カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ホームケア >
  4. 発疹 >
  5. 夏の流行する感染症とは?

育児・子供の病気

夏の流行する感染症とは?

夏は、お子さんの通う保育園や幼稚園で、毎日プールに入ることでしょう。友達と入るプールはとっても楽しくて、水が苦手だった子も平気になったり、心も体も一回り大きくなる季節ですね。

 

しかし、そんな夏にも流行性の感染症はありますよ!どれも手洗いうがいで予防できるものですが、感染症の内容を把握して症状が出たら早めに対処しましょう。

 

■プール熱(咽頭結膜熱)

プールでかかることが多いとされます。咳、くしゃみなどの他に目の粘膜からも感染します。

 

・症状

38度以上の高熱が出て、喉の痛みを生じます。結膜炎を起こし、目の充血や目やにが出たり、下痢や腹痛、嘔吐を伴うこともあるでしょう。夏場に発熱をして目が充血していたらプール熱の可能性が高いです。高熱が続くことがありますが、一週間程で症状はおさまります。

 

■ヘルパンギーナ

咳やくしゃみなどのほか、発疹や水ぶくれ、便の中のウィルスが口や鼻の中に入って感染します。空気感染か、便中ウィルスの経口感染で感染が広まっていきます。

 

・症状

38度以上の高熱が出て、口の中に水ぶくれができ、喉や口内が痛みます。喉の粘膜に水泡ができ、潰瘍ができることもあります。痛みで食べ物を飲み込みにくくなります。また、乳幼児だと、よだれが増えます。高熱が2~3日続くことがありますが、一週間程度で自然治癒します。

 

■手足口病

ヘルパンギーナと同じく、咳やくしゃみなどのほか、発疹や水ぶくれ、便の中のウィルスが口や鼻の中に入って感染します。感染経路もヘルパンギーナと同様に、空気感染か、便中ウィルスの経口感染です。

 

・症状

手のひら、足の裏、口の中などに発疹ができます。乳児はお尻にも発疹が見られることもあります。腹部には発疹は出ません。発疹はかゆみを伴うこともあり、口の中の発疹は痛みを生じ、口から水分や食事が摂れなくなることもあります。また、発症した初期に微熱が出ることもあります。

 

通常は数日で自然治癒し、一週間程度で発疹も消えます。高熱や嘔吐、頭痛の症状が出たら気をつけてください。

 

 

いかがでしたか。いずれも、すぐに登園は停止し、完治するまでしっかり休みましょう。季節によって、どんな病気が流行しやすいか把握しているだけでも親も心の準備ができると思います。

 

まずは、日々の手洗いうがいの習慣をしっかりと身につけ、元気に夏を乗り切りましょう!

 

 

(Photo by:pixabay

著者: luna39さん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

発疹に関する記事

汗かき赤ちゃんのあせもの理由と対策

  あせもとは汗のかきすぎで起きる湿疹です。赤ちゃんにはよくあせもが見られます...

要注意!乳幼児によく見られる「手足口病」とはどんな病気?

  手足口病が、ここ数年発生が増えています。重症化することもあるので、注意...

発疹の体験談

乾燥肌!?冬は特に要注意!

我が家の息子は、よく皮膚科にお世話になるのですが・・・ 乾燥肌のようです・・・ 寒くなってか...

乳児の発疹*冬にガサガサ湿疹!原因は乾燥??

冬になり、子供のお腹、背中、ひじ周りに発疹が出来ました。乾燥が原因?オイル塗っているのに、、寒くなり...

カラダノートひろば

発疹の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る