カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 数値記録 >
  4. 血圧記録 >
  5. 低血圧が日常生活にどんな支障を起こすの?低血圧のウソ・ホント

健康診断・健康管理

低血圧が日常生活にどんな支障を起こすの?低血圧のウソ・ホント

『低血圧だから仕方ない・・・』なんて、朝が苦手な理由にしてる人いませんか。低血圧と貧血を一緒だと思っている人も中にはいるみたいです。

でも、実は・・・低血圧と貧血は、別のものです。

低血圧だと、日常生活にどのような支障があるのでしょうか。正しい知識を学んでいきましょう。

 

■低血圧とは?

低血圧は、血液を体に流すポンプの力に問題があることを言います。

それは、心臓から血液を送り出す力の低下や、手足の末端から心臓に血液を送り出す力が低下してしまい、全身の血液の循環が悪くなることです。

 

ちなみに、貧血は酸素を供給してくれる役割を持っている、ヘモグロビンや赤血球の量が現象してしまい、体内で酸素が足りなくなってしまう状態のことを言います。そのため、めまいや頭痛を生じることがあります。

 

低血圧でも立ちくらみなどの症状が出る場合があるため、混同されやすいのですが、低血圧と貧血は無関係であることは、覚えておいてください。

 

■低血圧の症状

頭痛

・・・脳への血流が少ないため、頭痛があります。

 

顔色が悪い

・・・血液循環が悪いだけでなく、疲労感や寝不足も重なって、青白い顔になってしまいます。

 

猫背になりがち

・・・自律神経が乱れることで姿勢筋がうまく働かなくなってしまうので、猫背がちになります。

 

肩こり

・・・筋肉への血流が滞るため、肩が凝ってしまいます。

 

年齢よりも若く見える

・・・体内に水分が溜まりやすいため、肌がみずみずしく見えます。そのため、年齢よりも若く見えることが多いです。

 

朝なかなか起きられない、無理がきかない、疲れやすい、などの症状が出てきます。ほかにも、めまい、動機、息切れ、肩こり、不眠、倦怠感、疲労感、胃腸虚弱など様々な症状があらわれてきます。

 

■低血圧かな・・・と思ったら

低血圧の人は、体力を気力でカバーするため、ストレスフルの状態が続きます。人によっては、朝起きられなくて出社できないほど重症化してしまう場合もあるのです。

 

高血圧ほどに重視されないのですが、低血圧はとても辛い病気です。

症状を自覚したら、まずは生活習慣の改善をしましょう。そして、昇圧薬を処方してもらうなど、病院で治療してもらうことが大切です。

 

低血圧が気になるなら…血圧をアプリで記録してみよう

血圧はとてもデリケートな数値。正直に正確な値を記録するように心がけたいですね。血圧記録を毎日継続するためにはスマホアプリがおススメです。

血圧値を記録するだけで、自動でグラフ化、朝晩ごとの数値はもちろん、平均値などもすぐに確認できます。この機会に始めてみませんか?

 

DLはこちらから

血圧ノート- 血圧変化をスマホで記録!グラフ化も簡単-

 

(Photo by:pixabay、著者 )

著者: luna39さん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

血圧記録に関する記事

血圧を毎日記録することにはダイエット効果も期待できる?~肥満と血圧の関係~

  血圧を記録するのは、高血圧の人だけでいいと思っている方も多いと思います...

家庭の血圧測定は1日2回が常識!でも、いつ測定したらいい?血圧を2回測る理由とは

家庭で血圧を測定している方、たくさんいらっしゃると思います。 病院だけでなく、...


自分の基礎血圧を知ろう!基礎血圧を測定するときの注意って?

  血圧というのは、左心室から大動脈弁を出た直後の大動脈内圧…要するに心臓が体...

毎日血圧記録をつけることで血圧の正しい判断ができる!

    病院から血圧記録を毎日つけるよう指導されている人もいると思います。 ...

カラダノートひろば

血圧記録の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る