カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. うつる病気 >
  5. インフルエンザ >
  6. 冬の外出に気をつけて!インフルエンザや流行性疾病の危険

育児・子供の病気

冬の外出に気をつけて!インフルエンザや流行性疾病の危険

冬はクリスマスにお正月・・・とイベント続きで外出も増えることと思います。特に、年末年始は親の実家へ帰省したり、親戚の集まりがあったり・・・普段かなかゆっくり会えないと会えるチャンスですよね。

 

でも、ちょっと待ってください。冬は、空気が乾燥していることからインフルエンザが流行します。他にも胃腸炎、ロタウィルスなど、流行性疾病に感染しやすい時期です。

 

できることなら外出は避けたいところですが、そうもいかないと思います。そこで、流行性疾病の対処法を知っておくと便利です。

 

冬に流行する病気と症状

RSウィルス感染症

発熱を伴い、ぜーぜーします。たいていは家族の風邪が伝染ってRSウィルスに軽くかかることが多いそうです。しかし、重症化すると呼吸困難になり入院が必要になります。赤ちゃんは重症化しやすいので要注意です。

 

インフルエンザ

38度以上の高熱や頭痛も生じ、重症化するとけいれん、意識障害が起こります。初期は風邪と似た症状が見られますが、急激に38度以上の高熱、関節痛、筋肉痛などの全身症状が現れることが特徴です。小児では合併症として、ひきつけ、脱水症、急性脳症、中耳炎、肺炎などが起こりやすいため注意が必要です。

 

また、赤ちゃんの場合は生後6ヶ月からワクチンの接種が可能ですが、1歳未満の幼児へのワクチンの効果は証明されていません。そして、3歳未満の幼児ではワクチンの効果は低いので、伝染らないようにしたいですね。

 

それから、3歳以上でもワクチンを接種したから100%感染しないかというと、そうではありません。インフルエンザの型は毎年少しずつ変わっていますので、ワクチンを接種しても感染する恐れはあります。油断禁物です!

 

ノロウィルス・ロタウィルス感染症

発熱、嘔吐、下痢、脱水、けいれんなどを起こします。空気感染をするため、一人が嘔吐をすると、同じ部屋にいる人、近くにいる人へ感染していきます。

 

ノロウィルスはだいたい秋頃から流行り始めます。熱はあまり高くなくても突然の嘔吐、下痢などの症状が見られます。ロタウィルスは、2月頃から増えます。高熱が出て、嘔吐を繰り返すことが多く、脱水になりやすいです。点滴や入院の必要が多い病気です。

 

溶連菌感染症

38~39度の発熱、のどの痛み、嘔吐などが主な症状です。その後、赤みを伴う赤く細かい発疹が体や手足に現れたり、舌に苺のようなブツブツが発生します。熱が下がると手足の皮膚がむけることもあります。子どもだけでなく、大人や妊婦さんにも感染するので、注意が必要です。

 

もしも、感染したら・・・

まずは、お子さんの様子がいつもと違うな・・・と変わった様子に気付いたら、無理をさせないことです。幼稚園や保育園、小学校は休ませましょう。

 

水分をしっかりとって脱水症になることを防ぎましょう。そして、早めに病院へ行きましょう。自己流の処置だと、悪化させてしまい、後遺症が残る危険も

尚、インフルエンザは熱が出てから24時間以内は受診しても陽性になりにくく、正確な検査ができない場合があります。

 

また、それぞれの感染症は、感染する危険もありますが、周りに感染させてしまう可能性があります。完全に完治してから登園、登校したり、外出するようにしましょう。

 

できる限り予防しよう

人ごみへ小さなお子さんを連れて行くことはできるだけ控えることと、外出したら手洗い、うがいをすることが一番です。可能ならば外出時はマスクを着用してください。

 

また、お子さんに予防接種を受けさせて予防することも大切かもしれませんが、インフルエンザのように年齢が低いとワクチンの効果が得られないものもあります。

 

大人が十分に予防し、菌を家へ持ち込まないようにしましょう。また、親戚の集まりなどの際には、体調を崩している人はいないか確認すると良いでしょう。あなたの家族が体調を崩している場合は、日を改めましょう。

 

周りにうつさないように配慮しよう

咳やくしゃみをする時は、ティッシュなどで口と鼻を覆う、手を当てるようにしましょう。手で覆った場合は、手に菌が付着している場合もあります。すぐに手を洗うようにしましょう。

 

使ったティッシュは直ぐにゴミ箱へ捨てましょう。バックやポケットにいれておくと、いれた場所にウィルスが付着します。家族の誰かが流行性疾病に感染した場合は、隔離して症状が治まるまでは接触を控えたり、マスクを着用しましょう。

 

いかがでしたか。初期症状は普通の風邪と区別のつかない場合が多いですが、重症化させるとお子さんも家族も辛いです。もしもに備えて、事前に予防したり、どんな症状がでるか把握しておき、早めに対応できるようにしましょう。

 

 

 

(Photo by:pixabay

著者: luna39さん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

インフルエンザに関する記事

できれば避けたいインフルエンザ!その猛威とは…?症状と注意点

毎年冬場になるとその流行をテレビのニュースなどでも報道される、「インフルエン...

様々な子供の病気…しっかり予防してあげて!子どものかかりやすい病気の原因と症状まとめ

「おはよう」から始まる1日、毎日の子どもの笑顔や返事はうれしいものです。しかし...

インフルエンザの体験談

子供の微熱が続く…実はインフルエンザB型だった!子供の病気

一人目の子が2歳半になった3月。 保育園に通っていたのですが、月曜9時半に保育園から電話が。 ど...

我が家にもやってきたインフルエンザ

いつもよりちょっと遅れて流行り始めたインフルエンザ。 子供達が通う小学校や幼稚園でお休みが増えてい...

カラダノートひろば

インフルエンザの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る