カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 着替え >
  4. 選び方・切り替えタイミング >
  5. 冬の子育て~薄着で元気いっぱい丈夫な子に育てよう~

育児・子供の病気

冬の子育て~薄着で元気いっぱい丈夫な子に育てよう~

親子で過ごす毎日はいかがでしょうか。寒くて今日は、何して過ごそう・・・なんて日もあるかもしれませんが、子どもにとって外遊びはとても大切なのです!

 

積極的に外へ出よう!

外の寒さを肌で感じて体温調節できるようになるためには、積極的に外へ出ることが大切です。ねんねの時期の赤ちゃんはベランダで外の空気に触れるだけでも十分です。

 

外出して、外の冷たい空気に触れることで、自律神経の働きがますます活発になり、粘膜も鍛えられるため、病気への抵抗力が強くなります。寒さに慣れていないと、寒さに対する抵抗力が身につかず、簡単にウィルスを侵入させてしまうことにつながるようです。

 

 

薄着で過ごそう

赤ちゃんが寒くないか心配で、ついつい厚着をさせて、モコモコぬいぐるみのように着膨れしてはいませんか?気持ちはよくわかります。でも、基本は『薄着』といいます。大人より一枚少なめで良いそうです。

 

例えて言うならば、半袖の肌着に全身をしっかりと覆うカバーオール、もしくはトレーナーとオーバーオールなどの組み合わせで十分だそうです。そうは言っても・・・と思うかもしれませんが、厚着をさせていると汗をかいて冷えてしまいます。冷えると風邪へとつながっていきます。

 

冬場でも汗をかいていないかこまめにチェックをしてください。あせもや風邪の予防をしましょう。外出時も厚手のものより薄手のものを着せた方が服と服の間に空気が入って温かいのです。温度をチェックしながら衣服で体温調節をしましょう。

 

 

冷え対策はきちんと!

薄着で過ごす中でも、冷え対策は忘れずにしてください。肌着をしっかりと着ることです。そして、背中が大きくあいた肌着は避けましょう。背中には内蔵につながるツボがたくさんあり、背中が冷えると体調を崩しやすくなります。

 

外出時には、『首』と名の付く部位を冷やさないように、手袋、レッグウォーマーなどで防寒しましょう。

 

以上となりますが、薄着にしなくちゃ・・・と、今までぬくぬく温かい服装だったのを今日から突然薄着にするのは、逆効果です。薄着にはこれらの効果があることを念頭に置きながら、一年を通して薄着での生活に慣れていくと良いでしょう。

 

冬の寒さを利用して、丈夫な体作りをしましょう! 

 

(Photo by:pixabay

 

著者: luna39さん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

選び方・切り替えタイミングに関する記事

子どもは薄着がいいのはどうして?

保育園や幼稚園では、「子どもは薄着にしましょう」というけれど、おばあちゃんに...

1歳半から2歳ごろまで&2歳から3歳のまでの服選びのポイント

1歳半から3歳の子供は日々どんどん成長していきます。そんな子供に対してどのよ...

選び方・切り替えタイミングの体験談

かわいい服をたくさん着せたい☆

私は白・黒・ストライプ・ボーダーが好きです。 服もインテリアもほとんどそうです。それに赤とピンクを...

サイズだけじゃない?子供の靴選び。

歩くことが上手になってきて、ファーストシューズを購入していざ公園デビュー! 日に日にどんどん歩ける...

カラダノートひろば

選び方・切り替えタイミングの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る