カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠中の生活 >
  4. 仕事 >
  5. マタハラの問題は職場環境にある!?職場に設置されるべき、助け合いのフォロー体制とは

妊娠・出産

マタハラの問題は職場環境にある!?職場に設置されるべき、助け合いのフォロー体制とは

マタハラが起こってしまう原因はどこにあるのでしょうか?また、原因があるのだとしたら解決方法はないのでしょうか?

実際に今現在マタハラを受けている人も少なくないと思います。そのマタハラのことについて、考えてみましょう。

 

40%の人が感じる、フォロー体制の不足

妊娠出産をすると、他人からの理解不足に苦しむことがあります。

「この忙しいときに妊娠なんかしやがって」

「妊婦って言ったって病人じゃないんだから甘えないでほしい」

といった具合です。

 

それらの多くは理解不足によるものと考えられますが、もっと体制的な部分での不足が、マタハラを加速させているのも事実のようです。

 

実際に日本労働組合総連合会の調べによると、マタハラの原因として約40%の人が「フォローする社員への評価制度や人員増員などケア不足」であると挙げています。

 

妊娠出産をする人が悪いのではないにしろ、それを理由に他の同僚に仕事をフォローしてもらうことになるのは仕方がありません。ですが、そのフォロー体制が会社で確立されていなければ、当然フォローする側の不満が出て当然です。

 

フォロー体制の具体的な対策

では具体的な解決策として、どのような体制を構築する必要があるのでしょうか?

 

・ひとつの仕事をひとりが受け持たない体制

ひとつの仕事に対して一人の人が受け持ってしまうと、その人が早くに帰宅したとき、欠勤したときなどの対応が難しくなります。

そうすればその仕事だけがうまく進行しなくなりますし、会社にとっても大きな損失です。

 

そこで考えられるのが、ひとつの仕事に対して2人以上の人間が受け持つ体制の確立です。

ひとつの仕事に対して2人以上が関わっていれば、ひとりが妊娠出産で早退、帰宅などが頻繁にあっても、もうひとりの同僚が確実にフォローできます。

 

こうした体制は、妊娠出産を控える労働者だけではなく、ペアを組む双方にメリットがあります。要するに助け合いの精神で、お互いの弱い部分をフォローできるのです。

 

・フォローした者への評価体制

上記のような体制がなくても、妊娠出産をした人のフォローは他の誰かがしなければなりません。その場合、フォローした人は通常の給料の中で仕事が増えてしまうわけです。

その場合のフォロー側への評価の仕組みの有無も、非常に重要な事項と言えます。

 

フォロー体制をいかにつくれるか

誰かが体調を崩したり、病気になったりすれば、他の誰かがフォローしてあげるのは快適な職場環境をつくる上で、ごく当たり前の思いやりです。

 

むしろ、うまく仕事ができない状態の人に対して「自分のことは自分で責任を持って」と突き放してしまっては、何とも働きにくい職場になってしまうでしょう。

そしてそのフォローの体制をいかにつくるか、いかにフォローした労働者を評価するかといったところを、今後は急務として考えていく必要があるでしょう。

 

(Photo by:足成

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

仕事に関する記事

妊娠中に職場で快適に仕事をするための下着選び

 お腹が大きくなってくる妊娠4か月頃には、「なんだか下着が窮屈になってきた」...

働く妊婦さんの服装~マタニティウェアor普段の服どっち?

お腹が大きくなってくる4か月頃になると、手持ちの服ではきつくなってくる人もい...

仕事の体験談

妊娠中の仕事事情。

1人目妊娠中は、販売員をしていたためほぼ立ち仕事。 しかし吐き悪阻がひどくて裏方にわましてくれまし...

妊娠中のお仕事◇赤ちゃんを守る為に無理は禁物!

妊娠中のお仕事は無理せずゆっくりが鉄則です!会社への報告私は、海外に住んでいて、出産時には日本に帰国...

カラダノートひろば

仕事の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る