の人とのコミュニケーションを学ぶ機会が乏しくなってしまいます。

 

その状態のままでは、高校に行っても、人とのコミュニケーションで苦労し、また不登校になってしまうという可能性もあります。

 

そのため、できるだけ人とのコミュニケーションの機会を設けるために、フリースクールなどに通えるといいでしょう。

 

フリースクールに通うのは勉強の面からも重要です。

どうしても自分だけでは勉強を管理するのは難しいですし、家庭内で教えると言っても親子関係や兄弟関係では摩擦が起きやすいです。

他人に勉強を見てもらうということでも利点があるのです。

 

何となく欠席が続いている状態は×

中学生で不登校になったら、特に親御さんは「なんとなく欠席が続いている」という状態にはしないようにしましょう。

お子さんの状態を見て、話しができる状態ならばそのときに、卒業後のことについて話してみるのがよいです。

すぐに結論ができなくても、そうした問題を提起していくことで、考えるきっかけになります。

 

またもし、高校進学がかなわなくても、高校卒業資格の取得も出来ますので、色々な選択肢を考えてあげるとよいでしょう。

 

(Photo by:pixabay

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

登校拒否に関する記事

不登校の相談ができる「不登校支援センター」とは?どれくらい通う?うつ病の場合は?疑問を解決!

  不登校の子どもの悩みを相談できる場所はあるでしょうか? 子どもが不登校になる...

不登校(登校拒否症)の文部科学省による対策について

  登校拒否症の研究は、対象者が多いにも関わらず、専門の科や医師があるわけ...


高校生の不登校の原因は複雑…?不登校の「きっかけ」と効果的な「対応」とは?

不登校の問題は、学年が上がっていくにしたがって原因や対応の仕方も変化していきま...

不登校の解決には原因の把握が重要!小学生・中学生の不登校の「原因」は何が多い?

小学校や中学校は、大事な青春時期を過ごす場所です。 しかし、多感な時期であるが...

カラダノートひろば

登校拒否の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る