カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. ストレス >
  4. 強くなる >
  5. 「人間関係に疲れやすい」…どう治す?人間関係のストレスを軽減する3つの方法

メンタル

「人間関係に疲れやすい」…どう治す?人間関係のストレスを軽減する3つの方法

日本人は特に、他人への気遣いをはじめとした、人間関係での精神的疲労が多いように見えます。

人と関わることは心の活力にもなりますが、一方で心をすり減らす一因にもなるのです。

 

あなたは人間関係に疲れやすい?

人間関係に疲れやすい人というのがいます。

相手に気を使いすぎて自分を殺してしまったり、他人からの評価を気にし過ぎたりする人は、人間関係に疲れやすい傾向にあるようです。

 

人間関係に疲れやすいという人は、それでも我慢して日々人とつき合っているか、ストレスをあまり感じないように特定の人とだけ付き合っているかの傾向があります。

 

「人間関係に疲れやすい」…どう治せばいい?

人間関係に強くストレスを感じる人は、どうすればそのストレスを軽減できるでしょうか?

3つの解決方法をご紹介します。

 

(1)人との距離をあける

人からの評価を気にしていると、どうしても自分から人との距離をあけるのが難しいかもしれません。

しかし人は距離が近くなるほどに、わがままや無遠慮な行動が出るものです。そうするとさらに人間関係に疲れてしまいます。

 

そうした面倒なことを受け入れてしまうのがストレスの原因になりますから、思い切って距離をあけてみましょう。

 

(2)人間関係を整理する

人間関係を円滑にしようとする人は、全ての人に好かれたいと思っている傾向があります。

しかし、それは自分の気持ちを殺してそれぞれの人にあわせているということで、それもまたストレスになります。

 

ですから、一度立ち止まって人間関係を整理してみましょう。自分とは合わないなと思う人との関係は、強く持たなくてもよいのです。

本当に自分に必要な人間関係はどれなのか、一度確認してみましょう。

 

(3)実際に人間関係を切ってみる

人間関係を整理したら、必要のない人間関係、自分を疲れさせている人間関係が見えてくると思います。それが見つかったら、実際に関係を切ってみるのもひとつです。

人間関係を切ると言っても、「今日から私はあなたとは付き合いません」という必要はありません。

 

自分から関係を持つことを少なくしていき、遊びに誘われたりしたら「ちょっと土日は用事があって」などと言って、断る回数を少なくしていきます。

 

疲れる人間関係は有益ではない

全ての人と良い関係を築くというのは、よほど自分を押し殺さない限り困難です。そして自分を相手にあわせてばかりいると、心が疲弊していってしまいます。

相手に気を使って心が疲れるだけの人間関係は、有益な人間関係とは言えません。

 

自分の人間関係を俯瞰的に見てみましょう。普段自分では気づかない"無駄"が見えてくるかもしれません。

 

(Photo by:pixabay

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

強くなるに関する記事

ストレスフリーになるためのレジリエンスって?レジリエンスが高い心、低い心とは?

   心が折れたとき、その逆境から立ち直る力のことを「レジリエンス」と言います。...

聴衆が気になってアガってしまう!どうやったら人前でアガらないで発表ができるの?

人前で話すことは得意でしょうか?苦手でしょうか? 苦手だった人が経験を積むこと...


ストレス解消のための音楽の選び方に欠かせないのは、『1/fゆらぎ』これって何?

音楽をストレス解消に使っている方も多いかもしれません。実際、音楽には心理的・社...

ストレスに強い人を参考にする!ストレスを溜めにくい方法

ストレスに強いか弱いかということを、専門的にはストレス耐性といいます。ストレ...

カラダノートひろば

強くなるの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る