カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 高血圧 >
  4. 記録・管理 >
  5. 血圧の測定値は低くても高くても偽りは禁物!ありのままを記録しよう!

生活習慣病

血圧の測定値は低くても高くても偽りは禁物!ありのままを記録しよう!

血圧が気になる方、血圧の疾患をお持ちの方は、毎日自分で血圧を測定し、記録をしている方も多いと思います。

 

毎日の測定の中で、少しでも良い値を記録したいと思い、計り直したことはありませんか?その悪意のない小さな嘘が大きなリスクを招くかもしれません。

 

偽りの記録にメリット無し

人間は様々な場面で心理的に「良く見せたい」と思う気持ちが優先してしまうことがあります。血圧についても例外ではありません。しかし血圧値の記録は、良く見せたところで何もメリットがありません。むしろ、測定記録を偽ることで、デメリットがある場合が多いと言えます。

 

偽りの記録で起こるデメリット

本来、家庭血圧には以下のような目的があります。

 

・リラックスした環境で計ることで、より正確な血圧値が測定できる。

・自分で測定し記録することで、自分も体調などの目安にすることができる。

・白衣高血圧、早朝高血圧、仮面高血圧などを見つけやすくなる。

 

記録を偽ることで、本来の目的は失われ、見つかるべき異常が見落とされることにつながります。

 

こういう測定はNG!

知らぬ間にやっているかもしれないNG測定方法をおさらいしておきましょう!

 

・測定する時間が毎日異なる

 多少のずれは問題ないですが、毎日の測定時間を揃えることで、正確な血圧値の把握ができるようになります。

 

・測定する身体の部位が毎回異なる

 測定する身体の場所を変えることで血圧が変動する場合があります。やむを得ず測定場所を変える時は、そのことも記録しておきましょう。

 

・測定する姿勢が一定では無い

 心臓の高さが目安にしますが、座る、立つ、寝転ぶなど姿勢によっても血圧が変動する場合があるため、毎回同じ姿勢を意識しましょう。

 

・動作のすぐ後に測定する

 トイレ、入浴、階段、歩行直後などは血圧が上がっている場合があります。動作の後は一呼吸置き、落ち着いてから計るようにしましょう。

 

・何度も測定しなおす

 家庭血圧は原則毎回2回測定し、その平均を記録することが推奨されています。思わしくない値だからといって、何度も測定し直すのはやめましょう。

 

アプリで血圧管理をサポート

より正確な家庭血圧の記録は毎日決まった時間の計測から。つい忘れてしまうという方は、アプリを利用するというのも一つの方法です。アラーム時間を設定しておけば、毎日決まった時間にお知らせが来るので計り忘れや時間のばらつきも解決!

数値を記録するだけでグラフも自動的に作成されるので、数値の変化がわかりやすくなります。

 

 

DLはこちらから

血圧ノート- 血圧変化をスマホで記録!グラフ化も簡単-

 

血圧はとてもデリケートな数値です。なるべく毎日の測定条件を揃え、正直に正確な値を記録するように心がけたいですね。

(Photo by:pixabay

著者: whotanさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

記録・管理に関する記事

気になる高血圧改善の目標数値!年齢ごとに異なる高血圧の降圧目標数値について

高血圧と診断されたら、治療を受けたり生活改善を行いながら改善に取り組んでいく...

毎日測る朝の血圧…朝に血圧を測るとこんなデメリットが!?あなたは大丈夫?

家庭血圧で朝、血圧を測ることはとても重要です。高血圧気味で医師から指導されてい...


家庭の血圧測定は1日2回が常識!いつ測定するのがベスト?!

家庭用血圧計が広まり、治療の一環としても家庭血圧が参考にされているため、毎日家...

朝の血圧が高いなら、薬の処方が変わるかも…朝の血圧に注目してみましょう

高血圧は、血管がつまって起こる脳卒中や心筋梗塞など、重篤な症状のリスクを引き上...

カラダノートひろば

記録・管理の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る