カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. ストレス >
  4. 職場・仕事 >
  5. 具体的な流れを知って不安解消!メンタルヘルス不調の流れ~休職から現場復帰まで~

メンタル

具体的な流れを知って不安解消!メンタルヘルス不調の流れ~休職から現場復帰まで~

心の問題が認められるようになってきてから、職場では心の健康に関する問題が大きくなってきています。

身体的な病気とは少し違い、精神的な病気に労働者がかかった場合、会社としてどのように対応するべきかというのは、患者からすれば非常に大きな関心事なのです。

 

職場復帰の促進

メンタルヘルスの不調によって休職した労働者への対応は、会社としても大きな課題になっています。実際には会社だけではなく、労働者にも、その家族にもこれは大きな課題です。

厚生労働省の方針として、復職を促進することが必要だとされています。

 

では、具体的にメンタルヘルスの不調から復職するのは、どのような流れで行われるのでしょうか?

 

復職支援の流れ

厚生労働省の提示するところでは、復職支援の流れは以下のようになっています。

 

<第1ステップ>病気休業開始および休業中のケア

労働者が医師から病気休業診断書をもらい、そこから休業が始まります。

会社としては、労働者が安心して病気療養に専念できるよう、十分な説明をする必要があります。

具体的には、保障の説明、支援サービスの紹介、会社の支援、休業の最長期間などです。

 

<第2ステップ>主治医による職場復帰可能の判断

労働者から復職の意志が伝えられると、会社側は医師の診断書の提出を求めます。

ただし、医師の判断する職場復帰の認定と、会社が求める職場復帰のレベルでは差があることがあります。そのため、職場復帰の基準を明確にしておく必要がありますし、場合によっては主治医に伝える必要があります。

 

<第3ステップ>職場復帰の可否の判断および職場復帰支援プランの作成

様々な情報を収集した上で、職場復帰ができるかどうかを適切に判断します。最終的な決定の前段階ですので、主治医や労働者などが連携して話を進めます。

 

<第4ステップ>最終的な職場復帰の決定

最終的に職場に復帰するかどうか決定します。労働者の状態を確認し、就業上の配慮の内容なども労働者に通知します。

 

<第5ステップ>職場復帰後のフォローアップ

復職がゴールではありません。再発などの可能性も含めて、労働者をフォローしていく必要があります。

会社側は労働環境の改善や、同僚の配慮、その後の状態の確認もあわせて行っていく必要があります。

 

会社の丁寧な対応が必要

休職から復帰するのは、会社側からすると多くの段階を踏まなければならず、手間がかかるかもしれません。

ですが、会社が丁寧に対応してくれるかどうかで、労働者の病気の状況にも関係してきます。

労働者のためにも、会社はいろいろな機関と連携をとって丁寧に対応していく必要があります。

 

(Photo by:足成 ) 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

職場・仕事に関する記事

あなたの会社はどう?メンタルヘルス不調からの復職…会社に考えてほしい対策とは?

うつ病などの問題を発症すると、仕事に従事することが難しくなります。そのため休職...

【体験談】「女だらけの職場」に直面してしまったときの心構えとは?会社でのトラブル回避術

女性スタッフが多い会社では、女性同士のトラブルが起き易いです。「女だらけの職場...


2014年、ストレスの高い職業トップ10!ストレスが溜まりやすい職業って何!?

  ストレスの感じ方はそれぞれですが、環境によってもストレスの溜まりやすい環境や...

あなたの職場はストレスを受けやすい?職場のストレス・働きやすさを知る、職場ドックってなに?

  高知県が取り組んでいる、職員の健康づくりのための「職場ドッグ」というものを聞...

カラダノートひろば

職場・仕事の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る