カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. ストレス >
  4. 強くなる >
  5. 聴衆が気になってアガってしまう!どうやったら人前でアガらないで発表ができるの?

メンタル

聴衆が気になってアガってしまう!どうやったら人前でアガらないで発表ができるの?

人前で話すことは得意でしょうか?苦手でしょうか?

苦手だった人が経験を積むことで得意になっていくこともありますし、人から見たら緊張していないように思えても、実は本人は発表などが不得意と感じていることもあります。

 

なぜアガってしまうの?

普段と違う状況では、誰でも緊張してしまいます。発表やプレゼンを普段からよくしているという人であれば、その状況が普段の状況に近くなっていきますから、だんだんと緊張しなくなっていきます。

人によっては、聞いている人に対して緊張を強く感じるということもあるでしょう。

 

聞いている人が気になってアガってしまう場合の対処法

発表をしているとき、プレゼンテーションをしているとき、聞いている人の反応が気になって、アガってしまうという人がいるでしょう。

 

確かに、なんだかつまらなそうな顔をされたり、怖そうな顔をして聞かれると、自分が話している内容にどんどん自信がなくなっていってしまうかもしれません。

その場合、どう対処したらよいのでしょうか?

 

聞き手の反応に引っ張られず、準備をした通りに!

聞いている人の反応を見ながら、話す内容を変えることができれば、聞き手の反応を気にするメリットもあります。しかし、それができるのはかなりの上級者です。

話すのが得意でない人がそれをすると、結論があいまいになってしまったいり、話しの流れがおかしくなってしまったりします。

 

そのため、聞き手の反応は気にしてもメリットがありません。それよりも準備をしてきたことを、その通りに進めることの方が、メリットが大きいのです。

 

あなたが聞き手のときはどんな反応をしていますか?

あなたが発表などを聞いているときの反応はどのようなものか、思い出してみて下さい。

発表に対して、顔に出して感心したり、言っていることひとつひとつに頷いたりしているでしょうか?

 

話す側からするとこうした人がいるのはありがたいですが、実際にそれを自分がやっているかというとそうでもありませんよね。

頭の中では感心していたとしても、その気持ちが外に出ていない人は多いのです。相手の話に聞き入っているときには無表情になってしまうという人もいるでしょう。

 

聞き手の反応はそんなもの、心の中は頑張っても見えない

よほど面白い、聞き手を巻き込むようなプレゼンをする人であれば、聞き手の反応も大きくなるのでしょうか、それは上級者でしょう。

 

特に発表やプレゼンといった場面になれば、聞き手は表情が乏しくなりがちです。それなのに、いちいち聞き手の反応に敏感になっているのも、なんだか無駄ですよね。

 

聞き手の反応はこんなものを割りきり、準備をした通りの発表をする方が利がありそうです。

 

(Photo by:足成

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

強くなるに関する記事

人間関係に疲れやすい場合の解決法は逆に"積極的に人間関係をつくる"こと!?

  人間関係に疲れてしまうのは、どうしてなのでしょうか? たくさんの友人がいても...

うつ病の要因となるストレスとの上手な付き合い方~ストレスに対抗するのに必要なこととは?~

■人が生きていく上で大きな障害となりうつ病の要因となるストレスですが、それに...


ストレス解消のための音楽の選び方に欠かせないのは、『1/fゆらぎ』これって何?

音楽をストレス解消に使っている方も多いかもしれません。実際、音楽には心理的・社...

ストレスが溜まりにくい心になるためには?「食事」そして「運動」で強い心をつくれる!

   ストレスが溜まる環境というのは、心身に良い影響がありませんから、できるだけ...

カラダノートひろば

強くなるの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る