カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 予防 >
  5. 食生活 >
  6. 1日1杯以上のコーヒー摂取で2型糖尿病発症リスクが17%減少する?!

生活習慣病

1日1杯以上のコーヒー摂取で2型糖尿病発症リスクが17%減少する?!

近年、メディアでよく取り上げられるようになった糖尿病の予防・改善法に『継続的なコーヒーの摂取』があります。東京医科大学の小田原医師によると、コーヒーに多く含まれる『クロロゲン酸』は、血液中の糖分を分解するインスリンの働きを活性化させる作用があり、それによって糖尿病を予防出来ると述べられています。2005年にハーバード大学が発表した研究結果では、1日にコーヒーを一定以上飲む人は糖尿病罹患率が女性で30%、男性で50%減少すると報告されています。しかし、過去に行われた臨床試験では、実施期間が数週間の場合が多く、結果が信憑性に欠けるという指摘がありましたが、今回社団法人全日本コーヒー協会による調査報告では、約4ヶ月(16週間)に及ぶ調査が行われました。以下では、その詳細について見て行きたいと思います。

 

コーヒーに含まれる『クロロゲン酸』が脳に作用し、血糖値を低下させる?

これまで、コーヒーに含まれるポリフェノールの一種『クロロゲン酸』がどのような機序で血糖値低下に関わっているのかは不明とされていましたが、名古屋市立大大学院の岡嶋研二教授らと飲料メーカー伊藤園の共同研究により、クロロゲン酸が知覚神経を通じて脳に作用し、『インスリン様成長因子−1(IGF−1:糖尿病の抑制効果のあるタンパク質)』を生成促進することによるという発表を行いました。また、クロロゲン酸の脳への作用は、認知症の予防に有効であることも報告されています。

 

血糖値を下げるのは、『アメリカンコーヒーを継続的に』飲むこと?

国内外のコーヒーと血糖値に関する研究では、以下が報告されています。

 

■1日5杯のコーヒー摂取で、負荷後2時間血糖値が平均13.1%低下(社団法人全日本コーヒー協会)

 

【対象】BMI25~30、境界型~糖尿病(空腹時血糖値が100~140mg/dL)のコーヒー摂取習慣のない43人の中年男性

【試験内容】対象者を3群に分け(1)普通のインスタントコーヒー、2)デカフェコーヒー、3)水のいずれか)、1日に5杯ずつ(砂糖・ミルクは入れない)、16週間にわたって摂取してもらう。

【結果】飲用8週間では効果は見られず、16週間後では変化が表れた。それぞれの詳細は以下の結果となった。

 

・普通のコーヒーとデカフェコーヒー摂取群:負荷後2時間血糖値が平均13.1%低下した。

・水摂取群:負荷後2時間血糖値が増加した(元々の耐糖能異常による)

 

また、より効果を高めるためには『焙煎し過ぎない(=クロロゲン酸は熱に弱い)アメリカンを適度に飲むのが効果的』であると述べられています。

 

■1日1杯以上、4年間のコーヒー摂取で、糖尿病発症リスクが11%低下(米ハーバード公衆衛生大学院栄養学部の研究グループ)

 

【試験内容】166万人を対象としたコーヒー摂取による4年間の追跡調査

【結果】4年間でコーヒー摂取量を1日1杯以上増やした例では、その後4年間の2型糖尿病の発症リスクが11%低かった。

 

コーヒーを飲む量を1日1杯以上減らした被験者は、2型糖尿病の発症リスクが17%高かった。

 

最後に

上記のように、コーヒーの継続摂取によって糖尿病の予防・改善効果があることが分かりましたが、一方で重要であるのはその摂取量です。2013年の米サウスカロライナ大学による研究では、55才未満で1日平均4杯以上飲む人は、死亡率が男性で1.5倍、女性で2.1倍まで上昇すると報告されています。可能な限り、1日3杯までに留めておきたいところです。

 

(photoby:pixabay

著者: あせちるこりんさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

食生活に関する記事

糖尿病予防に効果的なミネラル「クロム」あなたの食事には足りてる?

  糖尿病予備軍の人は「クロム」というミネラルを知っていますか? ミネラルが...

『人工甘味料』摂取は糖尿病発症に繋がる?!その論文の真偽とは

近年、イギリスの科学誌『ネイチャー』に、人工甘味料の摂取が糖尿病発症に繋がる可...


糖尿病予防に!効果抜群な甘いものの止め方

  糖尿病予防といえばやはり甘いものの摂取を見直すのが一番です。ケーキやお菓子...

「桑の葉茶」の食後血糖値への効果とは?

血糖値の低下作用が報告されている健康食品は数多くありますが、その中でも「桑の...

カラダノートひろば

食生活の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る