カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 便秘 >
  4. >
  5. 便の水分を増やし腸管保護作用もある?!32年ぶりの便秘症新薬『アミティーザ』

女性のカラダの悩み

便の水分を増やし腸管保護作用もある?!32年ぶりの便秘症新薬『アミティーザ』

慢性便秘症の治療薬である『アミティーザ』は32年ぶりに発売された新薬で、従来薬よりも少ない副作用と、腸液分泌が促されることによる腸管粘膜のバリア機能や組織の修復作用もあると言われており、非常に期待が持たれています。また臨床試験では、6~7割の患者さんに24時間以内の排便が見られたとの報告があることから、便秘薬としての高い治療効果を持っていると考えられています。以下では、その詳細について見て行きたいと思います。

 

『アミティーザ』は、既存薬『酸化マグネシウム剤』の欠点を取り除いたもの? 

アミティーザは慢性便秘症(排便回数の減少と排便困難の状態が6カ月以上持続する)の治療薬に分類される薬ですが、その作用機序は『浸透圧によって大腸内の水分量を増やし、便の水分量も増やす』というものです。この機序は、既存薬の酸化マグネシウム剤と類似しているといわれますが、2剤の大きな違いは『高マグネシウム血症の副作用』の有無にあります。酸化マグネシウムは腎臓機能の低下した高齢患者さんなどではマグネシウムが上手く排泄できず、高マグネシウム血症になる可能性があり、実際に死亡事故になった例も報告されています。その点、アミティーザはこの副作用が生じないという利点があります。

 

<アミティーザの作用機序>

アミティーザは、プロスタグランジンという生体内にある生理活性物質の分解産物である、プロストンの化合物で、小腸の粘膜上皮にあるクロールイオンの出入りを調節する、クロライドチャネルを活性化させる作用があります。クロライドチャネルが開くと、それにより生じた浸透圧差により、水が腸管の中へと移動します。これにより結果として大腸に流れる水分量が増え、便がより多く水分を含むことにより、便秘を改善する効果があると考えられます。

 

<アミティーザの副作用>

ただ、アミティーザにも副作用はあり、下痢(30%)、悪心(23%)などの消化器症状が確認されています。

 

<臨床試験の成績>

製薬会社による臨床試験では、24時間以内に約60~75%の患者さんで自発的な糞便が認められています。

 

<アミティーザの薬価>

アミティーザの薬価は、1錠あたり161.1円です。1日2回服用なので、1日分として320円程度です。

(※健康保険の適応では、1日100円程度。)

 

マウス実験では、アミティーザで腎機能障害が改善された

マウスの実験では、アミティーザの投与で、以下のような腸内細菌正常化や腎機能障害の改善が報告されています。

 

■アミティーザによる慢性腎臓病進行の抑制効果に関するマウス実験(Journal of the American Society of Nephrology誌:2014年)

 

【対象】腎機能障害を生じたマウス

【実験方法】マウスを3群(アミティーザ通常量投与/少量投与/他剤)にわけて12日間投与し、腎・腸管の状態、尿毒症物質、腸内細菌叢を比較検証する。

【結果】以下の結果となった。

・アミティーザ通常量投与群は、腸管の粘液量増加とともに排便状態が改善した。

・腸内善玉菌が増加、血中の尿毒症性物質が低下した。

・腎臓の線維化や炎症が改善した。

・血中の尿素窒素の数値も低下した。

 

⇒アミティーザのの短期間の使用により、腎機能障害自体が改善された(腸内細菌叢の正常化と、尿毒症性物質の産生減少により)。

 

最後に

このように、従来の高マグネシウム血症という副作用がなく、高い排便効果が確認されていることから治療薬としての期待が持てそうですが、付随効果である『腸内善玉菌の増加や腎機能障害改善』に関しては、まだマウス実験の段階でありヒトへの同様の効果を期待して投与するのは時期早朝であるようです。画期的な良い治療薬という評価もあることから、今後の動向に注目したいところです。

 

(参考ウェブページ:六号通り診療所所長のブログ、帝塚山クリニック)

 

(photoby:pixabay

著者: あせちるこりんさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

薬に関する記事

便秘薬が便秘の原因になる!?

  便秘薬を使うことは決して悪いことではありません。あまりにも便秘がひどいのであ...

タイプによっては突然下痢になることも?便秘のタイプ別薬選び 初めての便秘薬は何がおすすめ?

市販の便秘薬は、どれも同じような効能を持っているものばかりではありません。自分...

カラダノートひろば

薬の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る