カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 原因 >
  5. 睡眠障害の治療が『早朝高血圧/2型糖尿病』の改善に繋がる?!糖尿病の原因

生活習慣病

睡眠障害の治療が『早朝高血圧/2型糖尿病』の改善に繋がる?!糖尿病の原因

近年の大阪市立大学の研究で、『糖尿病の血糖コントロールが悪化することで睡眠障害が引き起こされ、それに伴って早朝高血圧が生じ、糖尿病心血管障害に繋がる』ことが報告されました。従来から熟睡で得られる『レム睡眠』による身体への影響は、副交感神経を優位にさせ、高血圧を防ぐことでも知られていますが、それに付随する糖尿病をも防ぐ可能性が示唆された形となります。『睡眠障害を改善することが、糖尿病改善に繋がる』ことが予想されます。以下では、その詳細について見て行きたいと思います。

 

睡眠障害と2型糖尿病の関係とは?

以前から、糖尿病患者は(肥満に伴う閉塞性睡眠時無呼吸症候群などの原因を除いた場合でも)一般に比べて約2倍の不眠が見られることや、また逆に睡眠時間が短くなると糖尿病の罹患率が上昇することも報告されており、『睡眠障害と糖尿病』の関連が強く示唆されていましたが、その因果関係は不明とされていました。

 

<レム睡眠時の最も深い眠りが、副交感神経活動の高まりによって、血糖コントロールを改善することが判明>

 

レム睡眠の中でも『徐波睡眠』と呼ばれる最も深い眠りのピーク時は、身体への効果も大きく、脳の休息という役割以外にも交感神経活動の低下・副交感神経活動の上昇を起こさせ、それに伴って夜間の血圧低下や血糖コントロールの改善も生じるといわれています。

 

『睡眠障害の治療⇒糖尿病の改善に繋がる』ことが示唆された

米PLOS ONE誌への掲載で、2型糖尿病と睡眠障害の関連について以下の内容が報告されています。

 

■2型糖尿病と睡眠障害に関する調査(米PLOS ONE誌

 

【対象】63名の2型糖尿病患者

【調査内容】対象者に脳波計を装着し、精密な睡眠の質判定を実施した。

【結果】以下の内容が報告された。

 

・血糖コントロール指標であるHbA1cの増悪につれて、レム睡眠(深睡眠)潜時が短縮した。

・血糖コントロール増悪により深睡眠の徐波睡眠相が減少した。

・深睡眠の障害が動脈硬化進展につながる可能性も示唆された。

 

最後に

これらの結果を受けて、研究グループは現在、睡眠障害に有効とされるオレキシン阻害薬を用いることで睡眠障害を改善させ、糖尿病改善にどれほどの効果が得られるのかについての解析を行っているということです。今後の動向に注目したいところです。

 

(参考ウェブページ:六号通り診療所所長のブログ)

 

(photoby:pixabay

著者: あせちるこりんさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

原因に関する記事

糖尿病にはどんな種類があるの?基礎知識を身につけよう!

現在、糖尿病やその予備軍は非常に多く、国民の5人に1人は糖尿病だといわれてい...

原因不明の疾患、Ⅰ型糖尿病…どうやって発覚するの?その特徴、治療とは?

Ⅰ型糖尿病は原因不明の疾患で、インスリン分泌障害の進行が進み最終的に体内で作...


母体と胎児が危ない! 妊娠中に起こる糖尿病とは?

  妊娠中に血糖値が上がるケースもあります。 糖尿病には至っていない糖代...

どれくらいの確率?糖尿病と遺伝について

糖尿病家系、という言葉を聞いたことがある方も多いかもしれません。 糖尿病を...

カラダノートひろば

原因の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る