カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 高血圧 >
  4. 薬物療法 >
  5. 薬の種類 >
  6. 強力な降圧作用?!高血圧性脳症の静注で使用される降圧薬とは

生活習慣病

強力な降圧作用?!高血圧性脳症の静注で使用される降圧薬とは

 

緊急に降圧を行わなければならない症状の場合は静注用の降圧薬が使用されます。
ほとんどの薬は投与してから10分以内に効果が表れ、強力な降圧作用を示します。

 


高血圧緊急症


合併症によって生命に危険を及ぼす可能性のある疾患として、高血圧性脳症や頭蓋内出血、高度の高血圧を伴う心筋梗塞、大動脈解離、不安定狭心症などがあります。
これらの疾患や基礎疾患がなくても悪性~加速型高血圧によって数時間以内の急速な降圧が必要な場合の状態高血圧緊急症といいます。


治療によって過剰に血圧を低下させてしまうと心筋梗塞や脳梗塞を引き起こすことがありますので、160/100mmHg程度を治療目標に設定することが多いです。

 


使用される薬


血管拡張薬


ペルジピン

ほとんどの緊急症に有効がありますが頭蓋内圧亢進には注意が必要です


ヘルベッサー: 急性心不全以外の緊急症に有効です


ニトプロ

ほとんどの緊急症に有効がありますが頭蓋内圧亢進や腎障害の例には注意が必要です


アプレゾリン: 子癇に有効な交感神経抑制薬です


レギチーン: 褐色細胞腫やカテコラミン過剰に有効です


インデラル: 他薬による頻脈に有効です


アダラートの舌下投与も強力に血圧を低下させますが、用量調節が不可能ですのでこの疾患には使用してはいけません


ニトプロは手術中の低血圧維持にも使用されますが、過剰投与によって過度の血圧低下やシアン中毒が出現することがありますので注意が必要です。

 

(Photo by //pixabay.com/static/uploads/photo/2012/11/28/01/35/vaccination-67477_640.jpg?i)

著者: りりぃさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

薬の種類に関する記事

漢方薬で体質から改善する!高血圧に対して使われる漢方の種類

  漢方薬に強い降圧作用を期待することはできません。しかし、西洋医学で用いられ...

タイプ別!あなたに合った、高血圧随伴症状を改善する漢方とは?

  高血圧に対して漢方薬を使用する場合、血圧の高さに対して漢方薬を使うのではな...


血圧上昇を妨げる降圧薬とは?高血圧の薬物療法について

    ■降圧薬というと名前の字面から血圧を下げるというものであるばかり...

患者によって使い分けられる「ACE阻害薬」

  高血圧治療で使用される薬剤のひとつにACE阻害薬というものがあります。この...

カラダノートひろば

薬の種類の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る