カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 高血圧 >
  4. 記録・管理 >
  5. 血圧の値、正確に記録していますか?数字のごまかしは自分に返ってきます!

生活習慣病

血圧の値、正確に記録していますか?数字のごまかしは自分に返ってきます!

日々血圧の測定を習慣にしているという方は、毎日の血圧の値に一喜一憂しているのではないでしょうか?

はっきりと数字で表れる分、「今日は低かった」「今日は高かった」など、自分の中で良い悪いがはっきりと感じられてしまいます。

 

数字、ごまかしていませんか?

最近の傾向として、家庭で測定している血圧が治療において重視されることがあります。

血圧は緊張などによっても変動してしまうものなので、できるだけ「普通」の状態の血圧を参考に治療の方針を決めていこうという考えです。

 

そのため、医師に指示されて日々の血圧を記録しているという方も少なくないでしょう。その際に問題になるのが、「数字のごまかし」です。

 

なぜ数字をごまかす?

血圧の高い低いは、冒頭にも書いたように、良い悪いがはっきりと感じられます。

患者さんの中で働く気持ちとしては、

 

血圧がよい

→医師の指示を守っている・努力している・自慢できる生活をしている

 

血圧が悪い

→医師の言うことを聞いていない・努力を怠っている・自慢できる生活をしていない

 

と、自分のメンツに関わるような気持ちを持ってしまうことが一端にあります。

誰にでも多かれ少なかれあることですが、自分を良く見せたいですし、見栄を張りたいという気持ちが、数字をごまかすというところにつながってしまうのです。

 

もちろん、ごまかすのはよくありません

ごまかした数字を、医師が治療を進める上での判断材料にしてしまったらどうなるでしょうか?

ごまかした数字で治療を進めるということは、患者さん本人ではない、まったく別の人の状態で治療を進められてしまうということです。

当然それは、その患者さんに適した方法ではありませんし、本来体が必要としている治療を受けられなくなります。

 

嘘をつく人は多い、でももちろんダメ

病院検索や医療情報のサイトを運営する株式会社QLifeによる調査があります。それによると約3割の患者さんが医師に嘘をついた経験があるということです。

比率としては女性の方が多く、30代~50代に多く見られるそうです。

この結果は血圧のごまかしに限ったものではありませんが、意外に多くの人が医師に対して嘘をついているようです。

 

しかし血圧の数字というのは、健康管理において非常に大きな意味をもつもののひとつです。

その些細な叫びを殺してしまうことで後になって大きく後悔するということもあります。ついた嘘はいずれ他の形になってばれるものです。

その報いを受けるのは自分の健康ですから、メンツやプライドの前に、自分の体を優先してあげましょう。

 

アプリを使えば面倒な血圧記録も簡単!

血圧はとてもデリケートな数値。正直に正確な値を記録するように心がけたいですね。血圧記録を毎日継続するためにはスマホアプリがおススメです。

血圧値を記録するだけで、自動でグラフ化、朝晩ごとの数値はもちろん、平均値などもすぐに確認できます。この機会に始めてみませんか?

 

 

DLはこちらから

血圧ノート- 血圧変化をスマホで記録!グラフ化も簡単-

 

血圧はとてもデリケートな数値です。なるべく毎日の測定条件を揃え、正直に正確な値を記録するように心がけたいですね。

 

(Photo by:pixabay、著者 )

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

記録・管理に関する記事

朝の血圧が高いなら、薬の処方が変わるかも…朝の血圧に注目してみましょう

高血圧は、血管がつまって起こる脳卒中や心筋梗塞など、重篤な症状のリスクを引き上...

毎日測る朝の血圧…朝に血圧を測るとこんなデメリットが!?あなたは大丈夫?

家庭血圧で朝、血圧を測ることはとても重要です。高血圧気味で医師から指導されてい...


血圧の日内変動を知るのはどんなメリットがある?医師と患者、双方のメリットとは

  血圧というのは、心臓が血液を押し出すときの圧力のことです。 心臓は今こうして...

血圧アプリを使用して便利な事!血圧記録のグラフが自動的に作成できる!

「血圧ノート使用体験談」でお寄せ頂いた体験談を紹介していきます。50代女性の...

カラダノートひろば

記録・管理の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る