カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. ストレス >
  4. 基礎知識 >
  5. 受験ストレスでうつになる!?受験で子どもが受ける「ストレスの種類」とは?あなたの受験うつはどれ?

メンタル

受験ストレスでうつになる!?受験で子どもが受ける「ストレスの種類」とは?あなたの受験うつはどれ?

子どもの中で「勉強が楽しくて仕方ない」という子はなかなか少ないでしょう。

日々の学校での勉強もなかなかやりたがらないという子も多いのに、さらに受験勉強となったら子どもが感じるストレスは、かなり大きいものになるのは容易に想像できますよね。

 

受験でうつになる?!

「受験うつ」といううつ病があります。他のうつ病と何かが違うわけではありませんが、ただ受験期に発症したということで、受験ストレスと深く関係するうつ病ということです。

 

厚生労働省の調べによるとこの受験うつは、最近は未成年で発症するケースが増えてきているようです。その種類もいくつかあり、ストレスを感じる原因によっていくつかの種類に分けられます。

 

・プレッシャーのストレスで受験うつに

受験勉強をするとき、結果への期待を子どもが一身に受けることがあります。

そういった身近な人からの過度な期待や、プレッシャーといったことがストレスになってうつ病を発症します。

 

思春期のうつ病の場合、症状として多く見られるのが、イライラ・不機嫌・敵意・欲求不満・短気といったものです。

また、現状から逃げ出したいという思いから家出をほのめかしたりすることがあります。

 

・モチベーションの喪失が受験うつに

受験勉強は長い期間、勉強を継続していくことになります。すると、長い期間の中で勉強が思い通りにできなかったり、結果が思うように出なかったりします。

症状としては、自分の価値を見失ってしまうことで、自分を守るために相手を批判したり、拒絶したり、失敗を避けてチャレンジしなくなったりします。

 

・劣等感によって受験うつに…

受験勉強は周りのみんなも同じように勉強をしています。模試などを受ければ当然、他人と比較されることになりますよね。

受験勉強をしている以上、誰かと競争し、自分の順位を知った上で勉強していくことになります。

必ず他人との比較の中にいるため、劣等感を感じやすくなってしまい、うつ病を発症してしまいます。

 

他人に対する劣等感はあっても、それは勉強においてだけで、友達とは普通に遊ぶというケースも多くあるようです。

また、自分が感じている劣等感から逃げるために、スマホに依存したり、他のことに夢中になってしまうこともあります。

 

強いストレスを受け続けると…

受験勉強はストレスと分かっていても、受験までは容易にやめられないという特徴もあります。そのため強いストレスを継続的に受ける形になってしまい、脳内の機能が正常に働かなくなることでうつ病が発症するという仕組みがあるようです。

 

(Photo by:pixabay

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

夏休みの計画、詰め込みすぎじゃありませんか?夏ストレスの対処法

夏のトラブルは夏バテ以外にも、夏特有の原因にある夏ストレスがあります。 夏は様...

夏の楽しいレジャーでストレスがたまる!?楽しくても負担になる、レジャーの夏ストレスって?

  夏が終わりに近づくと共に、暑さによって生じる体の疲れもそうですが、心の疲れ...


「万能感」「自意識」…子どもの中二病の原因は、正常な成長の過程です!

子どもも成長して中学生くらいになると、親や先生に反抗してみたり、世の中のことが...

被虐待児症候群とはなにかご存知でしょうか

「被虐待児症候群」という言葉を知っていますか?詳しく見てみましょう。  ...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る