カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ママの悩み >
  4. 育児 >
  5. 育児のコツ >
  6. 「コラ!」その叱り方でいいの?知っていてほしい「叱り方のコツ」

育児・子供の病気

「コラ!」その叱り方でいいの?知っていてほしい「叱り方のコツ」

 

お子さんを叱るとき、どんな風に叱っていますか?

ついつい、感情的に大声を張り上げたりしていませんか?

なかなか伝わらないし、どう伝えて良いか戸惑ってしまうことってたくさんあると思います。

今回は、叱り方のコツをお伝えします。

 

■『コラ!』では伝わらない

子どもの目を見て、冷静に伝えて

咄嗟に、『コラ!』という言葉になってしまうこともあるでしょう。

でも、それでは伝わりません。一時的に効果はあるのかもしれませんが、何も伝わっていないのです

 

むしろ大きな声を張り上げることそのものが、暴力になってしまいます。大きな声で叱ればその場ではやめるかもしれません。

しかし、それはあなたの伝えたいことを理解できたからやめるのではなく、怖いからやめるだけです。

 

お子さんを恐怖心でいつもビクビクした子に育てたいですか?

きっとそんな人はいないと思います。まずは、お子さんの目を見て、落ち着いた口調で伝えましょう。

大きな声を出したり、感情的に伝えるのは”怒っているだけ”それは教育ではありません。

怒りの感情を込めて伝えると、お子さんは『自分は愛されていないんだ。嫌われているんだ。』と感じてしまうのです。

 

■なぜいけないのか、理由の伝え方

『コラ!』『ダメでしょ!』『何やってるの!!』と、つい感情的に伝えてしまうことはあると思います。

でも、理由を伝えなければお子さんは繰り返してしまうのです。

 

根気よく伝える

してはいけない理由をきちんと説明してあげること、そして粘り強く教えていくことが躾であり、教育です。

なぜ、いけなかったのか、どうすればよかったのかをお子さんに分かる言葉で教えてあげましょう。

 

ただ、一度言ったから伝わるかというとそうではありません。繰り返し、根気強く伝えることが大切です。

また、『どうしてダメか自分で考えなさい!』は、ただの親の手抜きになってしまいます。

もし、お子さんに考えさせたいのならば、また、繰り返し伝えている内容だったとしたら、一緒に考えてみましょう。

お子さんに任せきりにするのではなく、一緒に考える、繰り返し伝えることが必要ですよ。

 

自分の気持ちを伝えられる年齢ならば、お子さんの思いも聞いてあげてください。

一方的に正しいことだけ伝えるのではなく、お子さんがどうしてそうしようとしたのか、どうしたかったのかを聞いてあげて、その上で、『でもこういう理由でいけないんだよ』と伝えると納得できるでしょう。

 

時間が経ってから掘り返さない

時間が経ってから叱っても意味がありません。その場で教えてあげてください。

それから、保育園や学校などで友達とケンカをしたことなど、先生から聞いた場合も同じです。

たいていの場合は、その場で先生が叱ってくださっているはずです。

先生は親へ報告をしているだけなので『今日○○したんだって?』と問い詰めたりすることは絶対にやめましょう。

 

■できれば二人きりで話す

人前で叱らない。

兄弟の前で叱られる、大勢の前で叱られる・・・というのは、お子さんの自尊心を傷つけてしまいます。

いつも、いつでも二人きりで話すわけにはいかないかもしれませんが、意識してみてください。

 

自尊心を傷つけられることが続くと、お子さんは自分の存在自体を大切にできなくなってしまうのです。

 

■望ましい行動を褒める!

ちょっと難しいかもしれませんが、やめて欲しいことを注意していくことより、望ましい行動をしたときに褒めることのほうが効果的です。

『どう褒めて良いかわからない・・・』というときは、そのままの行動を言葉にするだけで良いのです。『椅子に座ってごはん食べてるね~』『すごいね』『おもちゃを片付けられたんだね!』など、お子さんが望ましい行動したとき、その場ですぐに褒めてあげてください。

 

プラスの言葉を出すことで自分自身も前向きな気持ちになりますし、お子さん自身も褒められて嬉しいから進んでやるようになりますよ。

 

いかがでしたか。お子さんを叱るとき、是非、実践してみてください。どんなに小さくても、一人の大切な存在です。

お子さんの思いを汲み取りながら、根気強く伝えていきましょう。

 

 

 

(Photo by:pixabay

 

著者: luna39さん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

育児のコツに関する記事

授乳クッションは必要?メリットとデメリットを比較!後悔しないための選び方やおすすめも紹介!

授乳するときにママの負担を軽減してくれる授乳クッション。 使っているママは...

食べこぼし、食べ歩き、食事中に遊ぶ…大人しく食べられない子どもへの対処法3選

ご飯の時間になると、「早くご飯作って・お腹すいた」などと言うわりには、いざテー...

育児のコツの体験談

生後10日目ごろ・・・反り繰り返りが気になる

入院時から気になっていましたが、息子は私が抱くと、身をよじって落ちそうになりました。それはだんだん派...

子育てに向いてないと思うママがちょっとラクになった言葉

私は子育てに向いてない性格だとつくづく思います。 というのも、いまの悩みが、 ※在宅で仕事してて...

カラダノートひろば

育児のコツの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る