カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ホームケア >
  4. >
  5. 乾燥しやすい秋に気を付けたい病気は?秋に流行する病気の症状と予防法

育児・子供の病気

乾燥しやすい秋に気を付けたい病気は?秋に流行する病気の症状と予防法

 

空気が乾燥しやすい秋は、のどを痛めやすいですよね。お子さんも体調管理により一層注意が必要な季節です。どんな病気が流行るのでしょうか。

 

■RSウィルス感染症

RSウィルス感染症とは、RSウィルスによる急性呼吸器感染症です。1歳未満の赤ちゃんが感染すると重篤化することが多く、注意が必要な病気です。

 

一般的な症状

鼻水・咽頭痛・せき・発熱などの風邪によく似た症状。年長児ぐらいになると、軽く済むことが多いそうです。また、大人がかかっても同様に軽い症状で済むことが多いですが、お年寄りは注意が必要な病気です。

 

重篤化した時の症状

ひどいせき・喘息・ぜーぜーとしたせき・呼吸困難

生後6ヶ月未満の赤ちゃんの感染は、3割りが重篤化するので、特に注意が必要になります。また、症状によっては入院が必要になります。

 

RSウィルスの予防方法

手の消毒・除菌が効果的です!飛沫感染・接触感染で広まっていくので、子どもが使っているおもちゃを除菌したり、アルコール消毒で手の除菌、手洗いうがいが有効ですよ。

 

そして、この感染症は何度でも感染します。日頃から手洗いうがい、マスクの着用、人ごみを避ける、アルコール除菌・・・など、予防に努めましょう。

 

■マイコプラズマ肺炎

秋から冬にかけて感染者が増える病気です。乾いたせきが特徴で、一度この病気にかかると、咳が一ヶ月近く続くことがあります。

 

『肺炎マイコプラズマ』という細菌に分類される病原体が引き起こす病気で、呼吸器に感染することで発症します。多くの場合は気管支炎で済みますが、進行すると、重症肺炎や胸膜炎となるので、早めに病院へ受診しましょう。

 

初期症状

発熱・全身のだるさ・頭痛が見られます。また、潜伏期間は2~3週間あります。

 

発症して数日後に見られる症状 

たんのない、『からせき』をします。乾いたせきをするのでわかりやすいと思います。このせきが3~4週間続きます。また、年長児より上のお子さんは次第に湿性のせきとなることが多いようです。

 

『風邪がなかなか治らないなぁ』と思って病院に連れて行ったら、マイコプラズマ肺炎だったと診断を受けるお子さんも多いです。

 

マイコプラズマ肺炎の予防方法

マスクの着用・手洗い・うがいが効果的です!ただし、マスクを着用する際には、口だけでなく、鼻も覆っていることが大切です。また、手洗いは石鹸をつけて流水で洗いましょう。

 

■ 手洗いを楽しく

お子さんは、手洗いしっかりと行ってますか?手洗いの時間は一回30秒です。♪きらきら星のメロディーを歌いながら洗うとピッタリ!!親子で楽しく手洗いして、感染症、風邪を予防しちゃいましょう!

 

♪きらきら星~替え歌~♪

手のひら洗おう~ 手のこうも洗おう~ 指のあいだも おやゆび洗おう~ 手首も洗い~ きれいに流しましょう~

 

(Photo by:pixabay

 

著者: luna39さん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

咳に関する記事

室温や湿度も大切!こどもの咳を楽にするケア方法4つ

子どもが咳き込んで苦しそうにしている姿はかわいそうで、何とか楽にしてあげたい...

子どもが風邪をひいた!咳のとき処方されるさまざまな薬について

  子どもが風邪をひいたときは、特に重症でなければ薬を処方してもらい経過を観察...

咳の体験談

子供の熱を計ってみると40度!娘、初めての救急病院

つい先日の深夜、娘が初めて救急病院のお世話になりました。私には5歳の息子と2歳になる娘がいるのですが...

やっぱり手洗いは大事

我が家の取柄と言ったら、あまり病気をしないことです。 この時期になると咳や鼻水が出ることはあります...

カラダノートひろば

咳の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る