カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. ストレス >
  4. 基礎知識 >
  5. 受験ストレスが溜まっていたら気をつけて!間違えてはいけない「受験ストレスへの正しい対応法」

メンタル

受験ストレスが溜まっていたら気をつけて!間違えてはいけない「受験ストレスへの正しい対応法」

受験期の子どもがイライラしたり、やる気を無くしてしまったりすることがあります。

受験勉強というのは長期間にわたってストレスを感じ続ける原因になりかねますから、受験ストレスからこうした症状が出てしまうのも納得と言えば納得かもしれません。

 

受験ストレスでこんな症状が出る!

受験でストレスを感じると、場合によっては「受験うつ」を発症することもあります。

全ての子どもがうつ病を発症するわけではありませんが、その一歩手前の症状まで発症する子どもは比較的多くいるようです。

 

お子さん、あるいは自分の症状で以下のような行動に覚えはないでしょうか?

 

夜眠れず、昼間に眠気を感じる

食欲が落ちたり、過剰に食べたりする

大した運動量ではないのに、あるいは特に何もしていないのに全身の疲れを感じる

勉強や会話していても内容をすんなり覚えられない・集中力の低下

常にイライラしている

感情が安定せず、急に悲しくなったり、怒り出したりする

原因不明の頭痛がある

楽しいことがない

自分の価値を感じられない・絶望感がある

 

こうした症状が見られたら、それは受験うつの初期症状が、受験うつ一歩手前の状態かもしれません。

特にストレスを感じやすく、うつ病を発症しやすい子というのは、自分に厳しく生真面目な性格の子が多いです。

 

そのため、「こんなことができない自分がダメ」「自分の意思が弱いからこの事態を招いているんだ」と考えがちで、さらにストレスをかかえながら頑張ってしまい、症状を悪化させるということがあります。

 

どんな対応をすればいいのか?

ではこうした症状にあてはまったら、どのように子どもに接すればよいのでしょうか?いくつかの対応の例をご紹介します。

 

・得意教科を伸ばす

勉強を頑張れる子は「自分がこうあるべき」という理想が高いことが多くあります。

しかしその中でストレスから勉強がうまくいかないと、その自尊心が深く傷つけられ悪循環になってしまいます。

 

その場合には自分の得意教科をとことん伸ばしてあげて、苦手強化がかすむくらい強化してあげましょう。それによって自尊心が保たれ、気持ちを上に向けることができます。

 

・勉強をしたくても休養させる

上記のような症状が急性的に見られた場合には、急性のうつ病の可能性があります。

その他にも症状が重いと感じる場合には、勉強を全てやめ、休養をとることが必要です。

 

受験期に勉強をしないということは、本人も親御さんも不安でいっぱいになると思います。

ですが、こうした場合にはこの方法が合格するための一番の近道であると理解しましょう。

 

・単純勉強から、創造性を必要とする勉強へ

脳をどれくらい休めたら勉強をしてよいかは症状の程度によります。

また脳の機能が回復してきたときに、最初に始める勉強は英単語などの単純な勉強に留めましょう。というのも脳機能の回復は、全ての分野が一様に回復してくるわけではなく、順々に各部分が回復してきます。

 

その中で記憶などの分野が先行して回復するケースが多く、次いで創造性を必要とする脳の機能が回復してきます。

 

そのため、脳の休養から回復する時期には、記憶系の勉強から始め、次第により高度な勉強に進んでいくのが効率的です。

 

"急がば回れ"!効率を大事にしよう

タイムリミットのある受験勉強と、受験ストレスからくるうつ状態からの回復は、子どもさんや親御さんの気持ちの面で相性が悪いとも言えます。

 

ですが普通に勉強をしていても、「効率」は非常に大切です。

3時間勉強しても、集中していれば30分で終わる内容だったりしますし、逆に30分の勉強の中身が濃ければ3時間の勉強の意味を持つこともあります。

 

こうした経験は親御さん自身にもあるのではないでしょうか?

そうするとうつ状態のまま、いくらたくさんの時間勉強しても中身がないのは、納得できると思います。

 

勉強は「時間」ではなく「中身」です。それを踏まえて受験ストレスに対処していきましょう。

 

(Photo by:pixabay

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

気になる精神疾患!性格によっても変わります、ストレス性格、あなたはどのタイプ?

  同じ状況に置かれていても精神疾患になる人とならない人がわかれるように、人の性...

チェック!こんな症状ありませんか?夏バテかと思いきや、これに当てはまる人は夏ストレスかも…

  「頑張ること」や「活動的なこと」はいいことですが、過度になればそれがストレ...


睡眠時随伴症とは?お子さんはぐっすり眠れていますか

 「睡眠時随伴症」という症状を聞いたことはありますか?睡眠時に発生していまう...

夏休みの計画、詰め込みすぎじゃありませんか?夏ストレスの対処法

夏のトラブルは夏バテ以外にも、夏特有の原因にある夏ストレスがあります。 夏は様...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る