カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. ハラスメント >
  4. 女性軽視?男女差への鈍感?環境?セクハラの原因はどこにあるのか?

メンタル

女性軽視?男女差への鈍感?環境?セクハラの原因はどこにあるのか?

どうしてセクハラは起きるのでしょうか?

だいぶセクハラに関する意識が浸透し、企業でもセクハラ対策を講じるようになってきました。

 

ですが、一方で個人個人のセクハラに対する意識にはまだ差があり、それが問題へと発展するケースも決してすくなくありません。

 

セクハラの原因は何?

セクハラは男性が女性にするものが多いので、加害者「男性」、被害者「女性」の視点に立って述べていきます。

しかし実際は、女性が男性に対してするセクハラ、そして同性に対してするセクハラもありますので、それぞれの場合で置き換えて考えてください。

 

・女性を一人前として扱わない

女性は男性よりも筋肉が少なく、身体的な意味ではおおよそ弱いです。また歴史的にも男性よりも下の位置づけにいたということがあります。

そうした流れから、同じ職場にいても女性を一人前の労働者として認められないことがあります。

 

・男女の差に鈍感

男性間で性的な発言は、時にコミュニケーションツールになります。

しかし、女性の場合それは必ずしも受け入れられませんし、受け入れられないことの方が多いでしょう。その男女の受け取り方の違いに鈍感な人もいます。

 

その流れから、女性が嫌がる結婚や年齢、妊娠のことを、嫌がっている相手にしてしまうこともあります。

 

男女間の話で「女の考えていることは分からない」と言われますが、労働者の立場になったらこの理由はナンセンスでしょう。

男女という問題関係なく、相手を理解する姿勢が必要なのです。

 

・女性が主張しづらい

女性からしても「それは嫌です」と言えればはっきりと線引きができるのですが、それができない人も多くいます。

相手が寛容な人であり、セクハラに対する理解が十分な職場であれば、はっきりNOとも言えるでしょう。

 

しかし、単純に人間関係の中で考えても、相手に強く言うことは、日本人はなるべく避けますよね。

 

それがセクハラの問題なら尚更です。NOといったことで自分が受ける不利益などを想像してしまい、相手から嫌われることを想像してしまいます。

相手への気遣いもあるかもしれません、結果はっきりと口に出せないため、セクハラの問題が生じてしまうのです。

 

しっかりとした人間関係を構築しよう

男だから、女だからといった問題もそうなのですが、要するに人間関係を双方がうまく築けるかということが問題です。

男だからこう、女だからこうと大雑把に人間関係を構築するのではなく、個々人に沿った接し方を考えるのは、人と接する上でごく当然のことです。

 

相手を理解し、尊重することでセクハラの問題は起こりにくくなるのではないでしょうか。

 

(Photo by:pixabay

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ハラスメントに関する記事

DV被害は身近に潜んでいる!周囲が力になろう!アダルトチルドレン(AC)に多いDV被害者の特徴と公的な支援

2006年に行われた統計によると、女性の4人に1人がDV被害を受けたことがある...

弱い者をいじめるモラルハラスメント…加害者はなぜ、こんな行動をとってしまうのか?

  夫婦間のパワーバランスで夫の方が強く、夫の方が妻にきつく当たる夫婦というのが...


被害者には病的なストレスがかかります!今話題の『モラハラ』は言葉の暴力です

モラハラ、と言う言葉は、最近少しずつ認知度の高まってきている言葉の一つです。 ...

職場でも家庭でもありうる、"モラルハラスメント"…もしかして自分もモラハラしていませんか?

言葉の暴力は見えにくい存在ですが、相手を傷つけるという意味では、体の暴力となん...

カラダノートひろば

ハラスメントの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る