カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. ストレス >
  4. 基礎知識 >
  5. 「万能感」「自意識」…子どもの中二病の原因は、正常な成長の過程です!

メンタル

「万能感」「自意識」…子どもの中二病の原因は、正常な成長の過程です!

子どもも成長して中学生くらいになると、親や先生に反抗してみたり、世の中のことが分かっているかのような、大人からするとちょっと生意気な態度をとってみたりします。

 

中学に入った途端、態度がガラリ!「中二病」

最近、中二病という言葉を聞いたことがないでしょうか?インターネット上などで広まった言葉で、「病」とついていますが正式な病気の名前ではありません。

中二病というのは、具体的には以下のような状態を言います。

 

・大人ぶった生意気な態度

・人のいうことを聞かない

・世の中を斜めに見て批判する

・背伸びした態度

 

中二病とはよく言ったもので、中学校に入った時にはまだかわいげのあった子どもが、中学校生活が進んでちょうど中学校二年生になる頃になって、こうした症状が見られるようになります。

 

子どもは何で中二病になるの?

中二病の状態の子どもは、親からすれば困ったの極みです。

では、そもそも子どもはどうして中二病の状態になるのでしょうか。

 

1. 自己万能感が強くなる

反抗期という言葉がありますが、反抗期というのは「自己万能感が強くなる時期」と言うこともできます。

子どもが小さいときに「なんでもひとりでできるもん」という時期がありますよね。それと同じで、「自分は自分で何でもできる」という感覚が自分の中で強くなります。

 

中学生は子どもとも言えない、大人とも言えない時期です。その中でちょっと子どもから抜け出した自分に自信を持ち、万能だと感じるのです。

 

2. 自意識が過剰になる

自意識過剰というとナルシストのような意味にとらえられてしまうかもしれませんが、ここでは違います。

もっと小さい子どもの頃というのは、子どもは他人の視点を考えるのが苦手ですので、自分を中心にして世界を見ています。

しかし成長に従って相手の立場を考えられるようになり、相手から見た自分も考えられるようにもなります。

 

さらに中学生にもなれば、子どもから脱出する時期ですから、親子関係から他人との関係に比重が移動します。

そのため、友人などの自分と対等な人間から、自分がどう見られるのかと言う自意識が、子どもの中で大きくなっていくのです。

 

中二病も正常な成長の過程です

全ての子どもが中二病になるかというとそうではありません。ですが、中二病になるのはごく自然な成長の過程です。親としては「素直ないい子」の方がありがたいのでしょうが、逆にそういった子の方が変に自分の欲求を抑えてしまって、将来どこかで爆発すると言う可能性もあります。

 

子どもが生意気な態度をとっても、「よしよし、よく成長してるな」と大きく見守れたら、親としても成長してるということかもしれませんね。

 

(Photo by:pixabay

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

夫在宅症候群(夫源病、主人在宅ストレス症候群)って何?

  夫在宅症候群は、夫源病、主人在宅ストレス症候群などと呼ばれることもあります...

知識や経験が心の柔軟性を低下させる!?年齢を重ねて自己中心になる心に注意!

   年齢を重ねるということは、多くの経験や知識を身に着けて行くということです。...


中年期の不思議!中年期には「何もかも捨ててしまいたくなる衝動」が起こりやすい!?

   仕事やプライベートの節目の年齢にさしかかった時に、何もかもを捨てたくなる衝...

子どもが中二病で困った!親はどう接するべき?正しい中二病対策を知っておこう!

中学生という年齢は、大人の言葉が真っ直ぐ届きにくい年齢です。そんな大人から見れ...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る