カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. ハラスメント >
  4. 職場のあの人はどう?人間関係から見る、モラハラをする可能性のある人

メンタル

職場のあの人はどう?人間関係から見る、モラハラをする可能性のある人

 

あなたの周りにモラハラをする性格の人はいないでしょうか?…とはいってもモラハラをする人が、その性格をむき出しにして生活しているということはないでしょう。

ここではモラハラをする人はどんな人が多いのか、ご紹介します。

 

「モラハラをする人」ってどんな人?

その人の人間関係を見ていると、その人がどんな性格を持っているのかが見えてきます。

モラハラをする人というのは、自己愛性障害とも言われ、自分に自信がなく、素の自分を受け入れられないという特徴があります。

だからといってビクビクしているような性格の人がモラハラをするわけではなく、どちらかというと、そんな自分を隠すことに必死な人がモラハラをしやすいと言えます。

 

・一人の時間が耐えられない

自分が無価値であるということを隠すためには、常に比較対象が必要です。他人の存在を確認することによって、自分の価値を保つのです。

実際、自己愛性障害の9割以上が、誰かと同居しているとも言われ、常に自分の周りにとりまきをつくっています。

 

逆に一人でいるときは、自分と向き合うことができないので、落ち着きません。致し方なく一人で過ごすときなどは、貧乏ゆすりなどの形でイライラした感情が表に出ます。

 

・とりまきは自分よりも下の人

先に書いた自分のとりまきは、自分の価値を上げるために自分よりも下の存在を集めます。

言ってしまえばお山の大将で、自分よりも上位の人や、才能のある人には近づこうとしません。

 

・外面が異常によい

外面、特に第一印象は良すぎるくらいに良い傾向があります。これは相手が自分よりも上か下かを測っているためであり、自分よりも上であれば媚びへつらうような態度を見せます。

 

・対等に接する友人がいない

ひとりでいる人、友達がいないという人に対してバカにする傾向があります。

しかし一方で本人はどうかというと、対等に付き合える友人はいません。

それは相手が自分よりも上か下かで判断してしまうためです。

 

もし友人関係からはじまっても親しくなるに従って、相手と支配関係を築こうとしてしまうので、友人が離れて行ってしまうのです。

 

こんな人、周りにいませんか?

こんな人間関係を築いている人はまわりにいないでしょうか?

こうした性格の人がすべてモラハラをするわけでもありませんが、その可能性が高いことは知っておきましょう。もしこうした人が職場などにいるのなら、そっと距離を置くことが得策かもしれません。

 

(Photo by:pixabay

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ハラスメントに関する記事

DV被害は身近に潜んでいる!周囲が力になろう!アダルトチルドレン(AC)に多いDV被害者の特徴と公的な支援

2006年に行われた統計によると、女性の4人に1人がDV被害を受けたことがある...

夫婦間に起こるモラルハラスメント…声を上げない、上げられない被害者の心理とは?

  モラルハラスメントというのは、家庭や職場、男女間など、人間関係がある場所なら...


結婚する前に判断したい!"恋人はモラハラをするタイプ"?5つの特徴を徹底解明!

  暴力で相手を支配しようとするのがドメスティックバイオレンスですが、これの精神...

職場でも家庭でもありうる、"モラルハラスメント"…もしかして自分もモラハラしていませんか?

言葉の暴力は見えにくい存在ですが、相手を傷つけるという意味では、体の暴力となん...

カラダノートひろば

ハラスメントの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る