カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. トイレトレーニング >
  4. 子どもにトイレ・トレーニングを楽しませよう!トイレ空間を楽しくモデルチェンジで上手にトレーニングを♪

育児・子供の病気

子どもにトイレ・トレーニングを楽しませよう!トイレ空間を楽しくモデルチェンジで上手にトレーニングを♪

 

子育ては苦労と喜びの連続ですよね。かわいい赤ちゃんも日々成長しています。まわりの大人も、子どもの成長に合わせて上手に介助していかなければなりません。

「トイレ・トレーニング」は子育てにおける比較的早い段階での大きなステップと言えるでしょう。

 

トイレは楽しくをモットーに

子どもの成長過程で必ずおとずれるトイレ・トレーニング。

「どうやって始めればいいの?」「子どもが嫌がったらどうしよう」などと不安に感じる方も多いでしょう。

 

そんな時に常に心に留めておくべきは、「トイレは楽しく」ということです。

子どもにとって「初めての○○」は常に緊張するもので、不安だったり嫌がったりするのは当然です。

そんな時にまわりにいる大人が不安な表情をすると、子どもは敏感に察知します。

自分にとって最も頼れるべき人が嫌な表情を見せれば「トイレ=怖い場所、嫌な場所」という感覚をもってしまうでしょう。

 

 そこで大切なのが「トイレは楽しく」というキーワードです。

子どもにとってトイレは楽しい場所であって、けっして怖い場所ではない、という気持ちにさせることが重要なのです。

 

トイレ空間を楽しくモデルチェンジ

 さて、子どもにとって「楽しい場所」とはどういった場所なのでしょうか?

あたり前のことですが、子どもは自分の遊び部屋や、自分の大好きなものに囲まれた空間を好みます。

だからトイレも楽しい場所にしてあげればいいのです。

 

例えば、トイレの壁や入り口に子どもの大好きなキャラクターや動物のポスターを貼ったり、ぬいぐるみを置いてみるのもいいでしょう。トイレを子どもにとってワクワクする空間にモデルチェンジすればいいのです。

 

子どもはどんなおもちゃが喜ぶか、どんな服を着せたらかわいいか、を考える時と同様にポジティブ思考で「楽しいトイレ」づくりを始めてみてはいかがでしょうか。

 

子どもと一緒に楽しいトイレグッズを買いにいくのもいいでしょう。一緒に選んだり買ったりした物がトイレにあれば子どもは喜ぶこと間違いなし!

子どもがトイレを見て笑ったり、楽しそうな表情を見せれば、トイレ・トレーニングのスタートとしては十分でしょう。

 

最初のトイレ・トレーニングは気持ちから!

「トイレ・トレーニング」というと、トイレに座って…おしっこができて…というイメージがあるかもしれませんが、それはもう少し先のこと。

トイレに行く、行ける、がトイレ・トレーニングの第1歩です。

 

 

そのためにもまずは「トイレは楽しく」の気持ちを持つことが大切です。そして、楽しいトイレ環境づくりから始めてみましょう。

 (Photo by:pixabay )

著者: zereさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

トイレトレーニングに関する記事

トイレトレーニングのために!トイトレグッズ選びは子どもの気持ちになって考えよう

 「そろそろ、子どものトイレ・トレーニングを始めたい…」 ですが、いざトイレ・ト...

むやみにしからないで!夜のトイレ・トレーニングを上手にすすめるポイントまとめ

昼間のトイレ・トレーニングが順調にすすみだすと「今度は夜もおむつがはずれるよう...

トイレトレーニングの体験談

トイレトレーニングまずは雰囲気作りから!

トイレトレーニングをよくすすめるのに良い方法は、トイレがまずは楽しいところだと思ってもらえることが大...

トイレトレーニングの道のり!先は長い...。

息子のトイレトレーニングを始めたのは1歳8か月頃からでした。トイレトレーニング開始補助便座にしようか...

カラダノートひろば

トイレトレーニングの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る