カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 保育園・施設 >
  4. 保育園・幼稚園 >
  5. 子ども・子育て新制度がスタート!?どう変わったの?

育児・子供の病気

子ども・子育て新制度がスタート!?どう変わったの?

 

かわいいお子さんと過ごす毎日はいかがでしょうか。『ずっと一緒にいたい!』『そろそろ幼稚園や保育園入園を考えてる』『入園させてお友達や先生と楽しめるだろうか』『まだ小さいけど預けて働こうかな』『たまには自分一人の時間が欲しい』悩みは人それぞれだと思います。

 

これまでは、小学校就学前の施設としては、幼稚園と保育園の二つが多く利用されてきました。平成27年4月、『子ども・子育て支援新制度』が本格スタートし始めました。全ての子どもたちが笑顔で成長し、全ての家庭が安心して子育てでき、育てる喜びを感じられるように・・・という願いの元に始まった制度です。

 

新制度で増える教育や保育の場が、どのようなものか見てみましょう。

 

■幼稚園とは

3歳~5歳を受け入れている(未満児を受け入れている園もある)

小学校以降の教育の基礎を作ってくれます。

 

利用時間・・・昼すぎ頃までの教育時間のほかに、園により教育時間前後(早朝保育、延長保育)や預かり保育などを実施している。

利用できる保護者・・・どなたでもOK。制限なく利用できる。

 

■保育所とは

0歳~5歳を受け入れている

就労などのために家庭で保育のできない保護者に変わって、子どもを預かり保育してくれる施設です。

 

利用時間・・・夕方までの保育、園によって時間違うが延長保育も実施している。

利用できる保護者・・・共働き世帯などの家庭で保育のできない保護者。

 

■認定こども園とは

0歳~5歳を受け入れている

平成18年から導入された、幼稚園と保育所の機能や特徴を合わせ持った、地域の子育て支援も行う施設です。また、新制度では、新たな設置、認可手続きの簡素化などを行い、更に普及を図っていってくれるそうです。

 

利用できる保護者・・・保護者の働いている状況に関わらず、どのお子さんも教育、保育を一緒に受けられます。保護者が働かなくなったなど、就労状況が変わった場合も通い慣れた園を継続利用できます。子育て支援の場が用意されているので、園に通っていない子どもの家庭も子育て相談などに参加できます。

 

■地域型保育とは

0歳~2歳を受け入れている

施設は原則20人以上と規定がありますが、それよりも少人数のtん煎で、0~2歳の子どもを預かる事業です。新制度では、新たに市町村の認可事業となるので、待機児童の多い0~2歳児を預かることのできる事業を増やしたり、地域の様々な状況に合わせて保育の場を確保してくれます。

 

家庭的保育(保育ママ)・・・家庭的な雰囲気の元で、定員5人以下の少人数を対象にきめ細かな保育を行います。

 

小規模保育・・・定員6~19人の少人数を対象に、家庭的保育に近い雰囲気の元、きめ細かな保育を行います。

 

事業所内保育・・・会社の事業所の保育施設です。従業員の子どもだけでなく、地域の子どもを一緒に保育します。

 

居宅訪問型保育・・・障害や疾患などで個別のケアが必要な場合や、施設が亡くなった地域で保育を維持する必要がある場合などに、保護者の自宅で1対1で保育をします。

 

■利用にかかる保育料は?

新制度の様々な支援にかかる保育料の額は、現行の負担水準や保護者の所得に応じて国が今後定める基準を上限として、市町村が地域の実際の状況に応じて定めることになるそうです。つまり、利用しやすくなるそうです!

 

契約・支払い先は、利用する施設によって異なります

認定こども園・幼稚園・公立保育所・地域型保育を利用・・・施設や事業者と契約して、保育料を施設や事業者へ支払います。(公立保育所の場合は市町村へ支払います)

 

私立保育所を利用・・・市町村と契約し、保育料を市町村へ支払います。

 

以前は、幼稚園は、園ごとに定められた保育料を支払っていたため、保育園より高い場合もあったかもしれません。また、同じくらいの保育料でも、園ごとの教育方針や特色、給食の有無など様々な違いがあります。

 

2015年4月からスタートしてくれた制度によって、親は預けやすくなりますよね。子どもを入園させて働くべきか、どこに入所させたいか迷っている人は早めに情報収集し、親子で安心して通える施設・事業を見つけましょう。

 

 

(Photo by:pixabay

著者: luna39さん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

保育園・幼稚園に関する記事

お友達から傷をつけられた!?保育園で怪我をしてしまった時の冷静な対応

初めての集団生活である保育園。幼いお子さんたちは、まだ言葉で伝えることができず...

いつから活動するのがベスト?保育園入所までのスケジュールと選び方について

子供をいつから保育園に預けるべきか?という問題について、専門家の意見では『3...

保育園・幼稚園の体験談

想像より数万倍は大変!!甘く見ちゃいけない保活

9月生まれのわが子。保育園は1歳半になる再来年の4月でもいいかな~?やっぱり1歳までは自分でみたいよ...

産休明けで保育園入所するためにやっておくこと

出産前から情報収集と区役所へのアピール長男妊娠時は正社員だったので出産後にはすぐ復職が決まってました...

カラダノートひろば

保育園・幼稚園の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る