カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. おでかけ >
  4. 1~2歳 >
  5. 夏のおでかけ。紫外線対策をしっかりと!

育児・子供の病気

夏のおでかけ。紫外線対策をしっかりと!

ねんね期の赤ちゃんはそれほどまでに外に出ないかと思いますが、たっちができるようになってきた赤ちゃんは外遊びが大好きですよね。昔は、日焼けをしていると丈夫になる・・・などと言われたものですが、今は違います。正しい紫外線対策を知り、大切な我が子を守りましょう。 

 

■日焼け止めを塗ろう

水で落とせるタイプで肌への負担が少ない『弱酸性』『無着色』『無香料』のものが良いでしょう。SPF値は20くらいのもで大丈夫です。プールや海ではそれ以上のものを使いましょう。

 

買ったら、目立たないところに塗って皮膚が赤くならないかチェックしてくださいね。首の後ろ、耳の後ろが特に日焼けしやすいので気をつけてください。

 

■外出する時に気をつけるタイミング

紫外線は6.7.8月は特に強いです。また紫外線が強い時間帯は、午前10時~午後2時で、ピークは正午前後です。できればピークの時間は屋内や日陰で過ごしましょう。曇では晴れの日の80%、雨の日は晴れの日の20%の紫外線が届いています。天気が悪い日も油断できませんね。

 

また、アスファルトの照り返しも甘く見てはいけません。ベビーカーなどの日よけが小さい場合は上からバスタオルなどをかけてあげると良いですよ! 

 

■服装にも気をつけて!

帽子をかぶるのなら、つばが7cm以上のものが良いでしょう。また、今は後ろに垂れのついた帽子も売られています。日焼けしやすい首の部分に直に紫外線が当たらないのでオススメですよ。帽子は風通しの良い薄いものであれば、紫外線対策だけでなく、日射病も予防してくれるので必須アイテムです!

 

また、肌の露出も避けましょう。紫外線を吸収する濃い色の服を着ると更に効果的ですよ。

 

今は、大人だけでなく、子どもも紫外線対策が必要です。すぐに症状として現れなくても確実に蓄積されていきます。大切なお子さんを守ってあげられるのは親だけです。できることから始めましょう。

 

 

(Photo by:pixabay

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

1~2歳に関する記事

公園デビューの主役は子ども!公園デビューはいつ?何か月頃にすればいい?

  子どもの公園デビューなんて言ってしまうと大層なことのように聞こえてしまいま...

家族で旅行♪旅行先の観光地や食事だけじゃない!旅先の"ホテル"を数倍楽しむ3つのポイント

旅行をする時、旅行先の観光地や食事に関しては、事前に情報を調べ、「ここ行きたい...

1~2歳の体験談

ここは自宅ではないですよ!外出先でのおむつ替えマナー

私自身が体験した。。というか外出先で遭遇した出来事なのですが、反面教師として自分と夫の行動を考えよう...

☆子育てサークル☆ いろいろ経験できました。

ドキドキの初めてのサークル見学会を終え、待ちに待ったサークルの日がやってきました。 見学会が7...

カラダノートひろば

1~2歳の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る