カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 全身 >
  4. 膠原病 >
  5. 自己免疫疾患への『酪酸菌と高食物繊維の投与』が炎症抑制に繋がる可能性? 理研の研究より

気になる病気・症状

自己免疫疾患への『酪酸菌と高食物繊維の投与』が炎症抑制に繋がる可能性? 理研の研究より

近年、自己免疫疾患の発症機序の解明や症状の抑制方法に関する研究が進んでいます。理化学研究所による研究もそのひとつで、2013年には『腸内細菌のひとつであるクロストリジウム菌(酪酸菌など)に由来する酪酸が、免疫寛容を生じさせる制御性T細胞(Treg細胞)を増加』させ、マウスの大腸炎を抑制することが確認されました。

 

また、ヒトへの効果に関しても、潰瘍性大腸炎や掌蹠膿疱症疾患が改善した例も報告されていることから、ある程度の自己免疫疾患の抑制に有効ではないかと推測されます。

 

腸内細菌由来の酪酸を増加させる方法として挙げられているのが『酪酸菌の投与』『高食物繊維の摂取』ですが、具体的にどのような製剤・食材を経由すればよいのでしょうか?

20~30gもの高食物繊維が、さらに制御性T細胞を増加させる?


クロストリジウム菌は腸内で『酪酸』を作り、これが生まれたてのT細胞(ナイーブT細胞)から制御性T細胞への分化過程に関わる現象=『エピジェネティクス制御』を促進させる効果を持っていると考えられています。

この酪酸は、食品から直接摂取することが難しいため、『ミヤBM錠』などの生菌製剤で補うことになります。

また、この機構を促進させる働きのある食物繊維は、一般的な食物繊維の摂取量は『12~18g』程度ですが、高食物繊維はさらに多く『20~35g』程度の量が必要になるとされています。

<食物繊維の種類>

・でんぷん性食物繊維【レジスタントスターチ】
・非でんぷん質食物繊維【アボカド・オクラ・きのこ類・海藻類・こんにゃく・やまいも・ごぼう・納豆】
・その他【オリゴ糖・糖アルコールなど】

 

マウスによる実験では、大腸の酪酸増加がTreg細胞を2倍に増加させた

理研による、マウス実験では、大腸の酪酸濃度を高めることで、制御性T細胞が2倍に増加されることが確認されています。

 

■酪酸投与で制御性T細胞の分化誘導が生じたという実験(理化学研究所による)

【実験内容】短鎖脂肪酸(酢酸・プロピオン酸・酪酸など)を未熟なT細胞の培養液に添加し、制御性T細胞への分化誘導活性を調べた。

 

【結果】酪酸に顕著な誘導活性が認められた。

 

■マウスへの酪酸化でんぷん投与で、Treg細胞が2倍になったという実験(理化学研究所による)

【実験内容】酪酸化でんぷん(大腸の酪酸濃度を高める効果がある)を離乳したばかりのマウスに食べさせた。

 

【結果】食べていないマウスに比べて、大腸の制御性T細胞の割合が約2倍に増加した。また、大腸炎の症状が抑制された。

 

最後に


ただ、酪酸大量摂取に関する安全性はまだ確認されていないことから、治療薬として使用する場合は医師によく相談されることが重要です。 

 

(photoby:pixabay

著者: あせちるこりんさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

膠原病に関する記事

自宅でも血球数を自己測定できる!その必要な器具と手順について

シェーグレン症候群は、乾燥症状・慢性疲労・関節痛を中心とした自己免疫疾患です...

『鍼灸刺激』によって免疫寛容は起こせる?!自己免疫疾患の動物実験結果について

近年、自己免疫疾患の発症に関与する重要なサイトカインとして『IL-17』の存在...


シェーグレン症候群と妊娠・出産

ドライアイや口内の乾燥、皮膚乾燥など、全身の乾燥が起こるシェーグレン症候群。 ...

弱いステロイドのような効果?「ジインドリルメタン(DIM)」とは

抗炎症剤の中でも最も強力に炎症を抑えることのできるものといえば「ステロイド剤...

カラダノートひろば

膠原病の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る